文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8565-8619)/11494

「あたしは奥さんが電車に乗っていらしった事までちゃんと知ってるのよ」

"I know exactly how his wife got on the train."

 津田はまた驚ろいた。

Tsuda was surprised again.

ことによると自動車が大通りに待っていたのかも知れないと思っただけで、彼は夫人の乗物にそれ以上細かい注意を払わなかった。

He didn't pay any more attention to Mrs.'s vehicle, just thinking that the car might have been waiting on the avenue.

「お前どこかで会ったのかい」

"Did you meet somewhere?"

「いいえ」

"No"

「じゃどうして知ってるんだ」

"Why do you know?"

 お延は答える代りに訊き返した。

延 Onno asked instead of answering.

「奥さんは何しにいらしったんです」

"What did your wife come to?"

 津田は何気なく答えた。

Tsuda replied casually.

「そりゃ今話そうと思ってたところだ。

"I was just thinking about talking now.

――しかし誤解しちゃ困るよ。

――But it's hard to misunderstand.

小林はたしかに来たんだからね。

Kobayashi certainly came.

最初に小林が来て、その後へ奥さんが来たんだ。

Kobayashi came first, then his wife.

だからちょうど入れ違になった訳だ」

That's why they were just misplaced. ''

百四十七

One hundred forty-seven

 お延は夫より自分の方が急き込んでいる事に気がついた。

延 Nobun noticed that he was rushing more than his husband.

この調子で乗しかかって行ったところで、夫はもう圧し潰されないという見切をつけた時、彼女は自分の破綻を出す前に身を翻がえした。

Riding in this vein, she turned to herself before she broke herself when she decided that her husband would no longer be crushed.

「そう、そんならそれでもいいわ。

"Yes, that's fine.

小林さんが来たって来なくったって、あたしの知った事じゃないんだから。

I don't know that Kobayashi-san came and didn't come.

その代り吉川の奥さんの用事を話して聴かしてちょうだい。

Instead, please talk and listen to Yoshikawa's wife's business.

無論ただのお見舞でない事はあたしにも判ってるけれども」

Of course, I know it's not just a visit, ''

「といったところで、大した用事で来た訳でもないんだよ。

"I don't mean I came here for big business.

そんなに期待していると、また聴いてから失望するかも知れないから、ちょっと断っとくがね」

If you expect so much, you may be disappointed after listening again, so I'm a bit off.

「構いません、失望しても。

"I'm OK, I'm disappointed.

ただありのままを伺いさえすれば、それで念晴しになるんだから」

Just ask them as they are and it'll be a blast. ''

「本来が見舞で、用事はつけたりなんだよ、いいかね」

"I'm really going to visit, I'm going to do errands.

「いいわ、どっちでも」

"Either way, either."

 津田は夫人の齎した温泉行の助言だけをごく淡泊り話した。

Mr. Tsuda talked only about the advice of his hot spring from his wife.

お延にお延流の機略がある通り、彼には彼相当の懸引があるので、都合の悪いところを巧みに省略した、誰の耳にも真卒で合理的な説明がたやすく彼の口からお延の前に描き出された。

He has a lot of traction, just as there is a trick of arriving, so he has cleverly omitted the inconvenient places, and is easy for anyone to be serious and rational. Painted from his mouth before Enno.

彼女は表向それに対して一言の非難を挟さむ余地がなかった。

She ostensibly had no room for a word of blame.

 ただ落ちつかないのは互の腹であった。

It was our mutual belly that we couldn't rest.

お延はこの単純な説明を透して、その奥を覗き込もうとした。

Nobun tried to look into the interior through this simple explanation.

津田は飽くまでもそれを見せまいと覚悟した。

Tsuda decided not to show it to the end.

極めて平和な暗闘が度胸比べと技巧比べで演出されなければならなかった。

An extremely peaceful dark fight had to be produced with courage and skill.

しかし守る夫に弱点がある以上、攻める細君にそれだけの強味が加わるのは自然の理であった。

However, as the guardian's husband has weaknesses, it is a natural reason that the attacking Hoi-kun adds that much strength.

だから二人の天賦を度外において、ただ二人の位地関係から見ると、お延は戦かわない先にもう優者であった。

So, looking at their natural gifts and looking at them from the standpoint of relationship, Onobu was already a superior before fighting.

正味の曲直を標準にしても、競り合わない前に、彼女はすでに勝っていた。

She had already won before even competing, even if she had standardized the net tune.

津田にはそういう自覚があった。

Tsuda had such awareness.

お延にもこれとほぼ同じ意味で大体の見当がついていた。

He had almost the same meaning in almost the same way.

 戦争は、この内部の事実を、そのまま表面へ追い出す事ができるかできないかで、一段落つかなければならない道理であった。

The war was a reason that had to be settled, depending on whether this internal fact could be driven to the surface as it was or not.

津田さえ正直ならばこれほどたやすい勝負はない訳でもあった。

Even if Tsuda was honest, there was no such easy game.

しかしもし一点不正直なところが津田に残っているとすると、これほどまた落し悪い城はけっしてないという事にも帰着した。

However, if one dishonesty remains in Tsuda, it also means that there has never been a bad castle.

気の毒なお延は、否応なしに津田を追い出すだけの武器をまだ造り上げていなかった。

Sorry, Nobu had not yet built a weapon that would only drive Tsuda out of necessity.

向うに開門を逼るよりほかに何の手段も講じ得ない境遇にある現在の彼女は、結果から見てほとんど無能力者と択ぶところがなかった。

Now she is in a situation where she can take no other means than opening her doors, and her results have made her almost incompetent.

 なぜ心に勝っただけで、彼女は美くしく切り上げられないのだろうか。

Why can't she be beautifully rounded up just by winning her heart?

なぜ凱歌を形の上にまで運び出さなければ気がすまないのだろうか。

Why don't you feel sorry if you don't carry the kaika to the top of the shape?

今の彼女にはそんな余裕がなかったのである。

Now she couldn't afford it.

この勝負以上に大事なものがまだあったのである。

There was still something more important than this game.

第二第三の目的をまだ後に控えていた彼女は、ここを突き破らなければ、その後をどうする訳にも行かなかったのである。

She had not yet reached her second and third purpose, and had to break through here to do nothing.

 それのみか、実をいうと、勝負は彼女にとって、一義の位をもっていなかった。

That's all, in fact, the game didn't have a unique place for her.

本当に彼女の目指すところは、むしろ真実相であった。

What she really wanted was the truth.

夫に勝つよりも、自分の疑を晴らすのが主眼であった。

Rather than beating her husband, she focused on clearing her own doubts.

そうしてその疑いを晴らすのは、津田の愛を対象に置く彼女の生存上、絶対に必要であった。

Clearing that suspicion was absolutely necessary for her survival, targeting Tsuda's love.

それ自身がすでに大きな目的であった。

It was already a major goal.

ほとんど方便とも手段とも云われないほど重い意味を彼女の眼先へ突きつけていた。

She had a meaning that was so heavy that she could hardly be called a means or a means.