文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9179-9226)/11494

のみならず小林は真面にこっちを向いていなかった。

Not only did Kobayashi turn away from this.

彼は津田のまだ見知らない青年と立談をしていた。

He was in talks with a young stranger in Tsuda.

青年の顔は三分の二ほど、小林のは三分の一ほど、津田の方角から見えるだけなので、彼はほぼ露見の恐れなしに、自分の足の停まった所から、二人の模様を注意して観察する事ができた。

Two-thirds of the young man's face and one-third of Kobayashi's face can only be seen from the direction of Tsuda, so he is almost uncovered, Could be observed carefully.

二人はけっして余所見をしなかった。

They never made any observations.

顔と顔を向き合せたまま、いつまでも同じ姿勢を崩さない彼らの体が、ありありと津田の眼に映るにつれて、真面目な用談の、互いの間に取り換わされている事は明暸に解った。

As their bodies, face-to-face and never losing the same posture, appear in Tsuda's eyes, it is clear that serious talks are being exchanged between each other. Was.

 二人の後には壁があった。

後 に There was a wall behind them.

あいにく横側に窓が付いていないので、強い光はどこからも射さなかった。

Unfortunately, there was no window on the side, so no intense light came from anywhere.

ところへ南から来た自働車が、大きな音を立てて四つ角を曲ろうとした。

However, a car coming from the south made a loud noise and tried to make a corner.

その時二人は自働車の前側に装置してある巨大な灯光を満身に浴びて立った。

At that time, they stood full of the huge lights installed on the front of the car.

津田は始めて青年の容貌を明かに認める事ができた。

For the first time, Tsuda was able to clearly recognize the appearance of a young man.

蒼白い血色は、帽子の下から左右に垂れている、幾カ月となく刈り込まない※々たる髪の毛と共に、彼の視覚を冒した。

The pale reddish color hangs from the bottom of the hat to the left and right and has not been trimmed for months.

彼は自働車の過ぎ去ると同時に踵を回らした。

He rolled his heels as the car passed.

そうして二人の立っている舗道を避けるように、わざと反対の方向へ歩き出した。

Then he deliberately walked in the opposite direction, avoiding the standing pavement.

 彼には何の目的もなかった。

He had no purpose.

はなやかに電灯で照らされた店を一軒ごとに見て歩く興味は、ただ都会的で美くしいというだけに過ぎなかった。

The only interest in walking through the brilliantly illuminated shops one by one was merely urban and beautiful.

商買が違うにつれて品物が変化する以外に、何らの複雑な趣は見出されなかった。

Nothing more complicated was found, except that the goods changed as the trades differed.

それにもかかわらず彼は到る処に視覚の満足を味わった。

Nevertheless, he enjoyed visual satisfaction everywhere.

しまいに或|唐物屋の店先に飾ってあるハイカラな襟飾を見た時に、彼はとうとうその家の中へ入って、自分の欲しいと思うものを手に取って、ひねくり廻したりなどした。

Finally, when he saw the high-colored collar decoration on the front of a Karamono store, he finally entered the house, picked up what he wanted and twisted around. did.

 もうよかろうという時分に、彼は再び取って返した。

時 When he was ready, he took it back.

舗道の上に立っていた二人の影ははたしてどこかへ行ってしまった。

The shadows of the two standing on the pavement have gone somewhere.

彼は少し歩調を早めた。

He stepped up a bit.

約束の家の窓からは暖かそうな光が往来へ射していた。

Warm light was coming and going from the windows of the promised house.

煉瓦作りで窓が高いのと、模様のある玉子色の布に遮ぎられて、間接に夜の中へ光線が放射されるので、通り際に見上げた津田の頭に描き出されたのは、穏やかな瓦斯煖炉を供えた品の好い食堂であった。

The window is high due to the brick making and it is blocked by a patterned egg-colored cloth, and rays of light are emitted indirectly into the night, so what was drawn on the head of Tsuda looking up at the street, It was a good dining room with a calm gas fireplace.

 大きなブロックの片隅に、形容した言葉でいうと、むしろひっそり構えているその食堂は、大して広いものではなかった。

食 In a corner, in a corner of a large block, the cafeteria, which is rather quiet, was not very large.

津田がそこを知り出したのもつい近頃であった。

It was only recently that Tsuda learned about it.

長い間|仏蘭西とかに公使をしていた人の料理番が開いた店だから旨いのだと友人に教えられたのが原で、四五遍食いに来た因縁を措くと、小林をそこへ招き寄せる理由は他に何にもなかった。

For a long time | A friend told me that it was delicious because it was a restaurant where the cooks of the people who served the ministry of France and the West had opened. There was no other reason to be invited.

 彼は容赦なく扉を押して内へ入った。

He pushed the door mercilessly and went inside.

そうしてそこに案のごとく少し手持無沙汰ででもあるような風をして、真面目な顔を夕刊か何かの前に向けている小林を見出した。

Then I found Kobayashi with a serious face in front of the evening paper or something in a wind that seemed to be a little bit out of hand as expected.

百五十六

One hundred and sixty-six

 小林は眼を上げてちょっと入口の方を見たが、すぐその眼を新聞の上に落してしまった。

林 Kobayashi raised his eyes and looked a little toward the entrance, but immediately dropped his eyes on the newspaper.

津田は仕方なしに無言のまま、彼の坐っている食卓の傍まで近寄って行ってこっちから声をかけた。

Tsuda went silently to the table where he was sitting, silently speaking, and spoke out from here.

「失敬。

"Retribution.

少し遅くなった。

Slightly late.

よっぽど待たしたかね」

Did you wait a long time? "

 小林はようやく新聞を畳んだ。

Kobayashi finally folded the newspaper.

「君時計をもってるだろう」

"You will have a clock"

 津田はわざと時計を出さなかった。

Tsuda didn't watch on purpose.

小林は振り返って正面の壁の上に掛っている大きな柱時計を見た。

Kobayashi looked back and saw a large wall clock hanging on the front wall.

針は指定の時間より四十分ほど先へ出ていた。

The needle was about forty minutes ahead of the designated time.

「実は僕も今来たばかりのところなんだ」

"Actually, I'm just here."

 二人は向い合って席についた。

They faced each other and sat down.

周囲には二組ばかりの客がいるだけなので、そうしてその二組は双方ともに相当の扮装をした婦人づれなので、室内は存外静かであった。

The room was quiet outside, as there were only two guests around, and both were dressed as ladies.

ことに一間ほど隔てて、二人の横に置かれた瓦斯煖炉の火の色が、白いものの目立つ清楚な室の空気に、恰好な温もりを与えた。

In particular, the color of the fire of the gas fireplace placed beside them for a moment gave the air of the white but conspicuous neat room a cool warmth.

 津田の心には、変な対照が描き出された。

変 A strange contrast was drawn in Tsuda's heart.

この間の晩小林のお蔭で無理に引っ張り込まれた怪しげな酒場の光景がありありと彼の眼に浮んだ。

During that time, he came to his eyes to see a suspicious tavern that had been forcibly pulled by thanks to Kobayashi at night.

その時の相手を今度は自分の方でここへ案内したという事が、彼には一種の意味で得意であった。

He was kind of good at guiding his opponent here this time.

「どうだね、ここの宅は。

"How about this home?

ちょっと綺麗で心持が好いじゃないか」

It's a bit beautiful and pleasant. "