文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9570-9648)/11494

「いったいあの顛末はどうしたのかね。

"What exactly happened?

僕は詳しい事を聴かなかったし、君も話さなかった、のじゃない、僕が忘れちまったのか。

I didn't listen to the details and didn't tell you, didn't I forget?

そりゃどうでも構わないが、ありゃ向うで逃げたのかね、あるいは君の方で逃げたのかね」

I don't care, but I wonder if I ran away or away from you. ''

「それこそどうでも構わないじゃないか」

"I don't care about that."

「うん僕としては構わないのが当然だ。

"Naturally, I don't mind.

また実際構っちゃいない。

I don't really care.

が、君としてはそうは行くまい。

But you don't.

君は大構いだろう」

You'll be fine. ''

「そりゃ当り前さ」

"Sure enough"

「だから先刻から僕が云うんだ。

"So I'll say from the beginning.

君には余裕があり過ぎる。

You can afford too much.

その余裕が君をしてあまりに贅沢ならしめ過ぎる。

That margin is too luxurious for you.

その結果はどうかというと、好きなものを手に入れるや否や、すぐその次のものが欲しくなる。

As for the result, as soon as you get what you like, you immediately want the next one.

好きなものに逃げられた時は、地団太を踏んで口惜しがる」

When I escape to something I like, I step on Jichita and regret it. ''

「いつそんな様を僕がした」

"When did I do that?"

「したともさ。

"I did it.

それから現にしつつあるともさ。

And then it's coming to life.

それが君の余裕に祟られている所以だね。

That's why you are being cursed.

僕の最も痛快に感ずるところだね。

That's where I feel the most exhilarating.

貧賤が富貴に向って復讐をやってる因果応報の理だね」

It's a causal retribution that the poor are taking revenge on the rich. ''

「そう頭から自分の拵えた型で、他を評価する気ならそれまでだ。

"That's it if you want to evaluate others with your own prepared type.

僕には弁解の必要がないだけだから」

I just don't need an excuse. ''

「ちっとも自分で型なんか拵えていやしないよ僕は。

"I won't make any molds myself.

これでも実際の君を指摘しているつもりなんだから。

I'm still pointing you out.

分らなけりゃ、事実で教えてやろうか」

If you don't know, I'll tell you by fact. ''

 教えろとも教えるなとも云わなかった津田は、ついに教えられなければならなかった。

田 Tsuda, who didn't teach or teach, had to be taught at last.

「君は自分の好みでお延さんを貰ったろう。

"You would get Nobun for your own liking.

だけれども今の君はけっしてお延さんに満足しているんじゃなかろう」

But now I'm sure you're satisfied with Nobu-san. ''

「だって世の中に完全なもののない以上、それもやむをえないじゃないか」

"Because there is nothing in the world, is it unavoidable?"

「という理由をつけて、もっと上等なのを探し廻る気だろう」

"I'm going to look for something better for that reason."

「人聞の悪い事を云うな、失敬な。

"Don't say bad things, I'm disrespectful.

君は実際自分でいう通りの無頼漢だね。

You're actually a reckless man.

観察の下卑て皮肉なところから云っても、言動の無遠慮で、粗野なところから云っても」

From obscenity and irony under observation, from the unscrupulous and rude of the words and acts. ''

「そうしてそれが君の軽蔑に値する所以なんだ」

"That's why it deserves your disdain."

「もちろんさ」

"Of course."

「そらね。

"Sorane.

そう来るから畢竟口先じゃ駄目なんだ。

That's why I can't use my lips after all.

やッぱり実戦でなくっちゃ君は悟れないよ。

You have to be a real battle and you won't realize.

僕が予言するから見ていろ。

Look at me because I predict.

今に戦いが始まるから。

The battle starts now.

その時ようやく僕の敵でないという意味が分るから」

At that point, I finally know that I'm not my enemy. ''

「構わない、擦れっ枯らしに負けるのは僕の名誉だから」

"I don't care, it's my honor to lose to rubbing."

「強情だな。

"It's passionate.

僕と戦うんじゃないぜ」

You don't fight me. ''

「じゃ誰と戦うんだ」

"Who are you fighting for?"

「君は今すでに腹の中で戦いつつあるんだ。

"You are already fighting in your belly.

それがもう少しすると実際の行為になって外へ出るだけなんだ。

When it's a little more, it just becomes a real act and just goes out.

余裕が君を煽動して無役の負戦をさせるんだ」

The extra time will incite you to a useless battle. ''

 津田はいきなり懐中から紙入を取り出して、お延と相談の上、餞別の用意に持って来た金を小林の前へ突きつけた。

Tsuda suddenly took out a paper case from his pocket and, in consultation with Nobu, thrust money brought in preparation for the banquet in front of Kobayashi.

「今渡しておくから受取っておけ。

"I'll give it now, so pick it up.

君と話していると、だんだんこの約束を履行するのが厭になるだけだから」

When I talk to you, I'm just getting tired of fulfilling this promise. ''

 小林は新らしい十円|紙幣の二つに折れたのを広げて丁寧に、枚数を勘定した。

林 Kobayashi opened the new ten yen |

「三枚あるね」

"There are three."

百六十一

161

 小林は受け取ったものを、赤裸のまま無雑作に背広の隠袋の中へ投げ込んだ。

林 Kobayashi threw the received thing into the suit of the suit, without hesitation.

彼の所作が平淡であったごとく、彼の礼の云い方も横着であった。

Just as his work was plain, so was his courtesy.

「サンクス。

"thanks.

僕は借りる気だが、君はくれるつもりだろうね。

I'm going to borrow, but you're going to give it.

いかんとなれば、僕に返す手段のない事を、また返す意志のない事を、君は最初から軽蔑の眼をもって、認めているんだから」

When it comes to you, you admit to me from the beginning that you have no means to return, and that you have no will to return. ''

 津田は答えた。

Tsuda replied.

「無論やったんだ。

"Of course I did.

しかし貰ってみたら、いかな君でも自分の矛盾に気がつかずにはいられまい」

But if you get it, you can't help but notice your contradictions. ''

「いやいっこう気がつかない。

"No, I don't notice much.

矛盾とはいったい何だ。

What is contradiction?

君から金を貰うのが矛盾なのか」

Is it inconsistent to get money from you? "

「そうでもないがね」と云った津田は上から下を見下すような態度をとった。

"That's not the case," said Tsuda, who looked down from the top.

「まあ考えて見たまえ。

"Well, think.

その金はつい今まで僕の紙入の中にあったんだぜ。

That money was in my paper until now.

そうして転瞬の間に君の隠袋の裏に移転してしまったんだぜ。

And during the moment he moved to the back of your hidden bag.

そんな小説的の言葉を使うのが厭なら、もっと判然云おうか。

If you are reluctant to use such novel words, will you be more certain?

その金の所有権を急に僕から君に移したものは誰だ。

Who has suddenly transferred ownership of the gold from you to me?

答えて見ろ」

Answer me! "

「君さ。

"You.

君が僕にくれたのさ」

You gave me. ''

「いや僕じゃないよ」

"No, not me"

「何を云うんだな禅坊主の寝言見たいな事を。

"What are you talking about?

じゃ誰だい」

Who is it? "

「誰でもない、余裕さ。

"No one can afford.

君の先刻から攻撃している余裕がくれたんだ。

I could afford to attack from the very beginning.