文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8620-8688)/11494

 彼女は前後の関係から、思量分別の許す限り、全身を挙げてそこへ拘泥らなければならなかった。

She had to stick up with her whole body, as long as she could reasonably discriminate, from the context.

それが彼女の自然であった。

That was her nature.

しかし不幸な事に、自然全体は彼女よりも大きかった。

Unfortunately, the whole nature was bigger than her.

彼女の遥か上にも続いていた。

It continued far above her.

公平な光りを放って、可憐な彼女を殺そうとしてさえ憚からなかった。

Even with a fair light, she didn't even fancy trying to kill her pretty girl.

 彼女が一口拘泥るたびに、津田は一足彼女から退ぞいた。

た び Every time she bite, Tsuda retreated from her.

二口拘泥れば、二足|退いた。

With two bites, I retired.

拘泥るごとに、津田と彼女の距離はだんだん増して行った。

With each detention, the distance between Tsuda and her gradually increased.

大きな自然は、彼女の小さい自然から出た行為を、遠慮なく蹂躙した。

The great nature has freely violated her departure from nature.

一歩ごとに彼女の目的を破壊して悔いなかった。

At each step she destroyed her purpose and did not regret.

彼女は暗にそこへ気がついた。

She noticed it implicitly.

けれどもその意味を悟る事はできなかった。

But I couldn't understand the meaning.

彼女はただそんなはずはないとばかり思いつめた。

She just stared at the idea that it shouldn't be.

そうしてついにまた心の平静を失った。

At last he lost his peace of mind.

「あたしがこれほどあなたの事ばかり考えているのに、あなたはちっとも察して下さらない」

"I'm thinking so much about you, but you don't care."

 津田はやりきれないという顔をした。

Tsuda made a face that she couldn't do.

「だからおれは何にもお前を疑ってやしないよ」

"So I won't doubt you anything."

「当り前ですわ。

"It's natural.

この上あなたに疑ぐられるくらいなら、死んだ方がよっぽどましですもの」

If you are more suspicious than this, dead is better. "

「死ぬなんて大袈裟な言葉は使わないでもいいやね。

"You don't have to use exaggerated words to die.

第一何にもないじゃないか、どこにも。

The first is nothing, nowhere.

もしあるなら云って御覧な。

See if you have any.

そうすればおれの方でも弁解もしようし、説明もしようけれども、初手から根のない苦情じゃ手のつけようがないじゃないか」

That way, I'll try to make an excuse and explain it, but it's no use for a complaint that has no root from the beginning. ''

「根はあなたのお腹の中にあるはずですわ」

"The roots should be in your stomach."

「困るなそれだけじゃ。

"That's not a problem.

――お前小林から何かしゃくられたね。

――Your Kobayashi made something fun.

きっとそうに違ない。

Surely not.

小林が何を云ったかそこで話して御覧よ。

Look there and talk about what Kobayashi said.

遠慮は要らないから」

I do n’t need to be shy. ”

百四十八

One hundred and forty-eight

 津田の言葉つきなり様子なりからして、お延は彼の心を明暸に推察する事ができた。

Based on Tsuda's words and appearance, Ono was able to infer his mind clearly.

――夫は彼の留守に小林の来た事を苦にしている。

-My husband is suffering from Kobayashi's coming to his absence.

その小林が自分に何を話したかをなお気に病んでいる。

I'm still sick of what Kobayashi told me.

そうしてその話の内容は、まだ判然掴んでいない。

And I haven't really grasped the story yet.

だから鎌をかけて自分を釣り出そうとする。

So I try to catch myself with a scythe.

 そこに明らかな秘密があった。

There was a clear secret there.

材料として彼女の胸に蓄わえられて来たこれまでのいっさいは、疑もなく矛盾もなく、ことごとく同じ方角に向って注ぎ込んでいた。

Everything that had been stored in her chest as a material, without doubt and without contradiction, was poured all the way in the same direction.

秘密は確実であった。

The secret was certain.

青天白日のように明らかであった。

It was as clear as a blue sky.

同時に青天白日と同じ事で、どこにもその影を宿さなかった。

At the same time, it was the same as the blue sky day, and it did not cast its shadow anywhere.

彼女はそれを見つめるだけであった。

She just stared at it.

手を出す術を知らなかった。

I didn't know how to do it.

 悩乱のうちにまだ一分の商量を余した利巧な彼女は、夫のかけた鎌を外さずに、すぐ向うへかけ返した。

の う ち Skillful she, who still had more than a minute of business in the turbulence, returned immediately without removing her sickle.

「じゃ本当を云いましょう。

"Let's say the truth.

実は小林さんから詳しい話をみんな聴いてしまったんです。

In fact, I heard every detail from Kobayashi-san.

だから隠したってもう駄目よ。

So you can't hide it.

あなたもずいぶんひどい方ね」

You're too bad. ''

 彼女の云い草はほとんどでたらめに近かった。

She was almost a bullshit.

けれどもそれを口にする気持からいうと、全くの真剣沙汰と何の異なるところはなかった。

But from the point of view of saying it, it was nothing different from serious seriousness.

彼女は熱を籠めた語気で、津田を「ひどい方」と呼ばなければならなかった。

She had to call Tsuda "the terrible one" because of her passion.

 反響はすぐ夫の上に来た。

The responsibilities came immediately above her husband.

津田はこのでたらめの前に退避ろぐ気色を見せた。

Tsuda showed a tendency to evacuate before this bullshit.

お秀の所で遣り損なった苦い経験にも懲りず、また同じ冒険を試みたお延の度胸は酬いられそうになった。

He was relieved of the bitter experience he had missed in excellence, and was relieved of his enthusiasm for trying the same adventure.

彼女は一躍して進んだ。

She made a leap forward.

「なぜこうならない前に、打ち明けて下さらなかったんです」

"Before this happened, I didn't confide and give it away."

「こうならない前」という言葉は曖昧であった。

The word "before this did not happen" was ambiguous.

津田はその意味を捕捉するに苦しんだ。

Tsuda struggled to capture that meaning.

肝心のお延にはなお解らなかった。

I still didn't know the point.

だから訊かれても説明しなかった。

So I didn't explain when asked.

津田はただぼんやりと念を押した。

Tsuda just reluctantly reminded her.

「まさか温泉へ行く事をいうんじゃあるまいね。

"I don't mean it's going to go to a hot spring.

それが不都合だと云うんなら、やめても構わないが」

If you find it inconvenient, you can stop it. ''

 お延は意外な顔をした。

延 Ono looked unexpected.

「誰がそんな無理をいうもんですか。

"Who is that impossible?

会社の方の都合がついて、病後の身体を回復する事ができれば、それほど結構な事はないじゃありませんか。

Wouldn't it be all that great if we could recover after the illness with the convenience of the company?

それが悪いなんてむちゃくちゃを云い募るあたしだと思っていらっしゃるの、馬鹿らしい。

You think that it's bad to call me crazy, it sounds stupid.

ヒステリーじゃあるまいし」

It's not hysteria. "

「じゃ行ってもいいかい」

"Can I go?"

「よござんすとも」と云った時、お延は急に袂から手帛を出して顔へ当てたと思うと、しくしく泣き出した。

When she said, "I'm not sure," she suddenly cried when she thought she had put her hand on her face and put it on her face.