文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8486-8564)/11494

せっかく来たんだから」

I came here all the time. ''

「お前はそれを聴きに来たのかい」

"Did you come to listen to it?"

「ええ」

"Yes"

「わざわざ?」

"Are you bother?"

「ええ」

"Yes"

 お延はどこまで行っても動かなかった。

Nobu didn't move anywhere.

相手の手剛さを悟った時、津田は偶然好い嘘を思いついた。

When Tsuda realized his opponent's fortitude, Tsuda came up with a good lie.

「実は小林が来たんだ」

"In fact, Kobayashi has come."

 小林の二字はたしかにお延の胸に反響した。

Kobayashi's two-letters did echo in Nobun's heart.

しかしそれだけではすまなかった。

But that was not enough.

彼はお延を満足させるために、かえってそこを説明してやらなければならなくなった。

He had to explain it to satisfy Enno.

百四十六

One hundred and forty six

「小林なんかに逢うのはお前も厭だろうと思ってね。

"I think you would be willing to meet Kobayashi.

それで気がついたからわざわざ知らしてやったんだよ」

So I realized that I knew it. ''

 こう云ってもお延はまだ得心した様子を見せなかったので、津田はやむをえず慰藉の言葉を延ばさなければならなかった。

After all, Nobu still didn't seem to be convinced, so Tsuda had to extend the words of consolation.

「お前が厭でないにしたところで、おれが厭なんだ、あんな男にお前を合わせるのは。

"If you're willing, I'm sorry, you're going to meet that guy.

それにあいつがまたお前に聴かせたくないような厭な用事を持ち込んで来たもんだからね」

And he brought me a bad job that I didn't want you to hear again. ''

「あたしの聴いて悪い用事?

"Is it a bad business to listen to?

 じゃお二人の間の秘密なの?」

Is it a secret between you two? "

「そんな訳のものじゃないよ」と云った津田は、自分の上に寸分の油断なく据えられたお延の細い眼を見た時に、周章てて後を付け足した。

Tsuda said, "That's not the case," and when he saw the thin eyes of Nobun standing on his own, he added a wraparound.

「また金を強乞りに来たんだ。

"I came to beg for money again.

ただそれだけさ」

That's it. "

「じゃあたしが聴いてなぜ悪いの」

"Why am I listening so bad?"

「悪いとは云やしない。

"I don't say bad.

聴かせたくないというまでさ」

I don't want to hear it. "

「するとただ親切ずくで寄こして下すった手紙なのね、これは」

"Then, it's just a kind letter I gave you, this is it."

「まあそうだ」

"Well so."

 今まで夫に見入っていたお延の細い眼がなお細くなると共に、微かな笑が唇を洩れた。

延 As her thin eyes, which she had been watching her husband, became thinner, her laugh leaked.

「まあありがたい事」

"Well thankful"

 津田は澄ましていられなくなった。

Tsuda can no longer be clear.

彼は用意を欠いた文句を択り除ける余裕を失った。

He couldn't afford the choices he had made.

「お前だって、あんな奴に会うのは厭なんじゃないか」

"Isn't you willing to meet that guy?"

「いいえ、ちっとも」

"No, not at all"

「そりゃ嘘だ」

"That's a lie."

「どうして嘘なの」

"Why are you lying?"

「だって小林は何かお前に云ったそうじゃないか」

"Because Kobayashi said something to you."

「ええ」

"Yes"

「だからさ。

"That's right.

それでお前もあいつに会うのは厭だろうと云うんだ」

And I'm willing to meet him. ''

「じゃあなたはあたしが小林さんからどんな事を聴いたか知っていらっしゃるの」

"So you know what I heard from Kobayashi-san?"

「そりゃ知らないよ。

"I don't know.

だけどどうせあいつのことだから碌な事は云やしなかろう。

But since it's about him anyway, I won't let you know what's right.

いったいどんな事を云ったんだ」

What did you say? "

 お延は口へ出かかった言葉を殺してしまった。

延 Ono killed the words that came to his mouth.

そうして反問した。

Then he refuted.

「ここで小林さんは何とおっしゃって」

"What did Kobayashi say here?"

「何とも云やしないよ」

"I won't say anything."

「それこそ嘘です。

"That's a lie.

あなたは隠していらっしゃるんです」

You're hiding. ''

「お前の方が隠しているんじゃないかね。

"I guess you're hiding.

小林から好い加減な事を云われて、それを真に受けていながら」

Kobayashi says good things about him, and he truly receives them. ''

「そりゃ隠しているかも知れません。

"That may be hiding.

あなたが隠し立てをなさる以上、あたしだって仕方がないわ」

I can't help but hiding you. ''

 津田は黙った。

Tsuda was silent.

お延も黙った。

I was silent.

二人とも相手の口を開くのを待った。

Both waited to open their mouth.

しかしお延の辛防は津田よりも早く切れた。

However, Onno-no-Sho broke off earlier than Tsuda.

彼女は急に鋭どい声を出した。

She suddenly shouted.

「嘘よ、あなたのおっしゃる事はみんな嘘よ。

"Lie, everything you say is a lie.

小林なんて人はここへ来た事も何にもないのに、あなたはあたしをごまかそうと思って、わざわざそんな拵え事をおっしゃるのよ」

Kobayashi has nothing to do here, but you're trying to cheat me, and you're bothersome about doing that. "

「拵えたって、別におれの利益になる訳でもなかろうじゃないか」

"I guess it doesn't mean it's a benefit for me."

「いいえほかの人が来たのを隠すために、小林なんて人を、わざわざ引張り出すにきまってるわ」

"No, Kobayashi has to pull people out to hide others from coming."

「ほかの人?

"another person?

 ほかの人とは」

は With other people "

 お延の眼は床の上に載せてある楓の盆栽に落ちた。

延 Onno's eyes fell on the maple bonsai on the floor.

「あれはどなたが持っていらしったんです」

"That's who took it."

 津田は失敗ったと思った。

Tsuda thought he had failed.

なぜ早く吉川夫人の来た事を自白してしまわなかったかと後悔した。

I regretted why I did not confess early that Mrs. Yoshikawa came.

彼が最初それを口にしなかったのは分別の結果であった。

He didn't say it at first, but it was a result of discretion.

話すのに訳はなかったけれども、夫人と相談した事柄の内容が、お延に対する彼を自然臆病にしたので、気の咎める彼は、まあ遠慮しておく方が得策だろうと思案したのである。

He had no reason to speak, but the matter he had consulted with his wife made him a natural timid to Onobu, so he felt guilty that he thought it would be better to refrain from doing so.

 盆栽をふり返った彼が吉川夫人の名を云おうとして、ちょっと口籠った時、お延は機先を制した。

っ た When he looked back at the bonsai and tried to mention Mrs. Yoshikawa's name, when he was a little nervous, Ono took the lead.

「吉川の奥さんがいらしったじゃありませんか」

"Isn't Yoshikawa's wife here?"

 津田は思わず云った。

Tsuda said unintentionally.

「どうして知ってるんだ」

"Why do you know?"

「知ってますわ。

"I know.

そのくらいの事」

That much "

 お延の様子に注意していた津田はようやく度胸を取り返した。

津 Tsuda, who was careful about Nobun's appearance, finally recovered his courage.

「ああ来たよ。

"Oh, I came.

つまりお前の予言があたった訳になるんだ」

In other words, your prediction has come true. "