文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(10168-10216)/11494

けれどもそこには東京ものの持って生れた誇張というものがあった。

But there was an exaggeration that was born of Tokyo.

そんなに不完全なものですかと訊いてみようとしてそこに気のついた津田は、腹の中で苦笑しながら、質問をかける手数を省いた。

Tsuda realized that he was so imperfect that he smiled in his belly while skipping the question.

そうして今度は清子とその軽便とを聯結して「女一人でさえ楽々往来ができる所だのに」と思いながら、面白半分にする興味本位の談話には、それぎり耳を貸さなかった。

This time, he connected Kiyoko with his convenience and thought, `` Even a woman can easily come and go '', but I did not listen to the interest-oriented discourse to make it interesting. .

百六十九

166

 汽車が目的の停車場に着く少し前から、三人によって気遣われた天候がしだいに穏かになり始めた時、津田は雨の収まり際の空を眺めて、そこに忙がしそうな雲の影を認めた。

Shortly before the train arrives at the destination stop, when the weather, which was watched by the three of them, gradually began to relax, Tsuda looked at the sky as the rain stopped, and there was a shadow of a busy cloud there. Admitted.

その雲は汽車の走る方角と反対の側に向って、ずんずん飛んで行った。

The cloud flew steadily toward the opposite side of the train.

そうして後から後からと、あたかも前に行くものを追かけるように、隙間なく詰め寄せた。

Then, later and later, they squeezed together as if pursuing what was going before.

そのうち動く空の中に、やや明るい所ができてきた。

A little bright place was created in the moving sky.

ほかの部分より比較的薄く見える箇所がしだいに多くなった。

The parts that seem relatively thinner than the other parts gradually increased.

就中一角はもう少しすると風に吹き破られて、破れた穴から青い輝きを洩らしそうな気配を示した。

In particular, one corner was blown away by the wind, showing signs of a blue glow coming out of the torn hole.

 思ったより自分に好意をもってくれた天候の前に感謝して、汽車を下りた津田は、そこからすぐ乗り換えた電車の中で、また先刻会った二人伴の男を見出した。

感謝 Thankful for the weather, which gave me a favor than I thought, Tsuda got off the train and found a two-person man on a train that she had just met.

はたして彼の思わく通り、自分と同じ見当へ向いて、同じ交通機関を利用する連中だと知れた時、津田は気をつけて彼らの手荷物を注意した。

Indeed, when he knew he was going to the same sight and using the same transport as he thought, Tsuda took care of their baggage.

けれども彼らの雨曝しになるのを苦に病んだほどの大嵩なものはどこにも見当らなかった。

But nowhere was the bulky enough to afflict their exposure to the rain.

のみならず、爺さんは自分が先刻云った事さえもう忘れているらしかった。

Not only that, he seemed to have forgotten what he said earlier.

「ありがたい、大当りだ。

"Thank you, jackpot.

だからやっぱり行こうと思った時に立っちまうに限るよ。

So I just need to stand up when I want to go.

これでぐずぐずして東京にいて御覧な。

You can see it in Tokyo after a while.

ああつまらねえ、こうと知ったら、思い切って今朝立っちまえばよかったと後悔するだけだからね」

Oh, I'm sorry, if I knew this, I would just regret that I should have taken the plunge this morning. ''

「そうさ。

"Yes.

だが東京も今頃はこのくらい好い天気になってるんだろうか」

But is Tokyo so good now? "

「そいつあ行って見なけりゃ、ちょいと分らねえ。

"I have to go and see it, I don't know.

何なら電話で訊いてみるんだ。

Just ask on the phone.

だが大体間違はないよ。

But there is no mistake.

空は日本中どこへ行ったって続いてるんだから」

The sky continues wherever you go in Japan. ''

 津田は少しおかしくなった。

Tsuda is a bit strange.

すると爺さんがすぐ話しかけた。

Then the grandfather immediately spoke.

「あなたも湯治場へいらっしゃるんでしょう。

"You're going to the spa too.

どうもおおかたそうだろうと思いましたよ、先刻から」

I guess it was a lot, from the very beginning. "

「なぜですか」

"why"

「なぜって、そういう所へ遊びに行く人は、様子を見ると、すぐ分りますよ。

"Why are those who go to such places to play, you can see immediately.

ねえ」

Hey you"

 彼はこう云って隣りにいる自分の伴侶を顧みた。

っ て He looked at his neighbor next to him.

中折の人は仕方なしに「ああ」と答えた。

The half-hearted man replied, "Oh."

 この天眼通に苦笑を禁じ得なかった津田は、それぎり会話を切り上げようとしたところ、快豁な爺さんの方でなかなか彼を放さなかった。

天 Tsuda, who couldn't stop bitter laughter from Tentendori, tried to cut off the conversation, but he wasn't able to release him easily with a freelance grandfather.

「だが旅行も近頃は便利になりましたね。

"But travel has become more convenient these days.

どこへ行くにも身体一つ動かせばたくさんなんですから、ありがたい訳さ。

It's grateful that you can move one body wherever you go.

ことにこちとら見たいな気の早いものにはお誂向だあね。

It's especially suitable for those who want to take a quick look.

今度だって荷物なんか何にも持って来やしませんや、この合切袋とこの大将のあの鞄を差し引くと、残るのは命ばかりといいたいくらいのものだ。

I'm not going to bring any luggage anymore, and if I subtract this bag and that general's bag, it's all I want to say is life.

ねえ大将」

Hey general "

 大将の名をもって呼ばれた人はまた「ああ」と答えたぎりであった。

人 The man called in the name of the general replied, “Oh.”

これだけの手荷物を車室内へ持ち込めないとすれば、彼らのいわゆる「軽便」なるものは、よほど込み合うのか、さもなければ、常識をもって測るべからざる程度において不完全でなければならなかった。

If we couldn't bring this much baggage into the cabin, their so-called "lights" would have to be too crowded or otherwise imperfect to the point where we couldn't measure them with common sense.

そこを確かめて見ようかと思った津田は、すぐ確かめても仕方がないという気を起して黙ってしまった。

Tsuda thought that he could check it and watched it.

 電車を下りた時、津田は二人の影を見失った。

津 When he got off the train, Tsuda lost his shadow.

彼は停留所の前にある茶店で、写真版だの石版だのと、思い思いに意匠を凝らした温泉場の広告絵を眺めながら、昼食を認ためた。

He saw lunch at the teahouse in front of the stop, watching the advertised picture of the hot spring resort, which was a stencil or a stencil.

時間から云って、平常より一時間以上も後れていたその昼食は、膳を貪ぼる人としての彼を思う存分に発揮させた。

Lunch, which was more than an hour later than normal by time, made him as much as a devourer.

けれども発車は目前に逼っていた。

But the departure was short on hand.

彼は箸を投げると共にすぐまた軽便に乗り移らなければならなかった。

He had to throw the chopsticks and immediately jump on the light again.

 基点に当る停車場は、彼の休んだ茶店のすぐ前にあった。

停 The stop at the base was right in front of his resting teahouse.

彼は電車よりも狭いその車を眼の前に見つつ、下女から支度料の剰銭を受取ってすぐ表へ出た。

He looked at the car, which was narrower than the train, in front of him and received a reimbursement from the servant and went out immediately.