文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(9000-9062)/11494

まず最初に自分の手の届く所からだんだんに食い込んで行こうというんだ。

First of all, let's go into it gradually from within reach.

だから一番災難なのはこのおれだよ。

That's why I am the worst.

どう考えてもここでおれ相当の親切を見せて、あいつの感情を美くして、そうして一日も早く朝鮮へ立って貰うのが上策なんだ。

No matter what you think, it's a good idea to show me kindness here, make his feelings beautiful, and then get to Korea as soon as possible.

でないといつどんな目に逢うか解ったもんじゃない」

I don't know when I'll see you otherwise.

 こうなるとお延はどうしてもまた云いたくなるのである。

延 When this happens, Nobun just wants to say it again.

「いくら小林が乱暴だって、あなたの方にも何かなくっちゃ、そんなに怖がる因縁がないじゃありませんか」

"How much Kobayashi is violent, you have to do something, and there's no reason to be so scared."

 二人がこんな押問答をして、小切手の片をつけるだけでも、ものの十分はかかった。

It was enough for them to answer such a question and just put a check.

しかし小林の方がきまると共に、残りの所置はすぐついた。

However, as Kobayashi decided, the rest of the place was immediately there.

それを自分の小遣として、任意に自分の嗜慾を満足するという彼女の条件は直ちに成立した。

With her pocket money as her condition, her condition of satisfactorily satisfying her desire was immediately fulfilled.

その代り彼女は津田といっしょに温泉へ行かない事になった。

Instead she decided not to go to the hot spring with Tsuda.

そうして温泉行の費用は吉川夫人の好意を受けるという案に同意させられた。

He agreed with the idea that the cost of the hot spring service would be favored by Mrs. Yoshikawa.

 うそ寒の宵に、若い夫婦間に起った波瀾の消長はこれでようやく尽きた。

に This is the end of the turbulence that has occurred between young couples on the night of cold nights.

二人はひとまず別れた。

The two parted for the time being.

百五十三

One hundred fifty three

 津田の辛防しなければならない手術後の経過は良好であった。

経 過 Tsuda's progress after surgery, which had to be prevented, was good.

というよりもむしろ順当に行った。

Rather, it went gracefully.

五日目が来た時、医者は予定通り彼のために全部のガーゼを取り替えてくれた後で、それを保証した。

When the fifth day came, the doctor guaranteed it, after replacing all the gauze for him as scheduled.

「至極好い具合です。

"It's really good.

出血も口元だけです。

Bleeding is only at the mouth.

内部の方は何ともありません」

There is nothing inside. "

 六日目にも同じ治療法が繰り返された。

同 じ The same treatment was repeated on the sixth day.

けれども局部は前日よりは健全になっていた。

But the locals were healthier than the day before.

「出血はどうです。

"What about bleeding?

まだ止まりませんか」

Still not stop? "

「いや、もうほとんど止まりました」

"No, almost stopped now."

 出血の意味を解し得ない津田は、この返事の意味をも解し得なかった。

津 Tsuda who could not understand the meaning of bleeding could not understand the meaning of this reply.

好い加減に「もう癒りました」という解釈をそれに付けて大変喜こんだ。

I was very pleased with the interpretation that I was healed.

しかし本式の事実は彼の考える通りにも行かなかった。

However, the fact of this formula did not go as he thought.

彼と医者の間に起った一場の問答がその辺の消息を明らかにした。

A quick question and answer between him and the doctor revealed the whereabouts.

「これが癒り損なったらどうなるんでしょう」

"What happens if this fails?"

「また切るんです。

"I will cut it again.

そうして前よりも軽く穴が残るんです」

That leaves a lighter hole than before. "

「心細いですな」

"I'm sorry."

「なに十中八九は癒るにきまってます」

"What is most likely to be healed?"

「じゃ本当の意味で全癒というと、まだなかなか時間がかかるんですね」

"Then, in the true sense, it takes quite a while to fully heal."

「早くて三週間遅くて四週間です」

"Early three weeks late and four weeks."

「ここを出るのは?」

"Why leave here?"

「出るのは明後日ぐらいで差支えありません」

"You can come out about the day after tomorrow."

 津田はありがたがった。

Tsuda was grateful.

そうして出たらすぐ温泉に行こうと覚悟した。

Then I was ready to go to the hot spring.

なまじい医者に相談して転地を禁じられでもすると、かえって神経を悩ますだけが損だと打算した彼はわざと黙っていた。

He talked to a serious doctor and was forbidden to move, but he was silent on purpose that he only suffered from nerves.

それはほとんど平生の彼に似合わない粗忽な遣口であった。

It was a sloppy gateway almost unhealthy.

彼は甘んじてこの不謹慎を断行しようと決心しながら、肚の中ですでに自分の矛盾を承知しているので、何だか不安であった。

He was somewhat anxious because he was already aware of his contradictions in Dubu, deciding to break this recklessness.

彼は訊かないでもいい質問を医者にかけてみたりした。

He asked his doctor for a good question without asking.

「括約筋を切り残したとおっしゃるけれども、それでどうして下からガーゼが詰められるんですか」

"You said you left the sphincter, but why is gauze packed from below?"

「括約筋はとば口にゃありません。

"I don't have a sphincter.

五分ほど引っ込んでます。

I'm withdrawn for about five minutes.

それを下から斜に三分ほど削り上げた所があるのです」

There is a place where it is cut down from the bottom up to about 3 minutes. ''

 津田はその晩から粥を食い出した。

Takatsuda began to eat the porridge that night.

久しく麺麭だけで我慢していた彼の口には水ッぽい米の味も一種の新らしみであった。

The taste of watery rice was a kind of freshness in his mouth, which had been put up with noodles for a long time.

趣味として夜寒の粥を感ずる能力を持たない彼は、秋の宵の冷たさを対照に置く薄粥の暖かさを普通の俳人以上に珍重して啜る事ができた。

He did not have the ability to feel the night cold porridge as a hobby, and he was able to squeeze the warmth of thin porridge, which contrasts the coldness of autumn evening, more than an ordinary poet.

 療治の必要上、長い事|止められていた便の疎通を計るために、彼はまた軽い下剤を飲まなければならなかった。

He had to drink light laxatives again in order to gauge the stool that had been stopped because of the need for medical treatment.

さほど苦にもならなかった腹の中が軽くなるに従って、彼の気分もいつか軽くなった。

As his belly, which was not too painful, became lighter, his mood eventually became lighter.

身体の楽になった彼は、寝転ろんでただ退院の日を待つだけであった。

He became comfortable and simply lay down and waited for the day of discharge.

 その日も一晩明けるとすぐに来た。

日 I came as soon as the day was over.

彼は車を持って迎いに来たお延の顔を見るや否や云った。

He had no choice but to see Nobori's face with his car.

「やっと帰れる事になった訳かな。

"I guess we can finally go home.

まあありがたい」

I'm grateful. ''

「あんまりありがたくもないでしょう」

"I wouldn't be too grateful."

「いやありがたいよ」

"I'm grateful."

「宅の方が病院よりはまだましだとおっしゃるんでしょう」

"You say that homes are better than hospitals."

「まあその辺かも知れないがね」

"Well, maybe that area."

 津田はいつもの調子でこう云った後で、急に思い出したように付け足した。

After saying this in the usual way, Tsuda suddenly added as he remembered.