文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(10263-10308)/11494

「だから云わねえこっちゃねえ。

"So I can't say that.

きっと何かあるに違ねえと思ってたんだ」

I knew I was wrong.

 急に予言者らしい口吻を洩らした彼は、いよいよ自分の駄弁を弄する時機が来たと云わぬばかりにはしゃぎ出した。

Suddenly, the prophet's snout was leaked, and he began to cry as soon as it was time to fiddle with his own mischief.

「どうせ家を出る時に、水盃は済まして来たんだから、覚悟はとうからきめてるようなものの、いざとなって見ると、こんな所で弁慶の立往生は御免|蒙りたいからね。

"When I leave the house, I'm done with the water cup, so I'm prepared to decide, but when I look at it, Benkei's stuck in such a place.

といっていつまでこうやって待ってたって、なかなか元へ戻してくれそうもなしと。

I was waiting like this until I thought it would be quite easy for me to come back.

何しろ日の短かい上へ持って来て、気が短かいと来てるんだから、安閑としちゃいられねえ。

After all, bring me on the short day, and I'm coming short, so I can't be quiet.

――どうです皆さん一つ降りて車を押してやろうじゃありませんか」

-Why don't everyone get off and push the car? "

 爺さんはこう云いながら元気よく真先に飛び降りた。

The grandfather jumped down at the top of his mind, saying this.

残るものは苦笑しながら立ち上った。

The rest stood up with a bitter smile.

津田も独り室内に坐っている訳に行かなくなったので、みんなといっしょに地面の上へ降り立った。

Tsuda was no longer sitting alone in the room, so he got down on the ground with everyone.

そうして黄色に染められた芝草の上に、あっけらかんと立っている婦人を後にして、うんうん車を押した。

Then he left the woman standing on the grass dyed yellow, and pushed the car.

「や、いけねえ、行き過ぎちゃった」

"Yeah, hey, I've gone too far."

 車はまた引き戻された。

The car was pulled back again.

それからまた前へ押し出された。

Then he was pushed out again.

押し出したり引き戻したり二三度するうちに、脱線はようやく片づいた。

After pushing and pulling back and forth a few times, the derailment was finally resolved.

「また後れちまったよ、大将、お蔭で」

"I'm behind again, thanks to the general,"

「誰のお蔭でさ」

"Who is it?"

「軽便のお蔭でさ。

"Thanks for the convenience.

だがこんな事でもなくっちゃ眠くっていけねえや」

But I can't be sleepy at all. "

「せっかく遊びに来た甲斐がないだろう」

"It would be worthless to come to play."

「全くだ」

"It's absolutely"

 津田は後れた時間を案じながら、教えられた停車場で、この元気の好い老人と別れて、一人|薄暮の空気の中に出た。

Tsuda separated from this cheerful elderly man at the stop where he was taught, and came out alone in the air of twilight, thinking about his later time.

百七十一

177

 靄とも夜の色とも片づかないものの中にぼんやり描き出された町の様はまるで寂寞たる夢であった。

町 The city, which was drawn out in a hazy or uncolored night, was a lonely dream.

自分の四辺にちらちらする弱い電灯の光と、その光の届かない先に横わる大きな闇の姿を見較べた時の津田にはたしかに夢という感じが起った。

When I compared the light of the weak lights flickering on my four sides with the great darkness lying out of reach of the light, Tsuda certainly felt a dream.

「おれは今この夢見たようなものの続きを辿ろうとしている。

"I am trying to follow this dream.

東京を立つ前から、もっと几帳面に云えば、吉川夫人にこの温泉行を勧められない前から、いやもっと深く突き込んで云えば、お延と結婚する前から、――それでもまだ云い足りない、実は突然清子に背中を向けられたその刹那から、自分はもうすでにこの夢のようなものに祟られているのだ。

Before standing in Tokyo, or more rigorously, before you could not recommend Mrs. Yoshikawa to this hot spring bath, or even more deeply, before you got married to Ono-but still not enough, In fact, from the moment he suddenly turned his back to Kiyoko, he was already cursed by this dream-like thing.

そうして今ちょうどその夢を追かけようとしている途中なのだ。

And now I'm just trying to pursue that dream.

顧みると過去から持ち越したこの一条の夢が、これから目的地へ着くと同時に、からりと覚めるのかしら。

Looking back, I wonder if this dream of one article that has been carried over from the past will arrive at the destination and be awake at the same time.

それは吉川夫人の意見であった。

That was Mrs. Yoshikawa's opinion.

したがって夫人の意見に賛成し、またそれを実行する今の自分の意見でもあると云わなければなるまい。

Therefore, I have to agree with Mrs.'s opinion, and say that it is my opinion now to implement it.

しかしそれははたして事実だろうか。

But is that really the case?

自分の夢ははたして綺麗に拭い去られるだろうか。

Can my dreams be wiped away neatly?

自分ははたしてそれだけの信念をもって、この夢のようにぼんやりした寒村の中に立っているのだろうか。

Is he standing in such a vague cold village with that much conviction?

眼に入る低い軒、近頃|砂利を敷いたらしい狭い道路、貧しい電灯の影、傾むきかかった藁屋根、黄色い幌を下した一頭立の馬車、――新とも旧とも片のつけられないこの一塊の配合を、なおの事夢らしく粧っている肌寒と夜寒と闇暗、――すべて朦朧たる事実から受けるこの感じは、自分がここまで運んで来た宿命の象徴じゃないだろうか。

Low eaves in your eyes, these days | narrow roads seemingly covered with gravel, poor light shadows, sloping straw roofs, one-horse carriages with yellow hoods, this new and old lone piece. This combination of chills, night chills and darkness, all of which seem like a dream, is all symbolic of the fate that I brought to here.

今までも夢、今も夢、これから先も夢、その夢を抱いてまた東京へ帰って行く。

I've always dreamed, I've always dreamed, I'll dream in the future, I'll embrace those dreams and go back to Tokyo.

それが事件の結末にならないとも限らない。

That is not necessarily the end of the case.

いや多分はそうなりそうだ。

No, maybe it is.

じゃ何のために雨の東京を立ってこんな所まで出かけて来たのだ。

So why did I stand out of rainy Tokyo and go to such a place?

畢竟馬鹿だから?

Because it ’s a stupid thing?

 いよいよ馬鹿と事がきまりさえすれば、ここからでも引き返せるんだが」

れ ば I can finally turn back from here, as long as I'm foolish. '

 この感想は一度に来た。

This impression came at once.

半分とかからないうちに、これだけの順序と、段落と、論理と、空想を具えて、抱き合うように彼の頭の中を通過した。

In less than half of that time, he embraced his head with all this sequence, paragraph, logic, and fancy.

しかしそれから後の彼はもう自分の主人公ではなかった。

But later he was no longer his hero.

どこから来たとも知れない若い男が突然現われて、彼の荷物を受け取った。

A young man, no matter where he came from, suddenly appeared and took his luggage.

一分の猶予なく彼をすぐ前にある茶店の中へ引き込んで、彼の行こうとする宿屋の名を訊いたり、馬車に乗るか俥にするかを確かめたりした上に、彼の予期していないような愛嬌さえ、自由自在に忙がしい短時間の間に操縦して退けた。

Without a minute, he pulled him into the teahouse just in front of him, asked him the name of the inn he was going to, and asked him if he was riding a carriage or a rickshaw. Even the charm that didn't seem to be at his disposal in a busy short time.