文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9227-9301)/11494

 小林は気がついたように四辺を見廻した。

Kobayashi looked around the four sides as he noticed.

「うん。

"Yup.

ここには探偵はいないようだね」

There seems to be no detective here. ''

「その代り美くしい人がいるだろう」

"There will be beautiful people instead"

 小林は急に大きな声を出した。

Kobayashi suddenly made a loud voice.

「ありゃみんな芸者なんか君」

"Anyone is a geisha."

 ちょっときまりの悪い思いをさせられた津田は叱るように云った。

津 Tsuda, who was a little nervous, told him to scold.

「馬鹿云うな」

"Don't idiot"

「いや何とも限らないからね。

"No, not necessarily.

どこにどんなものがいるか分らない世の中だから」

It's a world where you don't know where you are. ''

 津田はますます声を低くした。

Tsuda's voice became even lower.

「だって芸者はあんな服装をしやしないよ」

"Because geishas don't dress like that."

「そうか。

"Really.

君がそう云うなら確だろう。

I'm sure if you say that.

僕のような田舎ものには第一その区別が分らないんだから仕方がないよ。

Rural things like me can't help but understand the first distinction.

何でも綺麗な着物さえ着ていればすぐ芸者だと思っちまうんだからね」

If you wear a beautiful kimono, you'll immediately think you're a geisha. ''

「相変らず皮肉るな」

"I'm still ironic"

 津田は少し悪い気色を外へ出した。

Tsuda went out of his way a bit bad.

小林は平気であった。

Kobayashi was fine.

「いや皮肉るんじゃないよ。

"No, it's not ironic.

実際僕は貧乏の結果そっちの方の眼がまだ開いていないんだ。

In fact, I'm not yet open to that eye as a result of poverty.

ただ正直にそう思うだけなんだ」

I just think honestly. ''

「そんならそれでいいさ」

"That's fine."

「よくなくっても仕方がない訳だがね。

"I can't help it if it's not good.

しかし事実どうだろう君」

But how about you? ''

「何が」

"what"

「事実当世にいわゆるレデーなるものと芸者との間に、それほど区別があるのかね」

"Is there really such a distinction between so-called lady and geisha in this world?"

 津田は空っ惚ける事の得意なこの相手の前に、真面目な返事を与える子供らしさを超越して見せなければならなかった。

Tsuda had to transcend the childhood of giving a serious reply before this opponent, who was good at falling in love.

同時に何とかして、ゴツンと喰わしてやりたいような気もした。

At the same time, I felt like I wanted to eat somehow.

けれども彼は遠慮した。

But he withdrew.

というよりも、ゴツンとやるだけの言葉が口へ出て来なかった。

Rather, I couldn't say enough words to do it.

「笑談じゃない」

"Not a laugh"

「本当に笑談じゃない」と云った小林はひょいと眼を上げて津田の顔を見た。

"It's not really a laugh," said Kobayashi, looking up at Tsuda's face.

津田はふと気がついた。

Tsuda suddenly noticed.

しかし相手に何か考えがあるんだなと悟った彼は、あまりに怜俐過ぎた。

But he realized he had something to think of, and he was too much.

彼には澄ましてそこを通り抜けるだけの腹がなかった。

He had no belly to clear and pass through.

それでいて当らず障らず話を傍へ流すくらいの技巧は心得ていた。

I knew that I was able to send the story to the side without any trouble.

彼は小林に捕まらなければならなかった。

He had to be captured by Kobayashi.

彼は云った。

He said.

「どうだ君ここの料理は」

"How are you here?"

「ここの料理もどこの料理もたいてい似たもんだね。

"The dishes here and everywhere are usually similar.

僕のような味覚の発達しないものには」

For something that does not develop taste like me. ''

「不味いかい」

"Tasteful squid"

「不味かない、旨いよ」

"It doesn't taste good, it's delicious"

「そりゃ好い案配だ。

"That's a good idea.

亭主が自分でクッキングをやるんだから、ほかよりゃ少しはましかも知れない」

The owner does the cooking for himself, so it's a little better than others. ''

「亭主がいくら腕を見せたって、僕のような口に合っちゃ敵わないよ。

"No matter how much your armor shows you, it doesn't fit you like me.

泣くだけだあね」

I just cry. "

「だけど旨けりゃそれでいいんだ」

"But that's fine."

「うん旨けりゃそれでいい訳だ。

"Yeah, that's a good translation.

しかしその旨さが十銭均一の一品料理と同なじ事だと云って聞かせたら亭主も泣くだろうじゃないか」

But if you tell me that this is the same thing as a dish of uniforms, you will cry too. "

 津田は苦笑するよりほかに仕方がなかった。

Tsuda had no choice but to laugh.

小林は一人でしゃべった。

Kobayashi talked alone.

「いったい今の僕にゃ、仏蘭西料理だから旨いの、英吉利料理だから不味いのって、そんな通をふり廻す余裕なんかまるでないんだ。

"For me today, it's delicious because it's French orchid western cuisine, and it's not good because it's Eikiri cuisine, so I can't afford to go around such a street.

ただ口へ入るから旨いだけの事なんだ」

It's just delicious because I just go into my mouth. ''

「だってそれじゃなぜ旨いんだか、理由が解らなくなるじゃないか」

"Why wouldn't you understand why it's so good and why?"

「解り切ってるよ。

"I understand it.

ただ飢じいから旨いのさ。

Just hungry and delicious.

その他に理窟も糸瓜もあるもんかね」

In addition, there are also cave and gourd.

 津田はまた黙らせられた。

Tsuda was silenced again.

しかし二人の間に続く無言が重く胸に応えるようになった時、彼はやむをえずまた口を開こうとして、たちまち小林のために機先を制せられた。

However, when the silence between the two began to heavily respond to his chest, he was compelled to open his mouth again and was immediately sought after for Kobayashi.

百五十七

One hundred fifty-seven

「君のような敏感者から見たら、僕ごとき鈍物は、あらゆる点で軽蔑に値しているかも知れない。

"From the point of view of a sensitive person like you, a dull thing like me may be despise in every respect.

僕もそれは承知している、軽蔑されても仕方がないと思っている。

I know that too, and I don't think it can be helped to be despised.

けれども僕には僕でまた相当の云草があるんだ。

But I have a lot of stuff we have again.

僕の鈍は必ずしも天賦の能力に原因しているとは限らない。

My bluntness is not always due to natural ability.

僕に時を与えよだ、僕に金を与えよだ。

Give me time, give me money.

しかる後、僕がどんな人間になって君らの前に出現するかを見よだ」

Then see what kind of person I am and will appear before you. ''

 この時小林の頭には酒がもう少し廻っていた。

酒 At this time, a little more alcohol was flowing around Kobayashi's head.

笑談とも真面目とも片のつかない彼の気※には、わざと酔の力を藉ろうとする欝散の傾きが見えて来た。

In his spirit *, who is neither laughable nor serious, he can see the inclination of depressing intentionally trying to excite the power of drunk.

津田は相手の口にする言葉の価値を正面から首肯うべく余儀なくされた上に、多少彼の歩き方につき合う必要を見出した。

Tsuda was forced to confirm the value of the words spoken by the opponent from the front and found that he had to keep up with his way of walking.

「そりゃ君のいう通りだ。

"That's exactly what you say.

だから僕は君に同情しているんだ。

That's why I sympathize with you.

君だってそのくらいの事は心得ていてくれるだろう。

You will know that much.

でなければ、こうやって、わざわざ会食までして君の朝鮮行を送る訳がないからね」

Otherwise, there's no way to send your Korean delegation to the dinner party like this. ''