文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8874-8957)/11494

「じゃいつごろその温泉へいらっしゃるの」

"When do you come to that hot spring?"

「ここを出たらすぐ行こうよ。

"Let's go as soon as we get out of here.

身体のためにもその方が都合がよさそうだから」

It seems more convenient for the body. ''

「そうね。

"Yes.

なるべく早くいらしった方がいいわ。

You should come as soon as possible.

行くと事がきまった以上」

When I go, I've decided. ''

 津田はこれでまずよしと安心した。

Tsuda was relieved with this.

ところへお延は不意に出た。

Nobun suddenly came out.

「あたしもいっしょに行っていいんでしょう」

"I'll go with you too."

 気の緩んだ津田は急にひやりとした。

Tsuda, who was relaxed, suddenly became cold.

彼は答える前にまず考えなければならなかった。

He had to think first before answering.

連れて行く事は最初から問題にしていなかった。

Taking wasn't a problem from the start.

と云って、断る事はなおむずかしかった。

However, it was still difficult to refuse.

断り方一つで、相手はどう変化するかも分らなかった。

I couldn't see how the opponent would change, just one way.

彼が何と返事をしたものだろうと思って分別するうちに大切の機は過ぎた。

The important moment passed when he wondered what he had replied to and decided.

お延は催促した。

Nobun urged.

「ね、行ってもいいんでしょう」

"Hey, you can go."

「そうだね」

"Yeah"

「いけないの」

"I can't"

「いけない訳もないがね……」

"I can't go wrong ..."

 津田は連れて行きたくない心の内を、しだいしだいに外へ押し出されそうになった。

Tsuda was gradually pushed out of his heart, which he did not want to take.

もし猜疑の眸が一度お延の眼の中に動いたら事はそれぎりであると見てとった彼は、実を云うと、お延と同じ心理状態の支配を受けていた。

He saw that once his suspicious eyes had moved into Nobu's eyes, he was in fact under the same mental state as Nobu.

先刻の波瀾から来た影響は彼にもう憑り移っていた。

The consequences of the last storm had already passed on to him.

彼は彼でそれを利用するよりほかに仕方がなかった。

He had no choice but to use it with him.

彼はすぐ「慰撫」の二字を思い出した。

He immediately remembered the two words "consolation."

「慰撫に限る。

"Limited to comfort.

女は慰撫さえすればどうにかなる」。

A woman can only do so if she is comforted. "

彼は今得たばかりのこの新らしい断案を提さげて、お延に向った。

He offered his new proposal, which he had just obtained, and turned his back.

「行ってもいいんだよ。

"You can go.

いいどころじゃない、実は行って貰いたいんだ。

It's not a good thing, I really want you to go.

第一一人じゃ不自由だからね。

The first person is inconvenient.

世話をして貰うだけでも、その方が都合がいいにきまってるからね」

Even if you just take care of it, it's more convenient. ''

「ああ嬉しい、じゃ行くわ」

"Oh, I'm glad I'm going"

「ところがだね。

"However.

……」

…… ”

 お延は厭な顔をした。

延 Nobun looked reluctant.

「ところがどうしたの」

"What happened?"

「ところがさ。

"However.

宅はどうする気かね」

What's your home going to do? "

「宅は時がいるから好いわ」

"I like home because I have time."

「好いわって、そんな子供見たいな呑気な事を云っちゃ困るよ」

"If you like it, you don't have to say that you want to see such a child."

「なぜ。

"why.

どこが呑気なの。

Where are you drunk?

もし時だけで不用心なら誰か頼んで来るわ」

If it's just timeless, I'll ask for someone. ''

 お延は続けざまに留守居として適当な人の名を二三|挙げた。

延 Nobu continued to name a few people who were suitable as absences.

津田は拒めるだけそれを拒んだ。

Tsuda refused only to refuse.

「若い男は駄目だよ。

"You can't use a young man.

時と二人ぎり置く訳にゃ行かないからね」

I'm not going to put time and two people alone. "

 お延は笑い出した。

Onno laughed.

「まさか。

"No way.

――間違なんか起りっこないわ、わずかの間ですもの」

――I won't make a mistake, it's just for a moment. ''

「そうは行かないよ。

"That's not going.

けっしてそうは行かないよ」

I'll never do that. ''

 津田は断乎たる態度を示すと共に、考える風もして見せた。

Takatsuda showed a decisive attitude and a thoughtful attitude.

「誰か適当な人はないもんかね。

"Someone isn't the right person.

手頃なお婆さんか何かあるとちょうど持って来いだがな」

Just bring me if you have an affordable grandmother or something. ''

 藤井にも岡本にもその他の方面にも、そんな都合の好い手の空いた人は一人もなかった。

There was no one in Fujii, Okamoto, or any other area that had such a convenient location.

「まあよく考えて見るさ」

"Well think about it."

 この辺で話を切り上げようとした津田は的が外れた。

津 Tsuda, who tried to round up the story here, was off the mark.

お延は掴んだ袖をなかなか放さなかった。

Ono did not release the sleeve he had grabbed.

「考えてない時には、どうするの。

"What do you do when you're not thinking?

もしお婆さんがいなければ、あたしはどうしても行っちゃ悪いの」

If I don't have a grandmother, I'm just going to go wrong. ''

「悪いとは云やしないよ」

"I won't say bad"

「だってお婆さんなんかいる訳がないじゃありませんか。

"Well, there is no reason to have a grandmother.

考えないだってそのくらいな事は解ってますわ。

I understand that much without thinking.

それより行って悪いなら悪いと判然云ってちょうだいよ」

If it's worse than that, please say it's bad. ''

 せっぱつまった津田はこの時不思議にまた好い云訳を思いついた。

At that time, Tsuda, who had been nervous, came up with a strange translation.

「そりゃいざとなれば留守番なんかどうでも構わないさ。

"I don't care if you have an answering machine.

しかし時一人を置いて行くにしたところで、まだ困る事があるんだ。

But when I leave alone, I still have trouble.

おれは吉川の奥さんから旅費を貰うんだからね。

I get travel expenses from Yoshikawa's wife.

他の金を貰って夫婦連れで遊んで歩くように思われても、あんまりよくないじゃないか」

It's not so good if you seem to get paid and play with your married couple. "

「そんなら吉川の奥さんからいただかないでも構わないわ。

"I don't care if you don't come from Yoshikawa's wife.

あの小切手があるから」

I have that check. "

「そうすると今月分の払の方が差支えるよ」

"Then this month's payment will be more supportive."

「それは秀子さんの置いて行ったのがあるのよ」

"It's been left by Hideko-san."

 津田はまた行きつまった。

Tsuda has gone dead again.

そうしてまた危い血路を開いた。

Then he opened another dangerous blood path.

「少し小林に貸してやらなくっちゃならないんだぜ」

"I have to lend a little to Kobayashi."

「あんな人に」

"To that person"

「お前はあんな人にと云うがね、あれでも今度遠い朝鮮へ行くんだからね。

"You say to that person, but you're going to a distant Korea this time.

可哀想だよ。

I'm sorry.

それにもう約束してしまったんだから、どうする訳にも行かないんだ」

And I've promised that I can't help anything. ''

 お延は固より満足な顔をするはずがなかった。

Nobun couldn't have been more than happy.

しかし津田はこれでどうかこうかその場だけを切り抜ける事ができた。

However, Tsuda was able to survive only on this spot.