文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9884-9931)/11494

 こういう事が繰り返されて見ると、僕は何しにここへ来たんだか、まるで訳が解らなくなるだけです。

見 る If you look at these things repeatedly, I just don't understand why I came here.

僕は変に考えさせられるのです。

I can make you think strangely.

全く形をなさないこの家の奇怪な生活と、変幻|窮りなきこの妙な家庭の内情が、朝から晩まで恐ろしい夢でも見ているような気分になって、僕の頭に祟ってくるんです。

The mysterious life of this house, which has no form at all, and the illusion | is.

それを他に話したって、とうてい通じっこないと思うと、世界のうちで自分だけが魔に取り巻かれているとしか考えられないので、なお心細くなるのです、そうして時々は気が狂いそうになるのです。

If you don't think you'll be able to talk about it elsewhere, you can only think that you are the only one in the world surrounded by evil spirits, so you'll still be nervous, and you'll sometimes go crazy It becomes.

というよりももう気が狂っているのではないかしらと疑がい出すと、たまらなく恐くなって来るのです。

Or rather, if you suspect that you're mad, you're terribly terrified.

土の牢の中で苦しんでいる僕には、日光がないばかりか、もう手も足もないような気がします。

As I struggle in the prison of the earth, I feel that not only do I have no sunlight, but I also have no hands or feet.

何となれば、手を挙げても足を動かしても、四方は真黒だからです。

The reason is that even if you raise your hand or move your legs, all sides are black.

いくら訴えても、厚い冷たい壁が僕の声を遮ぎって世の中へ聴えさせないようにするからです。

No matter how much you appeal, the thick cold walls will block my voice and keep it out of the world.

今の僕は天下にたった一人です。

Now I am the only one in the world.

友達はないのです。

I have no friends.

あっても無いと同じ事なのです。

It is the same as not having it.

幽霊のような僕の心境に触れてくれる事のできる頭脳をもったものは、有るべきはずがないからです。

There shouldn't be anything with a brain that can touch my heart like a ghost.

僕は苦しさの余りにこの手紙を書きました。

I wrote this letter too painfully.

救を求めるために書いたのではありません。

I did not write to seek salvation.

僕はあなたの境遇を知っています。

I know your circumstances.

物質上の補助、そんなものをあなたの方角から受け取る気は毛頭ないのです。

I am not willing to receive material aids, like that, from your direction.

ただこの苦痛の幾分が、あなたの脈管の中に流れている人情の血潮に伝わって、そこに同情の波を少しでも立ててくれる事ができるなら、僕はそれで満足です。

I would be happy if some of this pain could be transmitted to the blood of humanity flowing in your vasculature and create a wave of sympathy there.

僕はそれによって、僕がまだ人間の一員として社会に存在しているという確証を握る事ができるからです。

That gives me confirmation that I still exist in society as a human being.

この悪魔の重囲の中から、広々した人間の中へ届く光線は一縷もないのでしょうか。

Isn't there a single ray of light that reaches the vast human from the devil's siege?

僕は今それさえ疑っているのです。

I am even doubting that now.

そうして僕はあなたから返事が来るか来ないかで、その疑いを決したいのです」

And I want to make that suspicion depending on whether or not you get a reply. ''

 手紙はここで終っていた。

The letter ended here.

百六十五

166

 その時|先刻火を点けて吸い始めた巻煙草の灰が、いつの間にか一寸近くの長さになって、ぽたりと罫紙の上に落ちた。

At that time | The cigarette ash, which I ignited and started to smoke earlier, was almost one inch long and fell on the lined paper.

津田は竪横に走る藍色の枠の上に崩れ散ったこの粉末に視覚を刺撃されて、ふと気がついて見ると、彼は煙草を持った手をそれまで動かさずにいた。

Tsuda was visually stabbed by the powder that had crumbled over the indigo-colored frame that ran horizontally, and when he noticed, he saw his hand holding a cigarette without moving.

というより彼の口と手がいつか煙草の存在を忘れていた。

Rather, his mouth and hand some day forgot the presence of tobacco.

その上手紙を読み終ったのと煙草の灰を落したのとは同時でないのだから、二つの間にはさまるぼんやりしたただの時間を認めなければならなかった。

Moreover, it was not the same as reading the letter and dropping the tobacco ash, so I had to admit just a dim time between the two.

 その空虚な時間ははたして何のために起ったのだろう。

何 What was the empty time for?

元来をいうと、この手紙ほど津田に縁の遠いものはなかった。

Originally, there was nothing closer to Tsuda than this letter.

第一に彼はそれを書いた人を知らなかった。

First, he did not know who wrote it.

第二にそれを書いた人と小林との関係がどうなっているのか皆目解らなかった。

Second, no one could tell what was the relationship between the author and Kobayashi.

中に述べ立ててある事柄に至ると、まるで別世界の出来事としか受け取れないくらい、彼の位置及び境遇とはかけ離れたものであった。

When it came to what was stated inside, it was so far from his position and circumstances that he could only take the events of another world.

 しかし彼の感想はそこで尽きる訳に行かなかった。

But his impression did not end there.

彼はどこかでおやと思った。

He thought somewhere.

今まで前の方ばかり眺めて、ここに世の中があるのだときめてかかった彼は、急に後をふり返らせられた。

Until now, he just looked at the front, and was struck by the fact that the world was here, and he was suddenly turned back.

そうして自分と反対な存在を注視すべく立ちどまった。

He stopped to watch the opposite.

するとああああこれも人間だという心持が、今日までまだ会った事もない幽霊のようなものを見つめているうちに起った。

Then ah, ah, this feeling of being a human happened while staring at the ghosts that I hadn't seen to date.

極めて縁の遠いものはかえって縁の近いものだったという事実が彼の眼前に現われた。

The fact that what was far away was rather close appeared before him.

 彼はそこでとまった。

He stopped there.

そうして※徊した。

Then, I wandered.

けれどもそれより先へは一歩も進まなかった。

But he didn't go any further.

彼は彼相応の意味で、この気味の悪い手紙を了解したというまでであった。

He even agreed to this creepy letter, in a way that he deserved.

 彼が原稿紙から煙草の灰を払い落した時、原を相手に何か話し続けていた小林はすぐ彼の方を向いた。

林 Kobayashi, who was talking to Hara, immediately turned to him as he brushed down the tobacco ash from the manuscript.

用談を切り上げるためらしい言葉がただ一句彼の耳に響いた。

A phrase that seemed to round up the narration resonated in his ear.

「なに大丈夫だ。

"What's fine.

そのうちどうにかなるよ、心配しないでもいいや」

Don't worry, we'll get somehow soon. ''

 津田は黙って手紙を小林の方へ出した。

Tsuda silently sent a letter to Kobayashi.

小林はそれを受け取る前に訊いた。

Kobayashi asked before receiving it.