文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8752-8825)/11494

「気の毒だとも可哀相だとも思って下さらないんです」

"I don't feel sorry or poor."

「気の毒だとも、可哀相だとも……」

"I'm sorry or poor ..."

 これだけ繰り返した津田はいったん塞えた。

津 Tsuda who repeated just this was once closed.

その後で継ぎ足した文句はむしろ蹣跚として揺めいていた。

The complaint that was added after that was rather shaking as a gurumi.

「思って下さらないたって。

"I don't want to think.

――いくら思おうと思っても。

――No matter how much you think.

――思うだけの因縁があれば、いくらでも思うさ。

――If you have as many reasons as you want, you can do whatever you want.

しかしなけりゃ仕方がないじゃないか」

But I have no choice but to do it. ''

 お延の声は緊張のために顫えた。

延 Onobu's voice was trembling due to tension.

「あなた。

"you.

あなた」

you"

 津田は黙っていた。

Tsuda was silent.

「どうぞ、あたしを安心させて下さい。

"Please reassure me.

助けると思って安心させて下さい。

Please feel relieved to help.

あなた以外にあたしは憑りかかり所のない女なんですから。

I am a woman with no possession except you.

あなたに外されると、あたしはそれぎり倒れてしまわなければならない心細い女なんですから。

If you take me off, I'm a delicate woman who has to fall down.

だからどうぞ安心しろと云って下さい。

So please be assured.

たった一口でいいから安心しろと云って下さい」

Just say a bite and say safe. "

 津田は答えた。

Tsuda replied.

「大丈夫だよ。

"It's okay.

安心おしよ」

You can feel safe. "

「本当?」

"For real?"

「本当に安心おしよ」

"Really safe"

 お延は急に破裂するような勢で飛びかかった。

Ono jumped with a burst of force.

「じゃ話してちょうだい。

"Tell me, please.

どうぞ話してちょうだい。

Please tell me.

隠さずにみんなここで話してちょうだい。

Please tell everyone here without hiding.

そうして一思いに安心させてちょうだい」

Then please give me peace of mind. ''

 津田は面喰った。

Tsuda craved.

彼の心は波のように前後へ揺き始めた。

His heart began to wave back and forth like a wave.

彼はいっその事思い切って、何もかもお延の前に浚け出してしまおうかと思った。

He took the plunge further and wondered if he could bleed everything before the delay.

と共に、自分はただ疑がわれているだけで、実証を握られているのではないとも推断した。

At the same time, he concluded that he was merely suspicious, not a demonstration.

もしお延が事実を知っているなら、ここまで押して来て、それを彼の顔に叩きつけないはずはあるまいとも考えた。

If Nobun knew the fact, he thought he couldn't push it here and hit it on his face.

 彼は気の毒になった。

He was sorry.

同時に逃げる余地は彼にまだ残っていた。

There was still room for him to escape at the same time.

道義心と利害心が高低を描いて彼の心を上下へ動かした。

Morality and interest moved his mind up and down, drawing highs and lows.

するとその片方に温泉行の重みが急に加わった。

Then the weight of the hot spring line suddenly added to one of them.

約束を断行する事は吉川夫人に対する彼の義務であった。

It was his duty to Mrs. Yoshikawa to break his promise.

必然から起る彼の要求でもあった。

It was his request that came out of necessity.

少くともそれを済ますまで打ち明けずにいるのが得策だという気が勝を制した。

At least, it was a good idea to stay confidential until it was done.

「そんなくだくだしい事を云ってたって、お互いに顔を赤くするだけで、際限がないから、もう止そうよ。

"Even if you're saying such a terrible thing, you just turn each other's faces red and there's no end, so let's stop it.

その代りおれが受け合ったらいいだろう」

I hope I accept it instead. ''

「受け合うって」

"I accept each other"

「受け合うのさ。

"I'll take it.

お前の体面に対して、大丈夫だという証書を入れるのさ」

Put a certificate in your body that you're okay. ''

「どうして」

"why"

「どうしてって、ほかに証文の入れようもないから、ただ口で誓うのさ」

"Why don't you put any other deeds, just swear by mouth."

 お延は黙っていた。

延 Nobun was silent.

「つまりお前がおれを信用すると云いさえすれば、それでいいんだ。

"In other words, as long as you trust me, that's fine.

万一の場合が出て来た時は引き受けて下さいって云えばいいんだ。

Just say that you should take care of it in case something goes wrong.

そうすればおれの方じゃ、よろしい受け合ったと、こう答えるのさ。

Then I would say, "I'm glad you accepted it."

どうだねその辺のところで妥協はできないかね」

How can we make a compromise there? "

百五十

Hundred and fifty

 妥協という漢語がこの場合いかに不釣合に聞こえようとも、その時の津田の心事を説明するには極めて穏当であった。

No matter how disproportionate the Chinese word, compromise, sounds in this case, it was extremely reasonable to explain Tsuda's spirit at that time.

実際この言葉によって代表される最も適切な意味が彼の肚にあった事はたしかであった。

Indeed, it was certain that the most pertinent meaning represented by this word was in his head.

明敏なお延の眼にそれが映った時、彼女の昂奮はようやく喰いとめられた。

Her excitement was finally eaten when it appeared in the eyes of Nobun.

感情の潮がまだ上りはしまいかという掛念で、暗に頭を悩ませていた津田は助かった。

Tsuda, who was impatiently embarrassed with the feeling that the emotional tide was still rising, was saved.

次の彼には喰いとめた潮の勢を、反対な方向へ逆用する手段を講ずるだけの余裕ができた。

The next time he had enough time to take steps to reverse the tide he had devoured in the opposite direction.

彼はお延を慰めにかかった。

He comforted Enno.

彼女の気に入りそうな文句を多量に使用した。

I used a lot of complaints that she seemed to like.

沈着な態度を外部側にもっている彼は、また臨機に自分を相手なりに順応させて行く巧者も心得ていた。

He had a restful attitude on the outside, and he knew a skilled man who would adapt himself to his opponent.

彼の努力ははたして空しくなかった。

His efforts were not vacant.

お延は久しぶりに結婚以前の津田を見た。

Nobu saw Tsuda before his marriage after a long absence.

婚約当時の記憶が彼女の胸に蘇えった。

The memories of the engagement revived in her chest.

「夫は変ってるんじゃなかった。

"My husband wasn't changing.

やっぱり昔の人だったんだ」

After all it was an old person. ''

 こう思ったお延の満足は、津田を窮地から救うに充分であった。

お The satisfaction of Ennobu who thought this way was enough to save Tsuda from the hardship.

暴風雨になろうとして、なり損ねた波瀾はようやく収まった。

The storm that had failed to make up for the storm has finally subsided.

けれども事前の夫婦は、もう事後の夫婦ではなかった。

But the former couple was no longer a later couple.

彼らはいつの間にか吾知らず相互の関係を変えていた。

Unexpectedly, they were changing each other's relationships.

 波瀾の収まると共に、津田は悟った。

と 共 に At the same time, Tsuda realized.

「畢竟女は慰撫しやすいものである」

"A woman who is convinced is easy to comfort"

 彼は一場の風波が彼に齎したこの自信を抱いてひそかに喜こんだ。

He secretly rejoiced with the confidence that the wind storm brought him.

今までの彼は、お延に対するごとに、苦手の感をどこかに起さずにいられた事がなかった。

Until now, he has never been able to avoid feeling bad at some point, as opposed to Eno.