文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9369-9429)/11494

小林はたしかに彼よりずうずうしく出来上っていた。

Kobayashi was surely better made than him.

百五十八

One hundred and fifty-eight

 しかし小林の説法にはまだ後があった。

But Kobayashi's preaching was still behind.

津田の様子を見澄ました彼は突然思いがけない所へ舞い戻って来た。

He watched Tsuda and suddenly flew back to an unexpected place.

それは会見の最初ちょっと二人の間に点綴されながら、前後の勢ですぐどこかへ流されてしまった問題にほかならなかった。

It was nothing but a problem that was spelled between the two at the beginning of the conference, but was quickly swept away somewhere before and after.

「僕の意味はもう君に通じている。

"I mean to you already.

しかし君はまだなるほどという心持になれないようだ。

But you don't feel like you're still there.

矛盾だね。

It's a contradiction.

僕はその訳を知ってるよ。

I know why.

第一に相手が身分も地位も財産も一定の職業もない僕だという事が、聡明な君を煩わしているんだ。

First of all, the fact that the other person is me, who has no status, no status, no property, no fixed occupation, is bothering me.

もしこれが吉川夫人か誰かの口から出るなら、それがもっとずっとつまらない説でも、君は襟を正して聴くに違ないんだ。

If this comes from Mrs. Yoshikawa's or someone's mouth, even if it's a much more boring theory, you must be listening with a straightened collar.

いや僕の僻でも何でもない、争うべからざる事実だよ。

No, it's nothing out of my way, it's an indisputable fact.

けれども君考えなくっちゃいけないぜ。

But you have to think.

僕だからこれだけの事が云えるんだという事を。

I can only say this.

先生だって奥さんだって、そこへ行くと駄目だという事も心得ておきたまえ。

Keep in mind that even teachers and wives are not allowed to go there.

なぜだ?

Why?

 なぜでもないよ。

で も Not why.

いくら先生が貧乏したって、僕だけの経験は甞めていないんだからね。

No matter how poor she is, she hasn't lost her experience.

いわんや先生以上に楽をして生きて来た彼輩においてをやだ」

It's for those who have lived more comfortably than Iwanya teachers. ''

 彼輩とは誰の事だか津田にもよく解らなかった。

津 Tsuda didn't know who he was.

彼はただ腹の中で、おおかた吉川夫人だの岡本だのを指すのだろうと思ったぎりであった。

He was just wondering in his belly that he was probably pointing to Mrs. Yoshikawa and Okamoto.

実際小林は相手にそんな質問をかけさせる余地を与えないで、さっさと先へ行った。

In fact, Kobayashi went quickly without giving the other person the opportunity to ask such a question.

「第二にはだね。

"Secondly.

君の目下の境遇が、今僕の云ったような助言――だか忠告だか、または単なる知識の供給だか、それは何でも構わないが、とにかくそんなものに君の注意を向ける必要を感じさせないのだ。

Your current situation is the kind of advice I've just said-just advice, or just the supply of knowledge, it doesn't matter, but it doesn't make you feel that you need to turn your attention to it anyway.

頭では解る、しかし胸では納得しない、これが現在の君なんだ。

I understand in my head, but I'm not convinced in my chest, this is you today.

つまり君と僕とはそれだけ懸絶しているんだから仕方がないと跳ねつけられればそれまでだが、そこに君の注意を払わせたいのが、実は僕の目的だ、いいかね。

In other words, you and I are so suspended that you can only jump if you can't help but it's actually my purpose to get your attention there.

人間の境遇もしくは位地の懸絶といったところで大したものじゃないよ。

It's not a big deal in terms of human circumstances or suspension of status.

本式に云えば十人が十人ながらほぼ同じ経験を、違った形式で繰り返しているんだ。

In this formula, ten people repeat almost the same experience in different ways.

それをもっと判然云うとね、僕は僕で、僕に最も切実な眼でそれを見るし、君はまた君で、君に最も適当な眼でそれを見る、まあそのくらいの違だろうじゃないか。

To make it clearer, I'm me, I see it with the most compelling eyes to you, you're also you, I see it with the most appropriate eyes to you, well, it's that much different Isn't it?

だからさ、順境にあるものがちょっと面喰うか、迷児つくか、蹴爪ずくかすると、そらすぐ眼の球の色が変って来るんだ。

That's why, if you have a bit of something in front of you, you get stuck, or you're kicking a nail, the color of the eyeball will change soon.

しかしいくら眼の球の色が変ったって、急に眼の位置を変える訳には行かないだろう。

However, no matter how much the color of the eyeball has changed, it will not be possible to suddenly change the position of the eye.

つまり君に一朝事があったとすると、君は僕のこの助言をきっと思い出さなければならなくなるというだけの事さ」

In other words, if you had a morning, you would just have to remember my advice. ''

「じゃよく気をつけて忘れないようにしておくよ」

"I'll be careful and don't forget."

「うん忘れずにいたまえ、必ず思い当る事が出て来るから」

"Be sure to remember Yeah, you will always come up with something."

「よろしい。

"Okay.

心得たよ」

I know. "

「ところがいくら心得たって駄目なんだからおかしいや」

"However, I don't care how much I learned, so it's strange."

 小林はこう云って急に笑い出した。

Kobayashi suddenly began to laugh.

津田にはその意味が解らなかった。

Tsuda did not understand the meaning.

小林は訊かれない先に説明した。

Kobayashi explained earlier without being asked.

「その時ひょっと気がつくとするぜ、いいかね。

"I'll probably notice you then, okay.

そうしたらその時の君が、やっという掛声と共に、早変りができるかい。

If so, can you change quickly with the shouting at last?

早変りをしてこの僕になれるかい」

Can you change quickly and become this me? ''

「そいつは解らないよ」

"I don't know that."

「解らなかない、解ってるよ。

"I don't understand, I understand.

なれないにきまってるんだ。

I'm determined to not be able to.

憚りながらここまで来るには相当の修業が要るんだからね。

It takes a considerable amount of training to get here without any hesitation.

いかに痴鈍な僕といえども、現在の自分に対してはこれで血の代を払ってるんだ」

No matter how lame I am, I am now paying for my blood. ''

 津田は小林の得意が癪に障った。

Tsuda suffered from Kobayashi's specialty.

此奴が狗のような毒血を払ってはたして何物を掴んでいる?

What's this guy holding out with a poisonous blood like a dog?

 こう思った彼はわざと軽蔑の色を面に現わして訊いて見た。

彼 Thought he asked, looking at the color of contempt intentionally.

「それじゃ何のためにそんな話を僕にして聴かせるんだ。

"So why do you tell me that story?

たとい僕が覚えていたって、いざという場合の役にゃ立たないじゃないか」

That's why I remember it would not be useful in case of emergency. ''

「役にゃ立つまいよ。

"I can't help you.

しかし聴かないよりましじゃないか」

But it's better than not listening. ''

「聴かない方がましなくらいだ」

"It's better not to listen."

 小林は嬉しそうに身体を椅子の背に靠せかけてまた笑い出した。

Kobayashi gladly moved his body to the back of the chair and laughed again.

「そこだ。

"That's right.

そう来るところがこっちの思う壺なんだ」

That's where I come from.

「何をいうんだ」

"What do you mean?"

「何も云やしない、ただ事実を云うのさ。

"I don't say anything, just say the facts.