文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(10057-10121)/11494

「いや行く。

"No.

でないと何だか気がすまないから」

Otherwise, I'm sorry. "

「勝手にしろ。

"Have it your way.

しかし僕はいないよ、来ても。

But I'm not there, even if I come.

明日から旅行するんだから」

I'm traveling from tomorrow. "

「旅行?

"Travel?

 どこへ」

where"

「少し静養の必要があるんでね」

"I need a little rest."

「転地か、洒落てるな」

"Is it a relocation or a fancy?"

「僕に云わせると、これも余裕の賜物だ。

"To me, this is also a generous gift.

僕は君と違って飽くまでもこの余裕に感謝しなければならないんだ」

I have to thank you for this extra time, unlike you, ''

「飽くまでも僕の注意を無意味にして見せるという気なんだね」

"I'm just going to show my attention to meaninglessness."

「正直のところを云えば、まあそこいらだろうよ」

"To be honest, you'll want to be there."

「よろしい、どっちが勝つかまあ見ていろ。

"Oh, look at which one wins.

小林に啓発されるよりも、事実その物に戒飭される方が、遥かに覿面で切実でいいだろう」

It would be much more instantaneous and more compelling to be admired by the actual thing than to be inspired by Kobayashi. ''

 これが別れる時二人の間に起った問答であった。

This was the question and answer that occurred between them when they left.

しかしそれは宵から持ち越した悪感情、津田が小林に対して日暮以来貯蔵して来た悪感情、の発現に過ぎなかった。

But that was just the manifestation of the bad feelings carried over from the evening, the bad feelings that Tsuda had stored against Kobayashi since Higurashi.

これで幾分か溜飲が下りたような気のした津田には、相手の口から出た最後の言葉などを考える余地がなかった。

Tsuda, who felt that some drinking had fallen, had no room to think about the last words that came out of his mouth.

彼は理非の如何に関わらず、意地にも小林ごときものの思想なり議論なりを、切って棄てなければならなかった。

He had no choice but to abandon Kobayashi's thoughts and arguments.

一人になった彼は、電車の中ですぐ温泉場の様子などを想像に描き始めた。

He became alone, and began to imagine the state of the hot springs on the train.

 明る朝は風が吹いた。

The wind blew in the morning.

その風が疎らな雨の糸を筋違に地面の上へ運んで来た。

The wind brought the sparse rain thread straight onto the ground.

「厄介だな」

"It's troublesome."

 時間通りに起きた津田は、縁鼻から空を見上げて眉を寄せた。

起 き Tsuda, who got up on time, looked up at the sky from the nose and looked down.

空には雲があった。

There were clouds in the sky.

そうしてその雲は眼に見える風のように断えず動いていた。

The cloud was moving like a visible wind.

「ことによると、お午ぐらいから晴れるかも知れないわね」

"It may be fine around noon"

 お延は既定の計画を遂行する方に賛成するらしい言葉つきを見せた。

Nobu showed words that seemed in favor of those who performed the predetermined plan.

「だって一日|後れると一日|徒為になるだけですもの。

"Because one day | one day later |

早く行って早く帰って来ていただく方がいいわ」

It's better to go early and come back early. ''

「おれもそのつもりだ」

"I'm going to do that too."

 冷たい雨によって乱されなかった夫婦間の取極は、出立間際になって、始めて少しの行違を生じた。

取 The marriage arrangements, which were not disturbed by the cold rain, made a slight mistake for the first time shortly before departure.

箪笥の抽斗から自分の衣裳を取り出したお延は、それを夫の洋服と並べて渋紙の上へ置いた。

Ono took out his costume from the drawer of the chest and placed it on the paper, alongside his husband's clothes.

津田は気がついた。

Tsuda noticed.

「お前は行かないでもいいよ」

"You don't have to go"

「なぜ」

"why"

「なぜって訳もないが、この雨の降るのに御苦労千万じゃないか」

"I don't know why, but it's hard to get this rain down to ten million."

「ちっとも」

"Slightly"

 お延の言葉があまりに無邪気だったので、津田は思わず失笑した。

延 Tsuda laughed unintentionally because Onobu's words were so innocent.

「来て貰うのが迷惑だから断るんじゃないよ。

"I'm not refusing to come because it's annoying.

気の毒だからだよ。

I'm sorry.

たかが一日とかからない所へ行くのに、わざわざ送って貰うなんて、少し滑稽だからね。

It's a bit humorous to go to a place where it doesn't take a day to get it sent.

小林が朝鮮へ立つんでさえ、おれは送って行かないって、昨夜断っちまったくらいだ」

Even if Kobayashi stood in Korea, I wouldn't send me, so I refused last night. ''

「そう、でもあたし宅にいたって、何にもする事がないんですもの」

"Yes, but even when I'm at home, I have nothing to do."

「遊んでおいでよ。

"Please come and play.

構わないから」

I don't care. ''

 お延がとうとう苦笑して、争う事をやめたので、津田は一人|俥を駆って宅を出る事ができた。

延 Nobu finally laughed and ceased fighting, so Tsuda was alone.

 周囲の混雑と対照を形成る雨の停車場の佗しい中に立って、津田が今買ったばかりの中等切符を、ぼんやり眺めていると、一人の書生が突然彼の前へ来て、旧知己のような挨拶をした。

Standing in the midst of a rainy stop that contrasts with the crowds around him, Tsuda looks at a secondary ticket he just bought, and one student suddenly comes in front of him, I made a greeting like this.

「あいにくなお天気で」

"Unfortunate weather"

 それはこの間始めて見た吉川の書生であった。

It was the first student of Yoshikawa to see during this time.

取次に出た時玄関で会ったよそよそしさに引き換えて、今日は鳥打を脱ぐ態度からしてが丁寧であった。

In exchange for the poorness I met at the entrance when I arrived, I was polite today to take off the birding.

津田は何の意味だかいっこう気がつかなかった。

Tsuda didn't realize what it meant.

「どなたかどちらへかいらっしゃるんですか」

"Who are you going to?"

「いいえ、ちょっとお見送りに」

"No, just a moment off"

「だからどなたを」

"So who?"

 書生は弱らせられたような様子をした。

The student appeared to be weakened.

「実は奥さまが、今日は少し差支えがあるから、これを持って代りに行って来てくれとおっしゃいました」

"Actually, my wife told me that I have some support today, so please come and take it with me."

 書生は手に持った果物の籃を津田に示した。

Shosho showed Tsuda the cradle of the fruit he had in his hand.

「いやそりゃどうも、恐れ入りました」

"No, I'm so sorry."

 津田はすぐその籃を受け取ろうとした。

Takatsuda immediately tried to receive the cradle.

しかし書生は渡さなかった。

However, the student did not pass.

「いえ私が列車の中まで持って参ります」

"No, I'll bring you into the train."

 汽車が出る時、黙って丁寧に会釈をした書生に、「どうぞ宜しく」と挨拶を返した津田は、比較的込み合わない車室の一隅に、ゆっくりと腰をおろしながら、「やっぱりお延に来て貰わない方がよかったのだ」と思った。

When the train came out, Tsuda replied with a greeting to the student who silently and politely bowed down, saying `` Welcome to you, '' and slowly sat down in a corner of the relatively uncomfortable cabin, `` After all, It was better not to come. "

百六十八

168

 お延の気を利かして外套の隠袋へ入れてくれた新聞を津田が取り出して、いつもより念入りに眼を通している頃に、窓外の空模様はだんだん悪くなって来た。

津 The sky outside the window was getting worse as Tsuda took out the newspaper, which she put in her covert bag with care, and looked more carefully than usual.