文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

彼岸過迄:夏目 漱石(1-32)/4724

彼岸過迄

To the Spring Equinox

夏目漱石

Natsume Soseki

彼岸過迄に就て

To the Spring Equinox

 事実を読者の前に告白すると、去年の八月頃すでに自分の小説を紙上に連載すべきはずだったのである。

When I confessed the facts to the readers, I should have already serialized my novel on paper around August last year.

ところが余り暑い盛りに大患後の身体をぶっ通しに使うのはどんなものだろうという親切な心配をしてくれる人が出て来たので、それを好い機会に、なお二箇月の暇を貪ることにとりきめて貰ったのが原で、とうとうその二箇月が過去った十月にも筆を執らず、十一十二もつい紙上へは杳たる有様で暮してしまった。

However, some people were kindly worried about what it would be like to use the body after a major illness in the heat of the heat, so take this opportunity to devour two months of free time. I got it from Hara, and at last the two months did not write in the past October, and I lived on the paper as if it were eleven.

自分の当然やるべき仕事が、こういう風に、崩れた波の崩れながら伝わって行くような具合で、ただだらしなく延びるのはけっして心持の好いものではない。

It's never a good feeling to just extend the work that you should do in a sloppy manner, as if the work that you should do is transmitted in this way while the breaking waves are breaking.

 歳の改まる元旦から、いよいよ事始める緒口を開くように事がきまった時は、長い間|抑えられたものが伸びる時の楽よりは、背中に背負された義務を片づける時機が来たという意味でまず何よりも嬉しかった。

When it was decided to open the door to start things from New Year's Day when I was changing my age, it was a long time | In that sense, I was more than happy.

けれども長い間|抛り出しておいたこの義務を、どうしたら例よりも手際よくやってのけられるだろうかと考えると、また新らしい苦痛を感ぜずにはいられない。

But when I wonder how I can get rid of this long-held duty better than usual, I can't help but feel the new pain.

 久しぶりだからなるべく面白いものを書かなければすまないという気がいくらかある。

It's been a long time, so I feel like I have to write something as interesting as possible.

それに自分の健康状態やらその他の事情に対して寛容の精神に充ちた取り扱い方をしてくれた社友の好意だの、また自分の書くものを毎日日課のようにして読んでくれる読者の好意だのに、酬いなくてはすまないという心持がだいぶつけ加わって来る。

Also, the favor of my company friends who treated me with a spirit of tolerance for my health condition and other circumstances, and the favor of readers who read my writing like a daily routine. However, the feeling that I have to make a compensation is added.

で、どうかして旨いものができるようにと念じている。

So, I'm trying to make something delicious somehow.

けれどもただ念力だけでは作物のできばえを左右する訳にはどうしたって行きっこない、いくら佳いものをと思っても、思うようになるかならないか自分にさえ予言のできかねるのが述作の常であるから、今度こそは長い間休んだ埋合せをするつもりであると公言する勇気が出ない。

However, psychokinesis alone does not affect the quality of crops, and no matter how good you think, you cannot even predict whether you will come to think of it. As always, I don't have the courage to profess that I'm going to make up for a long break this time.

そこに一種の苦痛が潜んでいるのである。

There is a kind of pain lurking there.

 この作を公にするにあたって、自分はただ以上の事だけを言っておきたい気がする。

In making this work public, I feel like I want to say more than just that.

作の性質だの、作物に対する自己の見識だの主張だのは今述べる必要を認めていない。

The nature of the crop, the claim of one's own insight into the crop, does not acknowledge the need to state now.

実をいうと自分は自然派の作家でもなければ象徴派の作家でもない。

To tell the truth, I am neither a naturalist nor a symbolist writer.

近頃しばしば耳にするネオ浪漫派の作家ではなおさらない。

The neo-romantic writers I often hear these days don't fix it.

自分はこれらの主義を高く標榜して路傍の人の注意を惹くほどに、自分の作物が固定した色に染つけられているという自信を持ち得ぬものである。

I cannot be confident that my crops are dyed in a fixed color so much that I advocate these principles and draw the attention of roadside people.

またそんな自信を不必要とするものである。

Moreover, such confidence is unnecessary.

ただ自分は自分であるという信念を持っている。

I just have the belief that I am myself.

そうして自分が自分である以上は、自然派でなかろうが、象徴派でなかろうが、ないしネオのつく浪漫派でなかろうが全く構わないつもりである。

As long as I am myself, I will not care whether I am a naturalist, a symbolist, or a romantic with Neo.

 自分はまた自分の作物を新しい新しいと吹聴する事も好まない。

I also don't like to hear that my crops are new and new.

今の世にむやみに新しがっているものは三越呉服店とヤンキーとそれから文壇における一部の作家と評家だろうと自分はとうから考えている。

I'm finally thinking that what's new in the world today is the Mitsukoshi Kuremonoten, the Yankees, and some writers and critics in the literary world.

 自分はすべて文壇に濫用される空疎な流行語を藉りて自分の作物の商標としたくない。

I don't want to use all the vacant buzzwords that are abused in the literary world as a trademark of my crop.

ただ自分らしいものが書きたいだけである。

I just want to write something that is unique to me.

手腕が足りなくて自分以下のものができたり、衒気があって自分以上を装うようなものができたりして、読者にすまない結果を齎すのを恐れるだけである。

I'm just afraid that I'm not good enough to do something less than myself, or I'm sly and pretending to be more than myself, and I'm sorry for the reader.

 東京大阪を通じて計算すると、吾朝日新聞の購読者は実に何十万という多数に上っている。

Calculated through Tokyo and Osaka, the number of subscribers to the Asahi Shimbun is as high as hundreds of thousands.

その内で自分の作物を読んでくれる人は何人あるか知らないが、その何人かの大部分はおそらく文壇の裏通りも露路も覗いた経験はあるまい。

I don't know how many of them read my crops, but most of them probably haven't seen the backstreets or open roads of the literary world.

全くただの人間として大自然の空気を真率に呼吸しつつ穏当に生息しているだけだろうと思う。

As a human being, I think that he lives in a moderate manner while breathing the air of nature.

自分はこれらの教育あるかつ尋常なる士人の前にわが作物を公にし得る自分を幸福と信じている。

I believe in happiness that I can make my crop public in front of these educated and ordinary men.

「彼岸過迄」というのは元日から始めて、彼岸過まで書く予定だから単にそう名づけたまでに過ぎない実は空しい標題である。

"To the Spring Equinox" is actually an empty title because I plan to write it from New Year's Day to the end of the day.

かねてから自分は個々の短篇を重ねた末に、その個々の短篇が相合して一長篇を構成するように仕組んだら、新聞小説として存外面白く読まれはしないだろうかという意見を持していた。

For some time, I had the opinion that if, after stacking individual short stories, the individual short stories were combined to form a single feature, it would be surprisingly interesting to read as a newspaper novel.