文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

門:夏目 漱石(1765-1811)/3927

「安さんが例の発明や、金儲けの話をするとき、その聞き賃に奢るのかも知れない」と云って宗助は笑っていた。

"When Ms. Ahn talks about the inventions and money-making, he or she may be paid for the money," Sosuke laughed.

会話はそれなりでつい発展せずにしまった。

The conversation has stopped developing as it is.

 越えて三日目の夕方に、小六はまた飯時を外して帰って来なかった。

On the evening of the third day after crossing over, Koroku didn't come home again after missing time.

しばらく待ち合せていたが、宗助はついに空腹だとか云い出して、ちょっと湯にでも行って時間を延ばしたらという御米の小六に対する気兼に頓着なく、食事を始めた。

After waiting for a while, Sosuke finally said he was hungry, and he started eating without feeling hesitant about Koboku of rice, which he had to go to a little hot water to extend his time.

その時御米は夫に、

At that time, rice was my husband,

「小六さんに御酒を止めるように、あなたから云っちゃいけなくって」と切り出した。

"I have to tell you to stop drinking from Koroku-san," he said.

「そんなに意見しなければならないほど飲むのか」と宗助は少し案外な顔をした。

"Do you drink so much that you have to say so much?" Sosuke looked a little strange.

 御米はそれほどでもないと、弁護しなければならなかった。

I had to defend my rice so much.

けれども実際は誰もいない昼間のうちなどに、あまり顔を赤くして帰って来られるのが、不安だったのである。

However, I was anxious to be able to come back with my face so red during the daytime when no one was actually there.

宗助はそれなり放っておいた。

Sosuke left it alone.

しかし腹の中では、はたして御米の云うごとく、どこかで金を借りるか、貰うかして、それほど好きもしないものを、わざと飲むのではなかろうかと疑ぐった。

However, in my stomach, I borrowed money from somewhere, like the rice, and asked if I would deliberately drink something I didn't like so much.

 そのうち年がだんだん片寄って、夜が世界の三分の二を領するように押しつまって来た。

 The years gradually shifted and the night came to occupy two-thirds of the world.

風が毎日吹いた。

The wind blew every day.

その音を聞いているだけでも生活に陰気な響を与えた。

Just listening to the sound gave a dismal sound to my life.

小六はどうしても、六畳に籠って、一日を送るに堪えなかった。

Koroku couldn't resist spending a day staying in Rokujo.

落ちついて考えれば考えるほど、頭が淋しくって、いたたまれなくなるばかりであった。

The more I calm down and think, the more I'm lonely and the more I'm lost.

茶の間へ出て嫂と話すのはなお厭であった。

It was still reluctant to go out into the tea room and talk to Yu.

やむを得ず外へ出た。

I was forced to go outside.

そうして友達の宅をぐるぐる回って歩いた。

Then I walked around my friend's house.

友達も始のうちは、平生の小六に対するように、若い学生のしたがる面白い話をいくらでもした。

In the beginning, my friends had lots of funny stories that young students followed, such as for Koroku in Hirao.

けれども小六はそう云う話が尽きても、まだやって来た。

However, Koroku was still here even after all that was said.

それでしまいには、友達が、小六は、退屈の余りに訪問をして、談話の復習に耽るものだと評した。

In the end, a friend commented that Koroku was too bored to visit and indulge in reviewing his discourse.

たまには学校の下読やら研究やらに追われている多忙の身だと云う風もして見せた。

I sometimes showed that I was busy busy with reading the school and doing research.

小六は友達からそう呑気な怠けもののように取り扱われるのを、大変不愉快に感じた。

Koroku felt very uncomfortable when his friends treated him like a lazy and lazy man.

けれども宅に落ちついては、読書も思索も、まるでできなかった。

However, when I stayed home, I couldn't read or think.

要するに彼ぐらいの年輩の青年が、一人前の人間になる階梯として、修むべき事、力むべき事には、内部の動揺やら、外部の束縛やらで、いっさい手が着かなかったのである。

In short, as a young man about that age, as a stepping stone to become a full-fledged human, there was nothing he could do, such as internal turmoil and external bondage, in what he had to learn and exert.

 それでも冷たい雨が横に降ったり、雪融の道がはげしく泥ったりする時は、着物を濡らさなければならず、足袋の泥を乾かさなければならない面倒があるので、いかな小六も時によると、外出を見合せる事があった。

However, if cold rain falls sideways or if the snowmelt road becomes muddy violently, you have to wet your kimono and dry the mud on your tabi, so I don't know what to do with Kokuroku. I had to put off going out.

そう云う日には、実際困却すると見えて、時々六畳から出て来て、のそりと火鉢の傍へ坐って、茶などを注いで飲んだ。

On such a day, it seemed like I was really in trouble, so sometimes I came out of the Rokujo and sat down by my sledge and brazier to pour tea and drink.

そうしてそこに御米でもいると、世間話の一つや二つはしないとも限らなかった。

Then, when I was in the rice field, I didn't have to say one or two small talks.

「小六さん御酒好き」と御米が聞いた事があった。

Rice has once heard that "Koroku-san likes drinking."

「もう直御正月ね。

"It's New Year's Day.

あなた御雑煮いくつ上がって」と聞いた事もあった。

How many times have you gotten ozoni?"

 そう云う場合が度重なるに連れて、二人の間は少しずつ近寄る事ができた。

 As such cases repeated, we were able to get closer to each other little by little.

しまいには、姉さんちょっとここを縫って下さいと、小六の方から進んで、御米に物を頼むようになった。

In the end, I asked Seiko to sew a little here, and I started to ask for rice from rice.

そうして御米が絣の羽織を受取って、袖口の綻を繕っている間、小六は何にもせずにそこへ坐って、御米の手先を見つめていた。

Then, while the rice was receiving the Kasuri haori and fixing the cuffs, Koroku sat there and looked at the hands of the rice.

これが夫だと、いつまでも黙って針を動かすのが、御米の例であったが、相手が小六の時には、そう投遣にできないのが、また御米の性質であった。

If this was my husband, it was an example of rice that silently moved the needle forever, but when the other party was Koroku, it was another nature of rice that I could not throw it.

だからそんな時には力めても話をした。

So at that time I talked even if I strengthened.

話の題目で、ややともすると小六の口に宿りたがるものは、彼の未来をどうしたら好かろうと云う心配であった。

In the subject of the story, the one who wanted to dwell in Koroku's mouth was anxious about how he would like his future.

「だって小六さんなんか、まだ若いじゃありませんか。

"Isn't Koroku-san still young?

何をしたってこれからだわ。

What are you doing now?

そりゃ兄さんの事よ。

That is my brother.

そう悲観してもいいのは」

That’s why you can pessimize”

 御米は二度ばかりこういう慰め方をした。

♪ Rice did this way of comforting twice.

三度目には、

The third time,

「来年になれば、安さんの方でどうか都合して上げるって受合って下すったんじゃなくって」と聞いた。

"I think that next year, Mr. Ahn wouldn't accept it and raise it for some reason," he asked.

小六はその時|不慥な表情をして、

Koroku at that time|

「そりゃ安さんの計画が、口でいう通り旨く行けば訳はないんでしょうが、だんだん考えると、何だか少し当にならないような気がし出してね。

"Then it wouldn't be good if Mr. Ahn's plan went well, but when I think about it, I feel like it's a bit unreasonable.