文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9649-9713)/11494

だから黙ってそれを受け取った君は、口でむちゃくちゃに余裕をぶちのめしながら、その実余裕の前にもう頭を下げているんだ。

So when you receive it silently, you're bowing down your mouth, and bowing before you can afford it.

矛盾じゃないか」

Isn't it a contradiction? "

 小林は眼をぱちぱちさせた後でこう云った。

Kobayashi said after flickering his eyes.

「なるほどな、そう云えばそんなものか知ら。

"I see, that's right.

しかし何だかおかしいよ。

But something is wrong.

実際僕はちっともその余裕なるものの前に、頭を下げてる気がしないんだもの」

In fact, I don't feel like I'm bowing down before it can afford. ''

「じゃ返してくれ」

"Return me."

 津田は小林の鼻の先へ手を出した。

Tsuda reached out to Kobayashi's nose.

小林は女のように柔らかそうなその掌を見た。

Kobayashi looked at his palm, which seemed soft like a woman.

「いや返さない。

"I won't.

余裕は僕に返せと云わないんだ」

I can't say I can afford it. ''

 津田は笑いながら手を引き込めた。

Tsuda withdrew his hand with a laugh.

「それみろ」

"It's Miro"

「何がそれみろだ。

"What is it?

余裕は僕に返せと云わないという意味が君にはよく解らないと見えるね。

It looks like you don't understand the meaning that you can't give it back to me.

気の毒なる貴公子よだ」

You're sorry, noble prince. ''

 小林はこう云いながら、横を向いて戸口の方を見つつ、また一句を付け加えた。

Kobayashi added this phrase, looking sideways, looking at the doorway.

「もう来そうなものだな」

"It's about to come."

 彼の様子をよく見守った津田は、少し驚ろかされた。

津 Tsuda who watched him closely was a little surprised.

「誰が来るんだ」

"Who comes?"

「誰でもない、僕よりもまだ余裕の乏しい人が来るんだ」

"Nobody is coming, there is still less room than me."

 小林は裸のまま紙幣をしまい込んだ自分の隠袋を、わざとらしく軽く叩いた。

林 Kobayashi deliberately and lightly hit his hidden bag, which stowed his bills naked.

「君から僕にこれを伝えた余裕は、再びこれを君に返せとは云わないよ。

"I can't afford to give this back to you again if you can tell me this.

僕よりもっと余裕の足りない方へ順送りに送れと命令するんだよ。

I'm telling you to send it to those who have less room than me.

余裕は水のようなものさ。

It's like water.

高い方から低い方へは流れるが、下から上へは逆行しないよ」

It flows from the high to the low, but not from the bottom to the top. ''

 津田はほぼ小林の言葉を、意解する事ができた。

Takatsuda almost understood Kobayashi's words.

しかし事解する事はできなかった。

However, I could not understand.

したがって半醒半酔のような落ちつきのない状態に陥った。

Therefore, he fell into a calm state like a wake-up hangover.

そこへ小林の次の挨拶がどさどさと侵入して来た。

Kobayashi's next greeting came in there.

「僕は余裕の前に頭を下げるよ、僕の矛盾を承認するよ、君の詭弁を首肯するよ。

"I bow down before I can afford, I approve of my contradictions, I acknowledge your sophistication.

何でも構わないよ。

Anything is fine.

礼を云うよ、感謝するよ」

Thank you, thank you. "

 彼は突然ぽたぽたと涙を落し始めた。

He suddenly began to shed tears.

この急劇な変化が、少し驚ろいている津田を一層不安にした。

This sudden change made Tsuda, who was a little surprised, even more uneasy.

せんだっての晩|手古摺らされた酒場の光景を思い出さざるを得なくなった彼は、眉をひそめると共に、相手を利用するのは今だという事に気がついた。

Evening night | Having to remember the scene of a tavern that had been hand-rubbed, he frowned and realized that it was time to use his partner.

「僕が何で感謝なんぞ予期するものかね、君に対して。

"Thank you for what I expect.

君こそ昔を忘れているんだよ。

You have forgotten the old days.

僕の方が昔のままでしている事を、君はみんな逆に解釈するから、交際がますます面倒になるんじゃないか。

You interpret everything you do in the old way in the opposite way, so dating is even more troublesome.

例えばだね、君がこの間僕の留守へ外套を取りに行って、そのついでに何か妻に云ったという事も――」

For example, during this time you went to my absence to get my cloak and then told my wife something-''

 津田はこれだけ云って暗に相手の様子を窺った。

Tsuda looked at the other party implicitly.

しかし小林が下を向いているので、彼はまるでその心持の転化作用を忖度する事ができなかった。

But as Kobayashi was facing down, he couldn't afford to turn his mind.

「何も好んで友達の夫婦仲を割くような悪戯をしなくってもいい訳じゃないか」

"I don't mean you don't have to do anything to play with your friend's couple.

「僕は君に関して何も云った覚はないよ」

"I have nothing to say about you."

「しかし先刻……」

"But soon ..."

「先刻は笑談さ。

"I'm laughing earlier.

君が冷嘲すから僕も冷嘲したんだ」

I mocked you because you mocked. ''

「どっちが冷嘲し出したんだか知らないが、そりゃどうでもいいよ。

"I don't know who ridiculed you, but it doesn't matter.

ただ本当のところを僕に云ってくれたって好さそうなものだがね」

It would be nice to just tell me the truth. ''

「だから云ってるよ。

"That's why.

何にも君に関して云った覚はないと何遍も繰り返して云ってるよ。

I've repeatedly said there's nothing to say about you.

細君を訊き糺して見れば解る事じゃないか」

If you ask Hoso-kun and look at it, you can understand it. ''

「お延は……」

"Nono ..."

「何と云ったい」

"What do you want to say?"

「何とも云わないから困るんだ。

"I'm in trouble because I don't say anything.

云わないで腹の中で思っていられちゃ、弁解もできず説明もできず、困るのは僕だけだからね」

Don't tell me, I can't make an excuse, I can't explain, and I'm the only one who has trouble. ''

「僕は何にも云わないよ。

"I don't say anything.

ただ君がこれから夫らしくするかしないかが問題なんだ」

It's just a matter of whether you're going to be a husband or not. ''

「僕は――」

"I--"

 津田がこう云いかけた時、近寄る足音と共に新らしく入って来た人が、彼らの食卓の傍に立った。

When Tsuda said, a new person came in with his approaching footsteps and stood by their table.

百六十二

166

 それが先刻大通りの角で、小林と立談をしていた長髪の青年であるという事に気のついた時、津田はさらに驚ろかされた。

田 Tsuda was even more surprised when he realized that it was a long-haired young man talking to Kobayashi at the corner of Odori.

けれどもその驚ろきのうちには、暗にこの男を待ち受けていた期待も交っていた。

But, in the surprise, there were some expectations that were implicitly waiting for this man.

明らさまな津田の感じを云えば、こんな人がここへ来るはずはないという断案と、もしここへ誰か来るとすれば、この人よりほかにあるまいという予想の矛盾であった。

The clear feeling of Tsuda was a contradiction between the idea that such a person would not come here and the expectation that if anyone came here, there would be no other than this person.

 実を云うと、自働車の燭光で照らされた時、彼の眸の裏に映ったこの人の影像は津田にとって奇異なものであった。

To tell the truth, when illuminated by the lights of a car, his image behind his eyes was strange to Tsuda.