文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8826-8873)/11494

女だと見下ろしながら、底気味の悪い思いをしなければならない場合が、日ごとに現前した。

Every day, when I have to look down on her as a woman, she has to feel terrible.

それは彼女の直覚であるか、または直覚の活作用とも見傚される彼女の機略であるか、あるいはそれ以外の或物であるか、たしかな解剖は彼にもまだできていなかったが、何しろ事実は事実に違いなかった。

Whether it is her intuition, or her tactics, which mimics the intuition's vitality, or some other thing, surely the dissection had not yet been done by him, After all, the facts must have been true.

しかも彼自身自分の胸に畳み込んでおくぎりで、いまだかつて他に洩らした事のない事実に違いなかった。

Moreover, as long as he wrapped himself in his own chest, it must have been a fact that had never been leaked before.

だから事実と云い条、その実は一個の秘密でもあった。

So the fact is that it was also a secret.

それならばなぜ彼がこの明白な事実をわざと秘密に附していたのだろう。

So why did he intentionally keep this obvious fact secret?

簡単に云えば、彼はなるべく己れを尊く考がえたかったからである。

To put it simply, he wanted to respect himself as much as possible.

愛の戦争という眼で眺めた彼らの夫婦生活において、いつでも敗者の位地に立った彼には、彼でまた相当の慢心があった。

In his married life as seen from the war of love, he always stood in the position of the loser, and he was again a considerable patience.

ところがお延のために征服される彼はやむをえず征服されるので、心から帰服するのではなかった。

However, he was conquered for the postponement, so he was conquered, so he did not return from the heart.

堂々と愛の擒になるのではなくって、常に騙し打に会っているのであった。

Rather than being proud of love, she was always deceiving.

お延が夫の慢心を挫くところに気がつかないで、ただ彼を征服する点においてのみ愛の満足を感ずる通りに、負けるのが嫌な津田も、残念だとは思いながら、力及ばず組み敷かれるたびに降参するのであった。

Tsuda, who doesn't mind losing, does not notice where Enno disturbs her husband's pride, but only feels the satisfaction of love in conquering him. They surrendered every time they were laid.

この特殊な関係を、一夜の苦説が逆にしてくれた時、彼のお延に対する考えは変るのが至当であった。

His thoughts on Ennobu were likely to change when an overnight complaint reversed this special relationship.

彼は今までこれほど猛烈に、また真正面に、上手を引くように見えて、実は偽りのない下手に出たお延という女を見た例がなかった。

He has never seen a woman named Nobu, who seemed to be so fierce and straight ahead, and in fact, a true poor man.

弱点を抱いて逃げまわりながら彼は始めてお延に勝つ事ができた。

He managed to win the first time, running away with his weaknesses.

結果は明暸であった。

The result was clear.

彼はようやく彼女を軽蔑する事ができた。

He finally managed to look down on her.

同時に以前よりは余計に、彼女に同情を寄せる事ができた。

At the same time, she was even more sympathetic than before.

 お延にはまたお延で波瀾後の変化が起りつつあった。

Ono was also undergoing a turbulent change.

今までかつてこういう態度で夫に向った事のない彼女は、一気に津田の弱点を衝く方に心を奪われ過ぎたため、ついぞ露わした事のない自分の弱点を、かえって夫に示してしまったのが、何より先に残念の種になった。

Until now she never turned to her husband with such an attitude, she was so depressed by those who hit Tsuda's weaknesses at a stretch, so she showed her weakness that she never exposed. But first of all, it became a pity.

夫に愛されたいばかりの彼女には平常からわが腕に依頼する信念があった。

She, who just wanted to be loved by her husband, had a belief that she would normally rely on her arm.

自分は自分の見識を立て通して見せるという覚悟があった。

I was prepared to show my insights.

もちろんその見識は複雑とは云えなかった。

Of course, his insight was not complicated.

夫の愛が自分の存在上、いかに必要であろうとも、頭を下げて憐みを乞うような見苦しい真似はできないという意地に過ぎなかった。

No matter how much her husband's love was necessary for her existence, she was nothing more than an unsightly imitation of bowing down and begging for mercy.

もし夫が自分の思う通り自分を愛さないならば、腕の力で自由にして見せるという堅い決心であった。

If her husband did not love her as she wanted, she was determined to show her freedom with her arms.

のべつにこの決心を実行して来た彼女は、つまりのべつに緊張していると同じ事であった。

She who had carried out this decision on the other side was the same as being nervous about the other side.

そうしてその緊張の極度はどこかで破裂するにきまっていた。

Then the extremes of the tension were going to burst somewhere.

破裂すれば、自分で自分の見識をぶち壊すのと同じ結果に陥いるのは明暸であった。

It was clear that if it burst, it would have the same effect as breaking your own insights.

不幸な彼女はこの矛盾に気がつかずに邁進した。

Unfortunately she struggled without noticing this contradiction.

それでとうとう破裂した。

So it finally burst.

破裂した後で彼女はようやく悔いた。

After the rupture she finally repented.

仕合せな事に自然は思ったより残酷でなかった。

Nature was less cruel than I expected.

彼女は自分の弱点を浚け出すと共に一種の報酬を得た。

She drew her weaknesses and earned a kind of reward.

今までどんなに勝ち誇っても物足りた例のなかった夫の様子が、少し変った。

The situation of my husband, who had never been satisfactory no matter how triumphed so far, has changed a little.

彼は自分の満足する見当に向いて一歩近づいて来た。

He came one step closer to his satisfied sights.

彼は明らかに妥協という字を使った。

He clearly used the word compromise.

その裏に彼女の根限り掘り返そうと力めた秘密の潜在する事を暗に自白した。

Behind her, she implicitly confessed the secret potential of her efforts to dig as far as her roots.

自白?

confession?

.

彼女はよく自分に念を押して見た。

She often looked at herself.

そうしてそれが黙認に近い自白に違いないという事を確かめた時、彼女は口惜しがると同時に喜こんだ。

She rejoiced as well as rejoiced when she confirmed that it must be a confession close to consent.

彼女はそれ以上夫を押さなかった。

She did not push her husband any more.

津田が彼女に対して気の毒という念を起したように、彼女もまた津田に対して気の毒という感じを持ち得たからである。

Just as Tsuda felt sorry for her, she could also feel sorry for Tsuda.

百五十一

One hundred fifty-one

 けれども自然は思ったより頑愚であった。

But nature was more stubborn than I thought.

二人はこれだけで別れる事ができなかった。

They couldn't break up with this alone.

妙な機みからいったん収まりかけた風波がもう少しで盛り返されそうになった。

The wind wave that had once settled down from a strange moment was about to be revived.

 それは昂奮したお延の心持がやや平静に復した時の事であった。

It was a time when the enthusiasm of Nobun was restored to a little calm.

今切り抜けて来た波瀾の結果はすでに彼女の気分に働らきかけていた。

The turbulent results that have come through now have already worked on her mood.

酔を感ずる人が、その酔を利用するような態度で彼女は津田に向った。

She turned to Tsuda in a manner that drunken people took advantage of the drunkenness.