文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9994-10056)/11494

 外観上の落ちつきを比較的平気そうに保っていた彼の裏側には、役にも立たない機智の作用が、はげしく往来した。

彼 Useless wisdom was rushing in and out of his back, who kept his calm appearance relatively calm.

けれどもその混雑はただの混雑に終るだけで、何らの帰着点を彼に示してくれないので、むらむらとした後の彼の心は、いたずらにわくわくするだけであった。

But the congestion was merely a congestion, and did not give him any point of return, so his heart after wobbles was only thrilled.

そのわくわくがいつの間にか狼狽の姿に進化しつつある事さえ、残念ながら彼には意識された。

Unfortunately, he was even aware that the excitement was evolving into a state of dismay.

 この危機一髪という間際に、彼はまた思いがけない現象に逢着した。

間 On the eve of this close call, he also came across an unexpected phenomenon.

それは小林の並べた十円紙幣が青年芸術家に及ぼした影響であった。

That was the effect that Kobayashi's ten-yen bills had on young artists.

紙幣の上に落された彼の眼から出る異様の光であった。

It was an unusual light coming from his eyes dropped on a banknote.

そこには驚ろきと喜びがあった。

There was surprise and joy.

一種の飢渇があった。

There was a kind of hunger.

掴みかかろうとする慾望の力があった。

I had the power of desire to grab it.

そうしてその驚ろきも喜びも、飢渇も慾望も、一々|真その物の発現であった。

Then, the surprise, the joy, the hunger, and the desire, one by one |

作りもの、拵え事、馴れ合いの狂言とは、どうしても受け取れなかった。

I couldn't get the idea of making things, making things, and getting acquainted with Kyogen.

少くとも津田にはそうとしか思えなかった。

At least Tsuda felt like that.

 その上津田のこの判断を確めるに足る事実が後から継いで起った。

上 The fact that Kameda's judgment was enough to confirm that came on later.

原はそれほど欲しそうな紙幣へ手を出さなかった。

Hara did not dabble on the paper money she wanted.

と云って断然小林の親切を斥ぞける勇気も示さなかった。

Nevertheless, he showed no courage to reject Kobayashi's kindness.

出したそうな手を遠慮して出さずにいる苦痛の色が、ありありと彼の顔つきで読まれた。

The color of distress, which was not shy of a hand that seemed to have been put out, was read with his face.

もしこの蒼白い青年が、ついに紙幣の方へ手を出さないとすると、小林の拵えたせっかくの狂言も半分はぶち壊しになる訳であった。

If this pale young man did not finally reach out to the bills, Kobayashi's precious Kyogen would be broken in half.

もしまた小林がいったん隠袋から出した紙幣を、当初の宣告通り、幾分でも原の手へ渡さずに、再びもとへ収めたなら、結果は一層の喜劇に変化する訳であった。

If Kobayashi once again took out the banknotes from the concealed bag and returned them again without passing them to the hands of Hara as originally declared, the result would be more comedy.

どっちにしても自分の体面を繕うのには便宜な方向へ発展して行きそうなので、そこに一縷の望を抱いた津田は、もう少し黙って事の成行を見る事にきめた。

Either way, Tsuda seems to be evolving in a direction that is convenient for repairing his body, so Tsuda, who had a dash of hope there, decided to silently watch the accomplishment of the matter.

 やがて二人の間に問答が起った。

問 A question and answer came between them.

「なぜ取らないんだ、原君」

"Why not take it, Hara-kun"

「でもあんまり御気の毒ですから」

"But I'm too sorry."

「僕は僕でまた君の方を気の毒だと思ってるんだ」

"I think I'm sorry again."

「ええ、どうもありがとう」

"Yes, thank you very much."

「君の前に坐ってるその男は男でまた僕の方を気の毒だと思ってるんだ」

"The man sitting in front of you is a man and I think I'm sorry again."

「はあ」

"Hah"

 原はさっぱり通じないらしい顔をして津田を見た。

Takahara looked at Tsuda with a face that seemed incomprehensible.

小林はすぐ説明した。

Kobayashi explained immediately.

「その紙幣は三枚共、僕が今その男から貰ったんだ。

"All three of those bills, I got from that guy right now.

貰い立てのほやほやなんだ」

It's a horrible honey. "

「じゃなおどうも……」

"Well then ..."

「なおどうもじゃない。

"Not really.

だからだ。

That's why.

だから僕も安々と君にやれるんだ。

That's why I can do it with you at ease.

僕が安々と君にやれるんだから、君も安々と取れるんだ」

Because I can do it to you, you can take it with ease. ''

「そういう論理になるかしら」

"Is that the logic?"

「当り前さ。

"Natural.

もしこれが徹夜して書き上げた一枚三十五銭の原稿から生れて来た金なら、何ぼ僕だって、少しは執着が出るだろうじゃないか。

If this is money that comes from a manuscript of thirty-five coins that I wrote all night, I guess I'm going to get a little attached.

額からぽたぽた垂れる膏汗に対しても済まないよ。

It doesn't stop you from dripping from your forehead.

しかしこれは何でもないんだ。

But this is nothing.

余裕が空間に吹き散らしてくれる浄財だ。

It is a clean goods that room can scatter in space.

拾ったものが功徳を受ければ受けるほど余裕は喜こぶだけなんだ。

The more merit you receive, the more you can afford.

ねえ津田君そうだろう」

Hey Tsuda-kun.

 忌々しい関所をもう通り越していた津田は、かえって好いところで相談をかけられたと同じ事であった。

津 Tsuda, who had already passed the awkward checkpoint, was the same thing he had been consulting in a good place.

鷹揚な彼の一諾は、今夜ここに落ち合った不調和な三人の会合に、少くとも形式上|体裁の好い結末をつけるのに充分であった。

His frank consent was enough to at least formally end the style of the dissonant meeting of the three who met here tonight.

彼は醜陋に見える自分の退却を避けるために眼前の機会を捕えた。

He seized the opportunity before his eyes to avoid his retreat, which looked ugly.

「そうだね。

"Yeah.

それが一番いいだろう」

That would be the best. ''

 小林は押問答の末、とうとう三枚のうち一枚を原の手に渡した。

林 Kobayashi finally gave one of the three cards to Hara's hand after answering the questions.

残る二枚を再びもとの隠袋へ収める時、彼は津田に云った。

He told Tsuda when he put the remaining two pieces back in the original hidden bag.

「珍らしく余裕が下から上へ流れた。

"It's unusual for room to flow from the bottom up.

けれどもここから上へはもう逆戻りをしないそうだ。

However, he does not go back from here anymore.

だからやっぱり君に対してサンクスだ」

That's why it's a thank you for you. ''

 表へ出た三人は濠端へ来て、電車を待ち合せる間大きな星月夜を仰いだ。

三 The three people who came out came to the moat and looked for a big starry night while waiting for the train.

百六十七

166

 間もなく三人は離れ離れになった。

も な く Soon the three were separated.

「じゃ失敬、僕は停車場へ送って行かないよ」

"I'm sorry, I don't go to the stop."

「そうか、来たってよさそうなものだがね。

"Yes, it's good to be here.

君の旧友が朝鮮へ行くんだぜ」

Your old friend is going to Korea. ''

「朝鮮でも台湾でも御免だ」

"I'm sorry in Korea and Taiwan."

「情合のない事|夥だしいものだ。

"Nothing to do | A lot of things.

そんなら立つ前にもう一遍こっちから暇乞に行くよ、いいかい」

I'll go begging for time before I stand, okay? ''

「もうたくさんだ、来てくれなくっても」

"A lot, even if you don't come"