文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9430-9494)/11494

しかし説明だけはしてやろう。

But I'll just explain.

今に君がそこへ追いつめられて、どうする事もできなくなった時に、僕の言葉を思い出すんだ。

I remember my words when you were caught up there and couldn't do anything.

思い出すけれども、ちっとも言葉通りに実行はできないんだ。

Remember, I can't do it literally.

これならなまじいあんな事を聴いておかない方がよかったという気になるんだ」

I think it would be better not to listen to such a serious thing. ''

 津田は厭な顔をした。

Tsuda looked reluctant.

「馬鹿、そうすりゃどこがどうするんだ」

"I'm so stupid, what's going on?"

「どうしもしないさ。

"I don't care.

つまり君の軽蔑に対する僕の復讐がその時始めて実現されるというだけさ」

In other words, my revenge on your disdain will only be realized then. ''

 津田は言葉を改めた。

Tsuda changed his words.

「それほど君は僕に敵意をもってるのか」

"Are you so hostile to me?"

「どうして、どうして、敵意どころか、好意精一杯というところだ。

"Why, why, rather than hostility, it's all about good luck.

けれども君の僕を軽蔑しているのはいつまで行っても事実だろう。

But it will always be true that you look down on your servant.

僕がその裏を指摘して、こっちから見るとその君にもまた軽蔑すべき点があると注意しても、君は乙に高くとまって平気でいるじゃないか。

If I point out the back and note that from this point of view you also have a point to despise, aren't you hungry on you and you're fine?

つまり口じゃ駄目だ、実戦で来いという事になるんだから、僕の方でもやむをえずそこまで行って勝負を決しようというだけの話だあね」

In other words, it's no use, you're going to come in a real battle, so I'm just going to have to go there and decide on a game. ''

「そうか、解った。

"I see.

――もうそれぎりかい、君のいう事は」

――I'm almost there, what are you saying? ''

「いやどうして。

"No, why?

これからいよいよ本論に入ろうというんだ」

I'll finally get into this. "

 津田は一気に洋盃を唇へあてがって、ぐっと麦酒を飲み干した小林の様子を、少し呆れながら眺めた。

At a stretch, Tsuda applied a Western cup to his lips and looked at Kobayashi, who had drunk up a little beer, with a little apprehension.

百五十九

One hundred and fifty-nine

 小林は言葉を継ぐ前に、洋盃を下へ置いて、まず室内を見渡した。

Before passing on the words, Kobayashi put down the cup and looked over the room first.

女伴の客のうち、一組の相手は洗指盆の中へ入れた果物を食った後の手を、袂から出した美くしい手帛で拭いていた。

Among the female guests, one pair wiped their hands after eating the fruit in the finger-washing tray with a beautiful hand from the side.

彼の筋向うに席を取って、先刻から時々自分達の方を偸むようにして見る二十五六の方は、※※茶碗を手にしながら、男の吹かす煙草の煙を眺めて、しきりに芝居の話をしていた。

The twenty-six and sixty-five, who take a seat in front of him and look at them from time to time, sometimes look at them, while holding a bowl and looking at the smoke of cigarettes that a man blows, I was talking.

両方とも彼らより先に来ただけあって、彼らより先に席を立つ順序に、食事の方の都合も進行しているらしく見えた時、小林は云った。

Kobayashi said, when both seemed to be ahead of them, and in the order of standing before them, the convenience of the meal seemed to be progressing.

「やあちょうど好い。

"Hey, just like.

まだいる」

Still there"

 津田はまたはっと思った。

Tsuda thought at last.

小林はきっと彼らの気を悪くするような事を、彼らに聴こえようがしに云うに違なかった。

Kobayashi must have heard to them that they would be offended.

「おいもう好い加減に止せよ」

"Let's stop doing it."

「まだ何にも云やしないじゃないか」

"I'm not saying anything yet."

「だから注意するんだ。

"So be careful.

僕の攻撃はいくらでも我慢するが、縁もゆかりもない人の悪口などは、ちっと慎しんでくれ、こんな所へ来て」

I can endure my attacks as much as I can, but please stay refrained from the swears of those who have no connection, come to this place. ''

「厭に小心だな。

"I'm sorry to be disgusted.

おおかた場末の酒場とここといっしょにされちゃたまらないという意味なんだろう」

I guess it means that I can not be together with the bar at the end of the place. ''

「まあそうだ」

"Well so."

「まあそうだなら、僕のごとき無頼漢をこんな所へ招待するのが間違だ」

"If so, it would be wrong to invite a religious person like me to such a place."

「じゃ勝手にしろ」

"Let's do it yourself"

「口で勝手にしろと云いながら、内心ひやひやしているんだろう」

"I guess I'm nervous, saying that I'm going to do it with my mouth."

 津田は黙ってしまった。

Tsuda is silent.

小林は面白そうに笑った。

Kobayashi laughed with fun.

「勝ったぞ、勝ったぞ。

"I won, I won.

どうだ降参したろう」

How did you surrender? "

「それで勝ったつもりなら、勝手に勝ったつもりでいるがいい」

"If you're going to win, you'll want to win."

「その代り今後ますます貴様を軽蔑してやるからそう思えだろう。

"I think that's because I'll look down on you more instead.

僕は君の軽蔑なんか屁とも思っちゃいないよ」

I don't think of your contempt as a fart. ''

「思わなけりゃ思わないでもいいさ。

"If you don't think, don't worry.

五月蠅い男だな」

May fly man. "

 小林はむっとした津田の顔を覗き込むようにして見つめながら云った。

林 Kobayashi stared at Tsuda's disgusted face and stared.

「どうだ解ったか、おい。

"I understand how, dude.

これが実戦というものだぜ。

This is the actual battle.

いくら余裕があったって、金持に交際があったって、いくら気位を高く構えたって、実戦において敗北すりゃそれまでだろう。

No matter how much time you have, there is a relationship with the rich man, no matter how high you stand, you will lose until you lose in the actual battle.

だから僕が先刻から云うんだ、実地を踏んで鍛え上げない人間は、木偶の坊と同なじ事だって」

That's why I say from the beginning, that a person who does not train on the ground is the same thing as a wooden boy. ''

「そうだそうだ。

"It seems so.

世の中で擦れっ枯らしと酔払いに敵うものは一人もないんだ」

No one in the world can be rubbed and drunk. ''

 何か云うはずの小林は、この時返事をする代りにまた女伴の方を一順見廻した後で、云った。

Kobayashi, who should have said something, said, instead of replying, he looked around at the maid again.

「じゃいよいよ第三だ。

"I'm finally third.

あの女の立たないうちに話してしまわないと気がすまない。

I'm sorry if you don't talk before that woman stands.

好いかね、君、先刻の続きだぜ」

I don't like you, it's the continuation of the previous day. ''

 津田は黙って横を向いた。

Tsuda turned silently.

小林はいっこう構わなかった。

Kobayashi didn't mind much.

「第三にはだね。

"Third.

すなわち換言すると、本論に入って云えばだね。

In other words, in other words, let's get into this paper.

僕は先刻あすこにいる女達を捕まえて、ありゃ芸者かって君に聴いて叱られたね。

I caught the girls who were in Asuko the other day, and I was scolded by you as a geisha.

君は貴婦人に対する礼義を心得ない野人として僕を叱ったんだろう。

You must have scolded me as a wild man who did not know the righteousness for the lady.

よろしい僕は野人だ。

I am a wild man.