文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8402-8485)/11494

「でも毎日女の方ばかりいらっしゃいますね。

"But there are always women every day.

よっぽど間がいいと見えて」

It looks like it's good time. ''

 彼女は小林の来た事を知らないらしかった。

She didn't know that Kobayashi had come.

「昨日いらしった奥さんは大変お綺麗ですね」

"The wife who came yesterday is very beautiful."

「あんまり綺麗でもないよ。

"It's not very beautiful.

あいつは僕の妹だからね。

He's my sister.

どこか似ているかね、僕と」

Is it similar somewhere, with me? "

 看護婦は似ているとも似ていないとも答えずに、やっぱりにやにやしていた。

Nurses did not answer that they were similar or dissimilar, but they were still doing it.

百四十五

One hundred and forty-five

 それは看護婦にとって意外な儲け日であった。

It was an unexpected profit day for nurses.

下痢の気味でいつもの通り診察場に出られなかった医者に、代理を頼まれた彼の友人は、午前の都合を付けてくれただけで、午後から夜へかけての時間には、もう顔を出さなかった。

His friend, who was asked to be replaced by a doctor who could not go to the consultation as usual because of diarrhea, only gave me the morning convenience, and by the afternoon to night, it was no longer Did not show his face.

「今日は当直だから晩には来られないんだそうです」

"I can't come in the evening because I'm on duty today."

 彼女はこう云って、不断のような忙がしい様子をどこにも見せずに、ゆっくり津田の膳の前に坐っていた。

っ て She said, sitting in front of Tsuda's table slowly, showing nowhere seemingly busy.

 退屈凌ぎに好い相手のできた気になった津田の舌には締りがなかった。

津 Tsuda's tongue, which was anxious to have a good opponent for boredom, had no tightness.

彼は面白半分いろいろな事を訊いた。

He asked a lot of interesting things.

「君の国はどこかね」

"Where is your country?"

「栃木県です」

"It's Tochigi Prefecture"

「なるほどそう云われて見ると、そうかな」

"I see if you say so, I guess."

「名前は何と云ったっけね」

"What's the name?"

「名前は知りません」

"I don't know the name"

 看護婦はなかなか名前を云わなかった。

The nurse didn't say a name.

津田はそこに発見された抵抗が愉快なので、わざわざ何遍も同じ事を繰り返して訊いた。

Tsuda was so pleased with the resistance that was found there, and repeatedly asked the same thing repeatedly.

「じゃこれから君の事を栃木県、栃木県って呼ぶよ。

"I'll call you Tochigi Prefecture or Tochigi Prefecture.

いいかね」

Is it good? "

「ええよござんす」

"Yes, I'm sorry."

 彼女の名前の頭文字はつであった。

名 前 The first letter of her name was one.

「露か」

"Dew?"

「いいえ」

"No"

「なるほど露じゃあるまいな。

"I think it's dew.

じゃ土か」

Is it soil? "

「いいえ」

"No"

「待ちたまえよ、露でもなし、土でもないとすると。

"Wait, no dew, no earth.

――ははあ、解った。

-Haha, I understand.

つやだろう。

It will be shiny.

でなければ、常か」

If not, always? "

 津田はいくらでもでたらめを云った。

Tsuda said a lot of bullshit.

云うたびに看護婦は首を振って、にやにや笑った。

Each time she said, she shook her head and smiled.

笑うたびに、津田はまた彼女を追窮した。

Each time she laughed, Tsuda sought her again.

しまいに彼女の名がつきだと判然った時、彼はこの珍らしい名をまだ弄んだ。

When he finally knew that she was named, he still played with this unusual name.

「お月さんだね、すると。

"The moon, then.

お月さんは好い名だ。

The moon is a good name.

誰が命けた」

Who has lived? "

 看護婦は返答を与える代りに突然逆襲した。

The nurse suddenly struck back instead of giving a reply.

「あなたの奥さんの名は何とおっしゃるんですか」

"What is your wife's name?"

「あてて御覧」

"Delivery view"

 看護婦はわざと二つ三つ女らしい名を並べた後で云った。

(4) The nurse said after intentionally arranging a few feminine names.

「お延さんでしょう」

"Is it Nobun?"

 彼女は旨くあてた。

She hit her well.

というよりも、いつの間にかお延の名を聴いて覚えていた。

Rather, I heard and remembered Nobuno's name.

「お月さんはどうも油断がならないなあ」

"I hope the moon will be careless."

 津田がこう云って興じているところへ、本人のお延がひょっくり顔を出したので、ふり返った看護婦は驚ろいて、すぐ膳を持ったなり立ち上った。

延 Nobu's face turned up in a place where Tsuda was enjoying this, and the nurse turned around was surprised and immediately got up with a table.

「ああ、とうとういらしった」

"Oh, finally!"

 看護婦と入れ代りに津田の枕元へ坐ったお延はたちまち津田を見た。

延 Nobun sat at Tsuda's bedside instead of a nurse and immediately saw Tsuda.

「来ないと思っていらしったんでしょう」

"I guess they didn't come."

「いやそうでもない。

"No, not really.

しかし今日はもう遅いからどうかとも思っていた」

But I was wondering why it's too late today. ''

 津田の言葉に偽りはなかった。

Tsuda's words were true.

お延にはそれを認めるだけの眼があった。

Enno had enough eyes to acknowledge it.

けれどもそうすれば事の矛盾はなお募るばかりであった。

But then the contradictions of the matter were only recruited.

「でも先刻手紙をお寄こしになったのね」

"But you brought in a letter earlier."

「ああやったよ」

"Oh yes!"

「今日来ちゃいけないと書いてあるのね」

"It says you can't come today"

「うん、少し都合の悪い事があったから」

"Yes, because there was something a bit inconvenient."

「なぜあたしが来ちゃ御都合が悪いの」

"Why am I inconvenient to come?"

 津田はようやく気がついた。

Tsuda finally noticed.

彼はお延の様子を見ながら答えた。

He answered while watching Nobun.

「なに何でもないんだ。

"It's nothing.

下らない事なんだ」

That's not going down. "

「でも、わざわざ使に持たせてお寄こしになるくらいだから、何かあったんでしょう」

"But there was something about it, as it was just a matter of giving it to the ambassador and bringing it in."

 津田はごまかしてしまおうとした。

Tsuda tried to cheat.

「下らない事だよ。

"Don't go down.

何でまたそんな事を気にかけるんだ。

Why do you care about that again?

お前も馬鹿だね」

You're stupid too. "

 慰藉のつもりで云った津田の言葉はかえって反対の結果をお延の上に生じた。

津 Tsuda's words, intended to be a consolation, had rather the opposite effect.

彼女は黒い眉を動かした。

She moved her black eyebrows.

無言のまま帯の間へ手を入れて、そこから先刻の書翰を取り出した。

He put his hand in the space without saying a word, and took out the earlier call from there.

「これをもう一遍見てちょうだい」

"Let's see this all over again."

 津田は黙ってそれを受け取った。

Tsuda silently received it.

「別段何にも書いちゃないじゃないか」と云った時、彼の腹はようやく彼の口を否定した。

When he said, "I guess I couldn't write anything else," his belly finally denied his mouth.

手紙は簡単であった。

The letter was simple.

けれどもお延の疑いを惹くには充分であった。

But it was enough to raise doubts about Onobu.

すでに疑われるだけの弱味をもっている彼は、やり損なったと思った。

Already weak enough to be suspected, he thought he had failed.

「何にも書いてないから、その理由を伺うんです」とお延は云った。

"I'm not writing anything, I'll ask you why," said Nobu.

「話して下すってもいいじゃありませんか。

"Is it okay to talk?