文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9714-9778)/11494

自分から小林、小林からこの青年、と順々に眼を移して行くうちには、階級なり、思想なり、職業なり、服装なり、種々な点においてずいぶんな距離があった。

As I turned my eyes from Kobayashi to Kobayashi and this young man one after another, there was a considerable distance in various respects, such as class, thought, occupation, dress.

勢い津田は彼を遠くに眺めなければならなかった。

Momentum Tsuda had to look at him far away.

しかし遠くに眺めれば眺めるほど、強く彼を記憶しなければならなかった。

But the farther he looked, the more he had to remember him.

「小林はああいう人と交際ってるのかな」

"Is Kobayashi dating with that kind of person?"

 こう思った津田は、その時そういう人と交際っていない自分の立場を見廻して、まあ仕合せだと考えた後なので、新来者に対する彼の態度も自ずから明白であった。

津 After thinking about this, Tsuda looked at his own position, who was not associated with such a person at the time, and thought that it was a good match, so his attitude toward newcomers was obviously obvious.

彼は突然|胡散臭い人間に挨拶をされたような顔をした。

He suddenly looked like he was greeted by a whimsical human.

 上へ反っ繰り返った細い鍔の、ぐにゃぐにゃした帽子を脱って手に持ったまま、小林の隣りへ腰をおろした青年の眼には異様の光りがあった。

The young man who sat down next to Kobayashi, holding his hand with his slim tsuba's thin tsuba, slimy, hatched in his hand, had strange light.

彼は津田に対して現に不安を感じているらしかった。

He seemed to be really worried about Tsuda.

それは一種の反感と、恐怖と、人馴れない野育ちの自尊心とが錯雑して起す神経的な光りに見えた。

It seemed to be a kind of nervous glow caused by a combination of antipathy, fear, and unfamiliar wild-grown self-esteem.

津田はますます厭な気持になった。

Tsuda became increasingly displeased.

小林は青年に向って云った。

Kobayashi told the young man.

「おいマントでも取れ」

"Take a cloak, too"

 青年は黙って再び立ち上った。

The young man silently rose again.

そうして釣鐘のような長い合羽をすぽりと脱いで、それを椅子の背に投げかけた。

He then took off a long bell like a bell, and threw it at the back of his chair.

「これは僕の友達だよ」

"This is my friend"

 小林は始めて青年を津田に紹介せた。

Kobayashi introduced the youth to Tsuda for the first time.

原という姓と芸術家という名称がようやく津田の耳に入った。

The surname Hara and the artist finally came to Tsuda's ears.

「どうした。

"What happened.

旨く行ったかね」

Did you go well? "

 これが小林の次にかけた質問であった。

This was the next question after Kobayashi.

しかしこの質問は充分な返事を得る暇がなかった。

But this question did not have the time to get enough answers.

小林は後からすぐこう云ってしまった。

Kobayashi said immediately afterwards.

「駄目だろう。

"No.

駄目にきまってるさ、あんな奴。

It's useless, that guy.

あんな奴に君の芸術が分ってたまるものか。

Is that kind of art that she knows?

いいからまあゆっくりして何か食いたまえ」

Okay, so slowly eat something. "

 小林はたちまちナイフを倒さまにして、やけに食卓を叩いた。

Kobayashi immediately knocked the knife down and hit the dining table unnecessarily.

「おいこの人の食うものを持って来い」

"Bring what the man eats."

 やがて原の前にあった洋盃の中に麦酒がなみなみと注がれた。

麦 Then, beer was poured into the Western cup in front of Hara.

 この様子を黙って眺めていた津田は、自分の持って来た用事のもう済んだ事にようやく気がついた。

津 Tsuda, who was silently watching this situation, finally noticed that the errands he had brought were already done.

こんなお付合を長くさせられては大変だと思った彼は、機を見て好い加減に席を切り上げようとした。

He thought it would be hard to make such an association longer, and looked at the plane and tried to round up his seat.

すると小林が突然彼の方を向いた。

Then Kobayashi suddenly turned to him.

「原君は好い絵を描くよ、君。

"Hara draws a good picture, you.

一枚買ってやりたまえ。

Buy one and do it.

今困ってるんだから、気の毒だ」

I'm sorry I'm in trouble now. ''

「そうか」

"Really"

「どうだ、この次の日曜ぐらいに、君の家へ持って行って見せる事にしたら」

"Well, I'll take it to your house around next Sunday and show it to me."

 津田は驚ろいた。

Tsuda was surprised.

「僕に絵なんか解らないよ」

"I don't understand the picture"

「いや、そんなはずはない、ねえ原。

"No, not really, Heyhara.

何しろ持って行って見せてみたまえ」

Take it anyway and show it. ''

「ええ御迷惑でなければ」

"Yeah, if it's not annoying"

 津田の迷惑は無論であった。

Tsuda's inconvenience was, of course.

「僕は絵だの彫刻だのの趣味のまるでない人間なんですから、どうぞ」

"Because I'm a picture, a sculpture, a hobbyless person, please."

 青年は傷けられたような顔をした。

The young man looked like a damaged face.

小林はすぐ応援に出た。

Kobayashi immediately went for support.

「嘘を云うな。

"Don't lie.

君ぐらい鑑賞力の豊富な男は実際世間に少ないんだ」

There are really few men with a lot of appreciation for you. ''

 津田は苦笑せざるを得なかった。

Tsuda had to grin.

「また下らない事を云って、――馬鹿にするな」

"Don't go down again-don't be stupid."

「事実を云うんだ、馬鹿にするものか。

"Tell the facts, are you stupid?

君のように女を鑑賞する能力の発達したものが、芸術を粗末にする訳がないんだ。

The ability to watch a woman like you can't make art lousy.

ねえ原、女が好きな以上、芸術も好きにきまってるね。

Hey Hara, I like women as much as I like women.

いくら隠したって駄目だよ」

No matter how much you hide it. ''

 津田はだんだん辛防し切れなくなって来た。

Tsuda has become increasingly difficult to prevent.

「だいぶ話が長くなりそうだから、僕は一足先へ失敬しよう、――おい姉さん会計だ」

"It's going to be a long story, so I'm going to blame you a step further-my sister's account."

 給仕が立ちそうにするところを、小林は大きな声を出して止めながら、また津田の方へ向き直った。

林 Kobayashi stopped at the place where the waiter was standing, shouting out loud, and turned to Tsuda again.

「ちょうど今一枚|素敵に好いのが描いてあるんだ。

"Just one now | I like what I like.

それを買おうという望手の所へ価値の相談に行った帰りがけに、原君はここへ寄ったんだから、旨い機会じゃないか。

Hara-kun stopped by here on his way back to the place where he wanted to buy it, and was a good opportunity.

是非買いたまえ。

Please buy it.

芸術家の足元へ付け込んで、むやみに価切り倒すなんて失敬な奴へは売らないが好いというのが僕の意見なんだ。

It's my opinion that it's better not to sell it to the reckless who doesn't make it to the artist's feet and devaluate unnecessarily.

その代りきっと買手を周旋してやるから、帰りにここへ寄るがいいと、先刻あすこの角で約束しておいたんだ、実を云うと。

Instead, I'll definitely go around the buyer, so I promised to come back here at the corner tomorrow.

だから一つ買ってやるさ、訳ゃないやね」

That's why I'm going to buy one.

「他に絵も何にも見せないうちから、勝手にそんな約束をしたってしようがないじゃないか」

"I can't help making that promise without showing anything else in the picture."

「絵は見せるよ。

"I'll show you the picture.