文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8958-8999)/11494

百五十二

One hundred fifty two

 後は話が存外楽に進行したので、ほどなく第二の妥協が成立した。

After that, the story progressed very easily, and the second compromise was soon established.

小林に対する友誼を満足させるため、かつはいったん約束した言責を果すため、津田はお延の貰って来た小切手の中から、その幾分を割いて朝鮮行の贐として小林に贈る事にした。

In order to satisfy his friendship with Kobayashi and to fulfill his promises once, Tsuda decided to divide some of the checks he had received and give them to Kobayashi as a group for Chosun.

名義は固より貸すのであったが、相手に返す腹のない以上、それを予算に組み込んで今後の的にする訳には行かないので、結果はつまりやる事になったのである。

The name was lent, but as long as there was no hunger to return to the other party, it could not be included in the budget and it could not be done in the future, so the result was to do.

もちろんそこへ行き着くまでにはお延にも多少の難色があった。

Of course, by the time we got there, we had some disappointment.

小林のような横着な男に金銭を恵むのはおろか、ちゃんとした証書を入れさせて、一時の用を足してやる好意すら、彼女の胸のどの隅からも出るはずはなかった。

Aside from giving money to a laid-back man like Kobayashi, letting a proper certificate be put in, and even a favor of doing something for a moment, she couldn't get out of any corner of her chest.

のみならず彼女はややともすると、強いてそれを断行しようとする夫の裏側を覗き込むので、津田はそのたびに少なからず冷々した。

Not only that, but she also peered into the back of her husband, who forcibly tried to break it, so that Tsuda was somewhat cold each time.

「あんな人に何だってそんな親切を尽しておやりになるんだか、あたしにはまるで解らないわ」

"I don't know if I'm going to do such kindness to anyone."

 こういう意味の言葉が二度も三度も彼女によって繰り返された。

言葉 The word of this meaning was repeated twice or three times by her.

津田が人情|一点張でそれを相手にする気色を見せないと、彼女はもう一歩先の事まで云った。

If Tsuda didn't show a feeling of dealing with it, she said that she was one step ahead.

「だから訳をおっしゃいよ。

"That's why.

こういう訳があるから、こうしなければ義理が悪いんだという事情さえ明暸になれば、あの小切手をみんな上げても構わないんだから」

That's why, if it's clear that things would be wrong if you don't do that, you can give everyone that check. "

 津田にはここが何より大事な関所なので、どうしてもお延を通させる訳に行かなかった。

Since this is the most important checkpoint in Tsuda, I couldn't help but let her go.

彼は小林を弁護する代りに、二人の過去にある旧い交際と、その交際から出る懐かしい記憶とを挙げた。

Instead of defending Kobayashi, he cited the old dating in the past and the nostalgic memories of that dating.

懐かしいという字を使って非難された時には、仕方なしに、昔の小林と今の小林の相違にまで、説明の手を拡げた。

When he was accused of using the word nostalgic, he helped extend his explanation to the differences between Kobayashi in the past and Kobayashi in the present.

それでも腑に落ちないお延の顔を見た時には、急に談話の調子を高尚にして、人道まで云々した。

When I saw Enno's face that still didn't make sense, she suddenly raised her tone and talked to humanity.

しかし彼の口にする人道はついに一個の功利説に帰着するので、彼は吾知らず自分の拵えた陥穽に向って進んでいながら気がつかず、危うくお延から足を取られて、突き落されそうになる場合も出て来た。

But as the humanitarian he speaks finally comes down to a single utilitarian theory, he is unknowingly advancing toward the pit he has prepared, unaware of it, and is at risk of being taken off from the bean and endangered. It came out when it happened.

それを代表的な言葉でごく簡単に例で現わすと下のようになった。

The following is a simple example of this in typical words.

「とにかく困ってるんだからね、内地にいたたまれずに、朝鮮まで落ちて行こうてんだから、少しは同情してやってもよかろうじゃないか。

"I'm in trouble anyway, I'm going to go down to Korea without being inland, so I'm gonna be a little sympathetic.

それにお前はあいつの人格をむやみに攻撃するが、そこに少し無理があるよ。

And you attack his personality indiscriminately, but there's a little over there.

なるほどあいつはしようのない奴さ。

He's a guy he can't help.

しようのない奴には違ないけれども、あいつがこうなった因りをよく考えて見ると、何でもないんだ。

It's no different to a helpless guy, but if you think about how he got this, it's nothing.

ただ不平だからだ。

Just because it's a complaint.

じゃなぜ不平だというと、金が取れないからだ。

So why you complain because you can't get the money.

ところがあいつは愚図でもなし、馬鹿でもなし、相当な頭を持ってるんだからね。

But he's not a stupid figure, not a fool, and he has quite a head.

不幸にして正則の教育を受けなかったために、ああなったと思うと、そりゃ気の毒になるよ。

Unfortunately, if you don't get regular education, you'll feel sorry if you think that's the case.

つまりあいつが悪いんじゃない境遇が悪いんだと考えさえすればそれまでさ。

In other words, if you think he's not bad, it's bad.

要するに不幸な人なんだ」

In short, he's an unhappy person. "

 これだけなら口先だけとしてもまず立派なのであるが、彼はついにそこで止まる事ができないのである。

な ら If this is the only lip, it's fine, but he can't stop there.

「それにまだこういう事も考えなければならないよ。

"And I still have to think about this.

ああ自暴糞になってる人間に逆らうと何をするか解らないんだ。

Oh, I don't know what to do if I'm against human beings that are shit.

誰とでも喧嘩がしたい、誰と喧嘩をしても自分の得になるだけだって、現にここへ来て公言して威張ってるんだからね、実際始末に了えないよ。

I want to quarrel with anyone, quarreling with anyone just makes it to my advantage, because I'm actually coming here and professing and exaggerating.

だから今もしおれがあいつの要求を跳ねつけるとすると、あいつは怒るよ。

So now if I bounce off his request, he will get angry.

ただ怒るだけならいいが、きっと何かするよ。

I just need to get angry, but I'll do something.

復讐をやるにきまってるよ。

I'm determined to take revenge.

ところがこっちには世間体があり、向うにゃそんなものがまるでないんだから、いざとなると敵いっこないんだ。

However, there is a public body here, and there is no such thing at all, so there is no enemy when it comes to it.

解ったかね」

Did you understand? "

 ここまで来ると最初の人道主義はもうだいぶ崩れてしまう。

と At this point, the first humanitarianism has already fallen considerably.

しかしそれにしても、ここで切り上げさえすれば、お延は黙って点頭くよりほかに仕方がないのである。

But even so, if you only round it up here, there is no other way than to be silent and start.

ところが彼はまだ先へ出るのである。

However, he is still ahead.

「それもあいつが主義としてただ上流社会を攻撃したり、または一般の金持を悪口するだけならいいがね。

"It would be nice if he just attacked the upper society as a principle or swears the public.

あいつのは、そうじゃないんだ、もっと実際的なんだ。

He's not, he's more practical.