文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9495-9569)/11494

野人だから芸者と貴婦人との区別が解らないんだ。

I'm a wild man, so I can't tell the difference between a geisha and a lady.

それで僕は君に訊いたね、いったい芸者と貴婦人とはどこがどう違うんだって」

So I asked you, what is the difference between a geisha and a lady? ''

 小林はこう云いながら、三度目の視線をまた女伴の方に向けた。

林 Kohbayashi turned his gaze a third time again, while saying this.

手帛で手を拭いていた人は、それを合図のように立ち上った。

The person, who had wiped his hands with cloth, stood up like a signal.

残る一人も給仕を呼んで勘定を払った。

The remaining one called the waiter and paid the bill.

「とうとう立っちまった。

"Finally, I'm standing.

もう少し待ってると面白いところへ来るんだがな、惜しい事に」

I'll come to an interesting place if I wait a little longer, but unfortunately. ''

 小林は出て行く女伴の後影を見送った。

Kobayashi saw off the shadow behind the leaving woman.

「おやおやもう一人も立つのか。

"Oh, do you stand alone?

じゃ仕方がない、相手はやっぱり君だけだ」

Then you can't help but you are the only one. ''

 彼は再び津田の方へ向き直った。

He turned to Tsuda again.

「問題はそこだよ、君。

"The problem is there, you.

僕が仏蘭西料理と英吉利料理を食い分ける事ができずに、糞と味噌をいっしょにして自慢すると、君は相手にしない。

If I couldn't distinguish between French and Western cuisine and Eikichiri cuisine, and boasted with dung and miso, you wouldn't compete.

たかが口腹の問題だという顔をして高を括っている。

He is holding a face with a face saying that it is a stomach problem.

しかし内容は一つものだぜ、君。

But there's one thing, you.

この味覚が発達しないのも、芸者と貴婦人を混同するのも」

This taste doesn't develop, or the geisha and the lady are confused. ''

 津田はそれがどうしたと云わぬばかりの眼を翻がえして小林を見た。

Tsuda looked back at Kobayashi, turning his eyes just asking what had happened.

「だから結論も一つ所へ帰着しなければならないというのさ。

"So the conclusion has to come to one place.

僕は味覚の上において、君に軽蔑されながら、君より幸福だと主張するごとく、婦人を識別する上においても、君に軽蔑されながら、君より自由な境遇に立っていると断言して憚からないのだ。

I am scornfully despised by you, claiming that I am happier than you, and in identifying a woman, I am despised by you and I am in a more free state than you. I don't know.

つまり、あれは芸者だ、これは貴婦人だなんて鑑識があればあるほど、その男の苦痛は増して来るというんだ。

In other words, it's a geisha, and the more you know that this is a lady, the more pain he has.

なぜと云って見たまえ。

Look at why.

しまいには、あれも厭、これも厭だろう。

In the end, that would be disgusting, and this would be disgusting.

あるいはこれでなくっちゃいけない、あれでなくっちゃいけないだろう。

Or it has to be this, that's it.

窮屈千万じゃないか」

Isn't it cramped ten million? "

「しかしその窮屈千万が好きなら仕方なかろう」

"But if you like that cramped ten million, you can't help it."

「来たな、とうとう。

"Come, finally.

食物だと相手にしないが、女の事になると、やっぱり黙っていられなくなると見えるね。

I don't want to deal with food, but when it comes to women, I can see that I can't keep silent.

そこだよ、そこを実際問題について、これから僕が論じようというんだ」

That's it, I'm going to discuss it in the real issue. ''

「もうたくさんだ」

"It's already a lot"

「いやたくさんじゃないらしいぜ」

"No, it's not a lot"

 二人は顔を見合わせて苦笑した。

The two looked at their faces and smiled bitterly.

百六十

One hundred and sixty

 小林は旨く津田を釣り寄せた。

Kobayashi successfully fished Tsuda.

それと知った津田は考えがあるので、小林にわざと釣り寄せられた。

Tsuda, who knew that, had an idea and was intentionally brought to Kobayashi.

二人はとうとう際どい所へ入り込まなければならなくなった。

At last they had to get into a mess.

「例えばだね」と彼が云い出した。

"For example," he said.

「君はあの清子さんという女に熱中していたろう。

"You must have been absorbed in that woman, Kiyoko.

ひとしきりは、何でもかでもあの女でなけりゃならないような事を云ってたろう。

He would have said that she had to be that woman for anything.

そればかりじゃない、向うでも天下に君一人よりほかに男はないと思ってるように解釈していたろう。

Not only that, he would have interpreted it as if he thought that there was no other man in the world than you alone.

ところがどうだい結果は」

But what's the result? "

「結果は今のごとくさ」

"The result is as it is now"

「大変|淡泊りしているじゃないか」

"It is very |

「だってほかにしようがなかろう」

"Because there is nothing else to do"

「いや、あるんだろう。

"No, there is.

あっても乙に気取って澄ましているんだろう。

Even if it is, he will be pretentious and clear.

でなければ僕に隠して今でも何かやってるんだろう」

If not, I would hide it to me and still do something. ''

「馬鹿いうな。

"I'm foolish.

そんな出鱈目をむやみに口走るととんだ間違になる。

Mouthlessly uttering such a bullshit would make a terrible mistake.

少し気をつけてくれ」

Take care a little. ''

「実は」と云いかけた小林は、その後を知ってるかと云わぬばかりの様子をした。

Kobayashi said, "Actually," and seemed to know just after that.

津田はすぐ訊きたくなった。

Tsuda immediately wanted to ask.

「実はどうしたんだ」

"What happened?"

「実はこの間君の細君にすっかり話しちまったんだ」

"Actually, I talked to you all this time."

 津田の表情がたちまち変った。

Tsuda's expression changed quickly.

「何を?」

"what?"

 小林は相手の調子と顔つきを、噛んで味わいでもするように、しばらく間をおいて黙っていた。

林 Kobayashi was silent for a while, trying to chew and taste the other party's condition and look.

しかし返事を表へ出した時は、もう態度を一変していた。

But when he responded, he had changed his attitude.

「嘘だよ。

"That's a lie.

実は嘘だよ。

It's actually a lie.

そう心配する事はないよ」

Don't worry about that. ''

「心配はしない。

"Don't worry.

今になってそのくらいの事を云つけられたって」

Now I can say that much. ''

「心配しない?

"do not worry?

 そうか、じゃこっちも本当だ。

Yeah, this is true too.

実は本当だよ。

Actually, it's true.

みんな話しちまったんだよ」

We all talked. ''

「馬鹿ッ」

"Stupid"

 津田の声は案外大きかった。

Tsuda's voice was unexpectedly loud.

行儀よく椅子に腰をかけていた給仕の女が、ちょっと首を上げて眼をこっちへ向けたので、小林はすぐそれを材料にした。

The waiter, who was sitting on a chair in a good manner, raised her head a little and turned her eyes over, so Kobayashi immediately used it as a material.

「貴婦人が驚ろくから少し静かにしてくれ。

"Please be a little quiet because the lady is surprised.

君のような無頼漢といっしょに酒を飲むと、どうも外聞が悪くていけない」

If you drink with a religious person like you, you can't help but hear badly. ''

 彼は給使の女の方を見て微笑して見せた。

He looked at the salary woman and smiled.

女も微笑した。

The woman smiled too.

津田一人|怒る訳に行かなかった。

Tsuda alone | I didn't go angry.

小林はまたすぐその機に付け込んだ。

Kobayashi again took advantage of the opportunity.