文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9302-9368)/11494

「ありがとう」

"Thank you"

「いや嘘じゃないよ。

"No, not a lie.

現にこの間もお延にその訳をよく云って聴かせたくらいだもの」

In fact, during this time, I just told him the reason. "

 胡散臭いなという眼が小林の眉の下で輝やいた。

眼 Eyes that smelled of humor shined under Kobayashi's eyebrows.

「へええ。

"Hey.

本当かい。

really.

あの細君の前で僕を弁護してくれるなんて、君にもまだ昔の親切が少しは残ってると見えるね。

It seems that you still have a little old kindness to defend me in front of you.

しかしそりゃ……。

But uh ...

細君は何と云ったね」

What did you say? "

 津田は黙って懐へ手を入れた。

Tsuda silently put his hand in his pocket.

小林はその所作を眺めながら、わざとそれを止めさせるように追加した。

Kobayashi watched the work and added it to stop it on purpose.

「ははあ。

"Haha.

弁護の必要があったんだな。

I needed to defend.

どうも変だと思ったら」

If you think it's weird, "

 津田は懐へ入れた手を、元の通り外へ出した。

Tsuda put his hand out of his pocket as before.

「お延の返事はここにある」といって、綺麗に持って来た金を彼に渡すつもりでいた彼は躊躇した。

He was hesitant to say, "I'm here for your answer," and he was going to give him the money he had brought.

その代り話頭を前へ押し戻した。

Instead, he pushed the head back.

「やはり人間は境遇次第だね」

"Even humans depend on circumstances."

「僕は余裕次第だというつもりだ」

"I'm going to be up to it."

 津田は逆らわなかった。

Tsuda did not go against it.

「そうさ余裕次第とも云えるね」

"It depends on how much you can afford."

「僕は生れてから今日までぎりぎり決着の生活をして来たんだ。

"I've been living the last minute of my life since I was born.

まるで余裕というものを知らず生きて来た僕が、贅沢三昧わがまま三昧に育った人とどう違うと君は思う」

How do you think I'm alive without knowing that I can afford it, and how do you differ from someone who grew up lavishly and selfishly? ''

 津田は薄笑いをした。

Tsuda laughed.

小林は真面目であった。

Kobayashi was serious.

「考えるまでもなくここにいるじゃないか。

"I'm here without thinking.

君と僕さ。

You and me.

二人を見較べればすぐ解るだろう、余裕と切迫で代表された生活の結果は」

If you compare them, you'll see right away, the consequences of life, represented by room and urgency. ''

 津田は心の中でその幾分を点頭いた。

Tsuda sprang up some of that in his heart.

けれども今さらそんな不平を聴いたって仕方がないと思っているところへ後が来た。

But now it's time to listen to such complaints and think that there's no help for it.

「それでどうだ。

"How about that?

僕は始終君に軽蔑される、君ばかりじゃない、君の細君からも、誰からも軽蔑される。

I am despised by you all the time, not only you, but also from your finesse and from everyone.

――いや待ちたまえまだいう事があるんだ。

――No, I still have to wait.

――それは事実さ、君も承知、僕も承知の事実さ。

-That's the fact, you know, I know.

すべて先刻云った通りさ。

Everything is as I said earlier.

だが君にも君の細君にもまだ解らない事がここに一つあるんだ。

But there is one thing here that neither you nor your little ones can understand.

もちろん今さらそれを君に話したってお互いの位地が変る訳でもないんだから仕方がないようなものの、これから朝鮮へ行けば、僕はもう生きて再び君に会う折がないかも知れないから……」

Of course, telling it to you now doesn't mean that each other's position will change. "

 小林はここまで来て少し昂奮したような気色を見せたが、すぐその後から「いや僕の事だから、行って見ると朝鮮も案外なので、厭になってまたすぐ帰って来ないとも限らないが」と正直なところを付け加えたので、津田は思わず笑い出してしまった。

Kobayashi came up to this point and showed a bit of excitement, but soon afterwards, `` No, it's me, so if you go there, it's not surprising that Korea is also unexpected, so you don't have to be disgusted and not come back soon. Tsuda laughed involuntarily.

小林自身もいったん頓挫してからまた出直した。

Kobayashi himself failed again and went back again.

「まあ未来の生活上君の参考にならないとも限らないから聴きたまえ。

"Well, listen to it because it may not always be helpful to you in future life.

実を云うと、君が僕を軽蔑している通りに、僕も君を軽蔑しているんだ」

To tell the truth, I look down on you just as you look down on me. ''

「そりゃ解ってるよ」

"I understand you."

「いや解らない。

"I don't know.

軽蔑の結果はあるいは解ってるかも知れないが、軽蔑の意味は君にも君の細君にもまだ通じていないよ。

The consequences of contempt may or may not be understood, but the meaning of contempt is not yet understood by you or your own.

だから君の今夕の好意に対して、僕はまた留別のために、それを説明して行こうてんだ。

So, for your favor this evening, I'm going to explain it for the sake of goodbye.

どうだい」

How are you? "

「よかろう」

"OK"

「よくないたって、僕のような一文なしじゃほかに何も置いて行くものがないんだから仕方がなかろう」

"Even if it's not good, there's no way to leave anything else without a sentence like me."

「だからいいよ」

"So good."

「黙って聴くかい。

"Do you listen silently?

聴くなら云うがね。

If you listen.

僕は今君の御馳走になって、こうしてぱくぱく食ってる仏蘭西料理も、この間の晩君を御招待申して叱られたあの汚ならしい酒場の酒も、どっちも無差別に旨いくらい味覚の発達しない男なんだ。

I'm a treat of you right now, and I'm eating French and Western dishes that I'm eating like this, the sake at the dirty bar that was scolded by inviting you during this evening, and both taste indiscriminately. I'm a man who doesn't develop.

そこを君は軽蔑するだろう。

You will look down on it.

しかるに僕はかえってそこを自慢にして、軽蔑する君を逆に軽蔑しているんだ。

Instead, I brag about it, and despise you on the contrary.

いいかね、その意味が君に解ったかね。

Okay, I wonder if that means you.

考えて見たまえ、君と僕がこの点においてどっちが窮屈で、どっちが自由だか。

Think about it, you and I are either cramped or free in this regard.

どっちが幸福で、どっちが束縛を余計感じているか。

Which is happy and who feels more restraint?

どっちが太平でどっちが動揺しているか。

Which is Taihei and who is upset?

僕から見ると、君の腰は始終ぐらついてるよ。

From my point of view, your waist is all around.

度胸が坐ってないよ。

I'm not sitting down.

厭なものをどこまでも避けたがって、自分の好きなものをむやみに追かけたがってるよ。

I want to avoid the terrible things as much as possible, and want to pursue my favorite things indiscriminately.

そりゃなぜだ。

That's why.

なぜでもない、なまじいに自由が利くためさ。

Not for nothing, because it's quite liberating.

贅沢をいう余地があるからさ。

There's room for luxury.

僕のように窮地に突き落されて、どうでも勝手にしやがれという気分になれないからさ」

`` Because I'm pushed into a corner like me and I don't feel like I'm arbitrarily arrogant. ''

 津田はてんから相手を見縊っていた。

Tsuda hung up on his partner from the top.

けれども事実を認めない訳には行かなかった。

But I couldn't go without admitting the facts.