文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

門:夏目 漱石(3517-3570)/3927

そうして一番しまいにぴたりとどこかで留まった。

Then I ended up staying somewhere in the end.

宗助は坐ながら、はっとした。

Sosuke was relieved while sitting.

彼はこの袴を着けた男の身の上に、今何事が起りつつあるだろうかを想像したのである。

He imagined what was happening on the man in this hakama.

けれども奥はしんとして静まり返っていた。

However, the back was quiet and quiet.

宗助と並んでいるものも、一人として顔の筋肉を動かすものはなかった。

There was no one alongside Sosuke that moved his facial muscles.

ただ宗助は心の中で、奥からの何物かを待ち受けた。

But Sosuke waited in his heart for something from the back.

すると忽然として鈴を振る響が彼の耳に応えた。

Then, the sound of a bell suddenly responded to his ears.

同時に長い廊下を踏んで、こちらへ近づく足音がした。

At the same time, I stepped on a long corridor and heard footsteps approaching me.

袴を着けた男はまた廊下口から現われて、無言のまま玄関を下りて、霜の裡に消え去った。

The man in a hakama again appeared from the corridor entrance, silently descended down the entrance, and disappeared into the frost.

入れ代ってまた新らしい男が立って、最前の鐘を打った。

A new man stood again and struck the front bell.

そうして、また廊下を踏み鳴らして奥の方へ行った。

Then I stepped down the hallway again and went to the back.

宗助は沈黙の間に行われるこの順序を見ながら、膝に手を載せて、自分の番の来るのを待っていた。

Sosuke waited for his turn with his hands on his knees, watching the order of silence.

 自分より一人置いて前の男が立って行った時は、ややしばらくしてから、わっと云う大きな声が、奥の方で聞えた。

 When the man in front of me stood alone, after a while, I heard a loud voice in the back.

その声は距離が遠いので、劇しく宗助の鼓膜を打つほど、強くは響かなかったけれども、たしかに精一杯威を振ったものであった。

The voice was so far away that it didn't resonate strongly enough to hit Sosuke's eardrum, but it was certainly powerful.

そうしてただ一人の咽喉から出た個人の特色を帯びていた。

Then, it had the characteristic of the individual who came out of only one throat.

自分のすぐ前の人が立った時は、いよいよわが番が回って来たと云う意識に制せられて、一層落ちつきを失った。

When the person in front of me stood up, I was even more restless because I was able to control my consciousness that it was finally my turn.

 宗助はこの間の公案に対して、自分だけの解答は準備していた。

Sosuke was preparing his own answer to the bill during this period.

けれども、それははなはだ覚束ない薄手のものに過ぎなかった。

However, it was nothing more than a thin thing.

室中に入る以上は、何か見解を呈しない訳に行かないので、やむを得ず納まらないところを、わざと納まったように取繕った、その場限りの挨拶であった。

As long as I entered the room, I couldn't go without giving my opinion, so I made a greedy ad hoc greeting by repairing the places where I could not help them.

彼はこの心細い解答で、僥倖にも難関を通過して見たいなどとは、夢にも思い設けなかった。

With this lenient answer, he never dreamed that he would want to go through a difficult situation without hesitation.

老師をごまかす気は無論なかった。

I didn't mind cheating the old teacher.

その時の宗助はもう少し真面目であったのである。

Sosuke at that time was a little more serious.

単に頭から割り出した、あたかも画にかいた餅のような代物を持って、義理にも室中に入らなければならない自分の空虚な事を恥じたのである。

He was just ashamed of his emptiness that he had to go into the room in a step-in-law with a substitute like a mochi that he had just figured out from his head.

 宗助は人のするごとくに鐘を打った。

Sosuke struck a bell like a human being.

しかも打ちながら、自分は人並にこの鐘を撞木で敲くべき権能がないのを知っていた。

Moreover, while striking, I knew that I had no authority to pick up this bell with Maki.

それを人並に鳴らして見る猿のごとき己れを深く嫌忌した。

I deeply disliked myself like a monkey, who screamed like a person.

 彼は弱味のある自分に恐れを抱きつつ、入口を出て冷たい廊下へ足を踏み出した。

 He was afraid of his weakness, and exited the entrance to the cold corridor.

廊下は長く続いた。

The corridor lasted a long time.

右側にある室はことごとく暗かった。

The room on the right was all dark.

角を二つ折れ曲ると、向の外れの障子に灯影が差した。

When I bent two corners, a lantern came into the shoji on the other side.

宗助はその敷居際へ来て留まった。

Sosuke stayed at the threshold.

 室中に入るものは老師に向って三拝するのが礼であった。

♣Thank you for going into the room and going to the old teacher for three times.

拝しかたは普通の挨拶のように頭を畳に近く下げると同時に、両手の掌を上向に開いて、それを頭の左右に並べたまま、少し物を抱えた心持に耳の辺まで上げるのである。

The worship method is to lower your head close to the tatami mat like a normal greeting, and at the same time, open the palms of both hands upward, keep them side by side on your head, and raise them up to the side of your ears with a feeling of holding a little object. Of.

宗助は敷居際に跪ずいて形のごとく拝を行なった。

Sosuke kneeled at the threshold and worshiped in the same shape.

すると座敷の中で、

Then in the parlor,

「一拝で宜しい」と云う会釈があった。

There was a bow saying, "It's okay to have one worship."

宗助はあとを略して中へ入った。

Sosuke went in, omitting the rest.

 室の中はただ薄暗い灯に照らされていた。

 The room was just illuminated by dim lights.

その弱い光は、いかに大字な書物をも披見せしめぬ程度のものであった。

The faint light was such that even a large book could not be shown.

宗助は今日までの経験に訴えて、これくらい微かな灯火に、夜を営なむ人間を憶い起す事ができなかった。

Sousuke appealed to his experience to date, and could not remember the night-time human being with such a faint light.

その光は無論月よりも強かった。

The light was, of course, stronger than the moon.

かつ月のごとく蒼白い色ではなかった。

And it wasn't as pale as the moon.

けれどももう少しで朦朧の境に沈むべき性質のものであった。

However, it was of a nature that should sink to the blurry borders.

 この静かな判然しない灯火の力で、宗助は自分を去る四五尺の正面に、宜道のいわゆる老師なるものを認めた。

With the power of this quiet and uncertain light, Sosuke recognized the so-called old teacher of Gido in front of the 45 shaku that left him.

彼の顔は例によって鋳物のように動かなかった。

His face did not move like a cast as usual.

色は銅であった。

The color was copper.

彼は全身に渋に似た柿に似た茶に似た色の法衣を纏っていた。

He wore a robe with a color similar to tea that resembled astringency and resembled a persimmon.

足も手も見えなかった。

I couldn't see my feet or hands.

ただ頸から上が見えた。

I could only see the top of my neck.

その頸から上が、厳粛と緊張の極度に安んじて、いつまで経っても変る恐を有せざるごとくに人を魅した。

From the neck to the upper part, he was extremely relieved of the solemnity and tension, and he attracted people who had no fear of changing forever.

そうして頭には一本の毛もなかった。

And there was no hair on my head.

 この面前に気力なく坐った宗助の、口にした言葉はただ一句で尽きた。

 Sousuke, who sat down in front of me with all his energy, said all the words he said to him.

「もっと、ぎろりとしたところを持って来なければ駄目だ」とたちまち云われた。

It was said instantly, "If you don't bring a more laid back place, it's useless."

「そのくらいな事は少し学問をしたものなら誰でも云える」

"Everybody who has studied a little can say that much."