文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9063-9126)/11494

「今度はお前の拵えてくれた※袍で助かったよ。

"This time, the gloves you prepared for me were saved.

綿が新らしいせいか大変着心地が好いね」

I feel very comfortable because the cotton is new. ''

 お延は笑いながら夫を冷嘲した。

Onno laughed and mocked at her husband.

「どうなすったの。

"What did you do?

なんだか急にお世辞が旨くおなりね。

Somehow suddenly the flattering is going well.

だけど、違ってるのよ、あなたの鑑定は」

But it's different, your appraisal is "

 お延は問題の※袍を畳みながら、新らしい綿ばかりを入れなかった事実を夫に白状した。

延 Ono confessed to her husband that she did not put in new cotton while folding the Qipo in question.

津田はその時着物を着換えていた。

Tsuda was changing clothes at that time.

絞りの模様の入った縮緬の兵児帯をぐるぐる腰に巻く方が、彼にはむしろ大事な所作であった。

It was rather important for him to wrap a crepe band with a squeezed pattern around his waist.

それほど軽く※袍の中味を見ていた彼の愛嬌は、正直なお延の返事を待ち受けるのでも何でもなかった。

He looked so lightly in his gloves. His charm was nothing but waiting for an honest answer.

彼はただ「はあそうかい」と云ったぎりであった。

He was just saying, "It looks good."

「お気に召したらどうぞ温泉へも持っていらしって下さい」

"If you like it, please bring it to the hot spring."

「そうして時々お前の親切でも思い出すかな」

"Do you remember from time to time even your kindness?"

「しかし宿屋で貸してくれる※袍の方がずっとよかったり何かすると、いい恥っ掻きね、あたしの方は」

"But if you lend it at the inn, the qipao will be much better or something.

「そんな事はないよ」

"There is no such thing."

「いえあるのよ。

"No, there is.

品質が悪いとどうしても損ね、そういう時には。

Poor quality will inevitably hurt you, in that case.

親切なんかすぐどこかへ飛んでっちまうんだから」

I kind of fly away somewhere soon. ''

 無邪気なお延の言葉は、彼女の意味する通りの単純さで津田の耳へは響かなかった。

Innocent Enno's words did not reach Tsuda's ears for her simplicity.

そこには一種のアイロニーが顫動していた。

There was a kind of irony trembling there.

※袍は何かの象徴であるらしく受け取れた。

* The Qipao seemed to be a symbol of something.

多少気味の悪くなった津田は、お延に背中を向けたままで、兵児帯の先をこま結びに結んだ。

Tsuda, who became somewhat creepy, tied the end of the soldier's belt with a knot, with her back all over.

 やがて二人は看護婦に送られて玄関に出ると、すぐそこに待たしてある車に乗った。

Then they were sent to the nurse and went out to the front door, where they rode in a car waiting there.

「さよなら」

"Goodbye"

 多事な一週間の病院生活は、この一語でようやく幕になった。

The weekly hospital life that has been a long time has come to an end.

百五十四

One hundred fifty-four

 目的の温泉場へ立つ前の津田は、既定されたプログラムの順序として、まず小林に会わなければならなかった。

立 つ Before standing at the target hot spring resort, Tsuda had to first meet Kobayashi in the prescribed program order.

約束の日が来た時、お延から入用の金を受け取った彼は笑いながら細君を顧みた。

When the promised day came, he received the money he needed from Onobu and laughed at him.

「何だか惜しいな、あいつにこれだけ取られるのは」

"It's a shame that he can only take this."

「じゃ止した方が好いわ」

"I'd rather stop it."

「おれも止したいよ」

"I want to stop me too"

「止したいのになぜ止せないの。

"Why can't you stop when you want to?

あたしが代りに行って断って来て上げましょうか」

May I go and refuse me instead? "

「うん、頼んでもいいね」

"Yeah, you can ask"

「どこであの人にお逢いになるの。

"Where do you meet that person?

場所さえおっしゃれば、あたし行って上げるわ」

I'll go and give you any place you want. ''

 お延が本気かどうかは津田にも分らなかった。

津 Tsuda didn't know if Ono was serious.

けれどもこういう場合に、大丈夫だと思ってつい笑談に押すと、押したこっちがかえって手古摺らせられるくらいの事は、彼に困難な想像ではなかった。

However, in such a case, if he thought it was all right and pushed for a laugh, it was not a difficult imagination for him to be able to push his hand back.

お延はいざとなると口で云った通りを真面に断行する女であった。

When it came to time, Nobun was a woman who cut straight as she said in her mouth.

たとい違約であろうとあるまいと、津田を代表して、小林を撃退する役割なら進んで引き受けないとも限らなかった。

Regardless of whether it was a penalty or not, on behalf of Tsuda, he was not willing to take on the role of repelling Kobayashi on behalf of Tsuda.

彼は危険区域へ踏み込まない用心をして、わざと話を不真面目な方角へ流してしまった。

He was careful not to step into the danger area, and intentionally shed his story into a miserable direction.

「お前は見かけに寄らない勇気のある女だね」

"You are a courageous woman who doesn't seem to be there."

「これでも自分じゃあると思ってるのよ。

"I still think I am myself.

けれどもまだ出した例がないから、実際どのくらいあるか自分にも分らないわ」

But I don't have any examples yet, so I don't even know how much it actually is. ''

「いやお前に分らなくっても、おれにはちゃんと分ってるから、それでたくさんだよ。

"No, I don't know, but I know it, so that's a lot.

女のくせにそうむやみに勇気なんか出された日にゃ、亭主が困るだけだからね」

On a day when a woman's courage is given in spite of being a woman, it's just because the owner is in trouble. ''

「ちっとも困りゃしないわ。

"I won't be bothered at all.

御亭主のために出す勇気なら、男だって困るはずがないじゃないの」

If you dare to give it to your husband, a man can't be bothered. ''

「そりゃありがたい場合もたまには出て来るだろうがね」と云った津田には固より本気に受け答えをするつもりもなかった。

"Thank you, I'll come out occasionally when I'm grateful," said Tsuda, who didn't intend to give a serious answer.

「今日までそれほど感服に値する勇気を拝見した覚もないようだね」

"I don't seem to have seen so much courage to me today."

「そりゃその通りよ。

"That's right.

だってちっとも外へ出さずにいるんですもの。

Because I don't have to go outside.

これでも内側へ入って御覧なさい。

Please look inside even this.

なんぼあたしだってあなたの考えていらっしゃるほど太平じゃないんだから」

I'm not as peaceful as you might think. ''

 津田は答えなかった。

Tsuda did not answer.

しかしお延はやめなかった。

But she did not stop.

「あたしがそんなに気楽そうに見えるの、あなたには」

"I look so comfortable, to you"

「ああ見えるよ。

"Oh, I see.

大いに気楽そうだよ」

It looks very easy. ''

 この好い加減な無駄口の前に、お延は微かな溜息を洩らした後で云った。

延 In front of this sloppy mouth, Enno said after sighing a sigh.

「つまらないわね、女なんて。

"It's boring, woman.

あたし何だって女に生れて来たんでしょう」

I guess I was born to a woman. ''

「そりゃおれにかけ合ったって駄目だ。

"I can't talk to me.

京都にいるお父さんかお母さんへ尻を持ち込むよりほかに、苦情の持ってきどころはないんだから」

There's no place to bring a complaint other than bringing your ass to your dad or mother in Kyoto. ''