文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(10426-10481)/11494

「ああ寒い」

"Oh cold"

 津田はざぶんと音を立てて湯壺の中へ飛び込んだ。

Tsuda made a noise and jumped into the bath.

「ごゆっくり」

"take your time"

 戸を閉めて出ようとした下女はいったんこう云った後で、また戻って来た。

The lower lady who tried to close the door and went out returned after saying once.

「まだ下にもお風呂場がございますから、もしそちらの方がお気に入るようでしたら、どうぞ」

"There is still a bathroom below, so if you like that, please."

 来る時もう階子段を一つか二つ下りている津田には、この浴槽の階下がまだあろうとは思えなかった。

At the time of arrival, Tsuda, who had already descended one or two steps down the stairs, could not imagine that there would still be downstairs in this bathtub.

「いったい何階なのかね、この家は」

"How many floors is this house?"

 下女は笑って答えなかった。

The lower lady laughed and did not answer.

しかし用事だけは云い残さなかった。

However, I did not leave anything for business.

「ここの方が新らしくって綺麗は綺麗ですが、お湯は下の方がよく利くのだそうです。

"It's more fresh here and it's beautiful, but the hot water works better at the bottom.

だから本当に療治の目的でおいでの方はみんな下へ入らっしゃいます。

That is why all those who come for the purpose of medical treatment are going down.

それから肩や腰を滝でお打たせになる事も下ならできます」

And you can even hit your shoulders and hips with a waterfall. ''

 湯壺から首だけ出したままで津田は答えた。

津 Tsuda replied with only his neck out of the hot water pot.

「ありがとう。

"Thank you.

じゃ今度そっちへ入るから連れてってくれたまえ」

Then come in there next time, so take me away. ''

「ええ。

"Yes.

旦那様はどこかお悪いんですか」

Is your husband somewhere bad? "

「うん、少し悪いんだ」

"Yeah, it's a bit bad."

 下女が去った後の津田は、しばらくの間、「本当に療治の目的で来た客」といった彼女の言葉を忘れる事ができなかった。

After her departure, Tsuda could not forget her words for a while, saying, "A guest who came for the purpose of medical treatment."

「おれははたしてそういう種類の客なんだろうか」

"Is it really that kind of customer?"

 彼は自分をそう思いたくもあり、またそう思いたくもなかった。

He didn't want to think of himself, nor did he want to.

どっち本位で来たのか、それは彼の心がよく承知していた。

Which mind he came to, he knew well.

けれども雨を凌いでここまで来た彼には、まだ商量の隙間があった。

But he, who came here over the rain, still had a gap in business.

躊躇があった。

There was hesitation.

幾分の余裕が残っていた。

There was some room left.

そうしてその余裕が彼に教えた。

And the margin taught him.

「今のうちならまだどうでもできる。

"I can do anything now.

本当に療治の目的で来た客になろうと思えばなれる。

I really want to be a visitor for the purpose of medical treatment.

なろうとなるまいと今のお前は自由だ。

If you don't want to be, you are free now.

自由はどこまで行っても幸福なものだ。

Freedom is happy no matter where you go.

その代りどこまで行っても片づかないものだ、だから物足りないものだ。

Instead, no matter how far you go, it's not enough.

それでお前はその自由を放り出そうとするのか。

So do you want to give up that freedom?

では自由を失った暁に、お前は何物を確と手に入れる事ができるのか。

Then, when you lose your freedom, what can you get for sure?

それをお前は知っているのか。

Do you know that?

御前の未来はまだ現前しないのだよ。

Your future is not yet present.

お前の過去にあった一条の不可思議より、まだ幾倍かの不可思議をもっているかも知れないのだよ。

You may still have a mystery several times greater than the mystery of your past.

過去の不可思議を解くために、自分の思い通りのものを未来に要求して、今の自由を放り出そうとするお前は、馬鹿かな利巧かな」

You're stupid, clever and clever, who demands what you want in the future to unleash the mysteries of the past and tries to give up your freedom now. "

 津田は馬鹿とも利巧とも判断する訳に行かなかった。

Tsuda could not judge that he was foolish or clever.

万事が結果いかんできめられようという矢先に、その結果を疑がい出した日には、手も足も動かせなくなるのは自然の理であった。

It was a natural reason that no one could move his hands or feet on the day he doubted the consequences, as soon as all things could be determined.

 彼には最初から三つの途があった。

He had three ways from the beginning.

そうして三つよりほかに彼の途はなかった。

And there was no other way than his three.

第一はいつまでも煮え切らない代りに、今の自由を失わない事、第二は馬鹿になっても構わないで進んで行く事、第三すなわち彼の目指すところは、馬鹿にならないで自分の満足の行くような解決を得る事。

The first is not to boil forever, but not to lose your present freedom. Getting a solution that goes.

 この三カ条のうち彼はただ第三だけを目的にして東京を立った。

の う ち Of these three articles, he stood in Tokyo just for the purpose of the third.

ところが汽車に揺られ、馬車に揺られ、山の空気に冷やされ、煙の出る湯壺に漬けられ、いよいよ目的の人は眼前にいるという事実が分り、目的の主意は明日からでも実行に取りかかれるという間際になって、急に第一が顔を出した。

However, it was shaken by a train, swayed by a carriage, cooled by the air of the mountains, immersed in a fountain of smoke, and finally realized that the intended person was in front of him. Just before being rushed, the first suddenly appeared.

すると第二もいつの間にか、微笑して彼の傍に立った。

Then the second suddenly smiled and stood beside him.

彼らの到着は急であった。

Their arrival was steep.

けれども騒々しくはなかった。

But it was not noisy.

眼界を遮ぎる靄が、風の音も立てずにすうと晴れ渡る間から、彼は自分の視野を着実に見る事ができたのである。

He was able to see his field of view steadily while the haze, which obstructed his eyes, cleared up without the sound of the wind.

 思いのほかに浪漫的であった津田は、また思いのほかに着実であった。

津 Tsuda, who was more romantic than he thought, was steady again.

そうして彼はその両面の対照に気がついていなかった。

And he was unaware of the contrast on both sides.

だから自己の矛盾を苦にする必要はなかった。

So I didn't have to suffer my own contradictions.

彼はただ決すればよかった。

He just had to decide.

しかし決するまでには胸の中で一戦争しなければならなかった。

But by the time we decided, we had to fight in our hearts.

――馬鹿になっても構わない、いや馬鹿になるのは厭だ、そうだ馬鹿になるはずがない。

――I don't mind being stupid, no, I don't want to be stupid, I can't.

――戦争でいったん片づいたものが、またこういう風に三段となって、最後まで落ちて来た時、彼は始めて立ち上れるのである。

――When the things that have been broken down in the war fall in three steps like this and fall to the end, he can stand up for the first time.

 人のいない大きな浴槽のなかで、洗うとも摩るとも片のつかない手を動かして、彼はしきりに綺麗な温泉をざぶざぶ使った。

洗 In a large bathtub with no people, he moved his hands, which were washed and rubbed, so he used a clean hot spring.