文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(8116-8172)/11494

その方が先決問題でなければならなかった。

That had to be the first question.

「だから私が今日わざわざここへ来たんじゃありませんか」と夫人が云った時、津田は思わず彼女の顔を見た。

“That's why I came here today,” said Mrs. Tsuda, looking at her face unintentionally.

「実は疾うから、あなたの料簡をよく伺って見たいと思ってたところへね、今朝お秀さんがあの事で来たもんだから、それでちょうど好い機会だと思って出て来たような訳なんですがね」

"In fact, I'm sick, so I went to where I wanted to ask you to see your bill, and because Hideo-san came this morning, it's just like a good opportunity. What is it? "

 腹に支度の整わない津田の頭はただまごまごするだけであった。

津 Tsuda's head, whose stomach was not well-prepared, merely slurped.

夫人はそれを見澄してこういった。

Mrs. watched it and said,

「誤解しちゃいけませんよ。

"Don't get me wrong.

私は私、お秀さんはお秀さんなんだから。

I'm me, and Hide is Hide.

何もお秀さんに頼まれて来たからって、きっとあの方の肩ばかり持つとは限らないぐらいは、あなたにだって解るでしょう。

You'll understand that you won't always have that shoulder just because you've been asked by Hide.

先刻も云った通り、私はこれでもあなたの同情者ですよ」

As I said, I'm still your sympathy. ''

「ええそりゃよく心得ています」

"I know well."

 ここで問答に一区切を付けた夫人は、時を移さず要点に達する第二の段落に這入り込んで行った。

夫 The lady who gave a break to the question and answer crawled into the second paragraph, reaching the point without delay.

「清子さんが今どこにいらっしゃるか、あなた知ってらっしって」

"You know where Kiyoko is now."

「関の所にいるじゃありませんか」

"Are you at Seki?"

「そりゃ不断の話よ。

"That's a constant story.

私のいうのは今の事よ。

I mean now.

今どこにいらっしゃるかっていうのよ。

Where are you now?

東京か東京でないか」

Tokyo or not Tokyo? "

「存じません」

"I don't know."

「あてて御覧なさい」

"Please look at it."

 津田はあてっこをしたってつまらないという風をして黙っていた。

Tsuda was silent, saying that it was boring to play.

すると思いがけない場所の名前が突然夫人の口から点出された。

Then the name of an unexpected place suddenly came out of Mrs. mouth.

一日がかりで東京から行かれるかなり有名なその温泉場の記憶は、津田にとってもそれほど旧いものではなかった。

The memory of the hot spring resort, which is quite famous as it leaves Tokyo for a day, was not so old for Tsuda.

急にその辺の景色を思い出した彼は、ただ「へええ」と云ったぎり、後をいう智恵が出なかった。

He suddenly remembered the scenery around him, and as long as he said, "Hey," he had no wisdom to say later.

 夫人は津田のために親切な説明を加えてくれた。

Mrs. 切 gave a kind explanation for Tsuda.

彼女の云うところによると、目的の人は静養のため、当分そこに逗留しているのであった。

According to her, the person in question was staying there for a while.

夫人は何で静養がその人に必要であるかをさえ知っていた。

Mrs. even knew why recuperation was necessary for him.

流産後の身体を回復するのが主眼だと云って聴かせた夫人は、津田を見て意味ありげに微笑した。

His wife, who told her that the main goal was to recover her body after a miscarriage, saw Tsuda and smiled meaningfully.

津田は腹の中でほぼその微笑を解釈し得たような気がした。

Tsuda felt in her belly almost able to interpret the smile.

けれどもそんな事は、夫人にとっても彼にとっても、目前の問題ではなかった。

But that was not an immediate problem for him or him.

一口の批評を加える気にもならなかった彼は、黙って夫人の聴き手になるつもりでおとなしくしていた。

He didn't want to add a bit of criticism, but he was quiet and quiet, intending to be his wife's listener.

同時に夫人は第三の段落に飛び移った。

At the same time, Mrs. jumped to the third paragraph.

「あなたもいらっしゃいな」

"You're coming too."

 津田の心はこの言葉を聴く前からすでに揺いていた。

Tsuda's heart was already shaking before listening to these words.

しかし行こうという決心は、この言葉を聴いた後でもつかなかった。

But even after hearing these words, I did not decide to go.

夫人は一煽りに煽った。

Mrs. blew up.

「いらっしゃいよ。

"Welcome.

行ったって誰の迷惑になる事でもないじゃありませんか。

Wouldn't it bother anyone to go?

行って澄ましていればそれまででしょう」

If you go and it's clear, it's until then. ''

「それはそうです」

"of course"

「あなたはあなたで始めっから独立なんだから構った事はないのよ。

"You don't care because you are independent from the beginning.

遠慮だの気兼だのって、なまじ余計なものを荷にし出すと、事が面倒になるだけですわ。

If you don't feel like you're out of luck, unloading something extra is just a matter of getting rid of it.

それにあなたの病気には、ここを出た後で、ああいう所へちょっと行って来る方がいいんです。

And for your illness, it's better to go to that kind of place after you get out of here.

私に云わせれば、病気の方だけでも行く必要は充分あると思うんです。

In my opinion, there is enough need to go for sick people alone.

だから是非いらっしゃい。

So come by all means.

行って天然自然来たような顔をして澄ましているんです。

I went and looked like it came from nature.

そうして男らしく未練の片をつけて来るんです」

That's when I come with a piece of manlyness. "

 夫人は旅費さえ出してやると云って津田を促がした。

Mrs. 津 encouraged Tsuda to pay for the trip.

百四十一

One hundred forty-one

 旅費を貰って、勤向の都合をつけて貰って、病後の身体を心持の好い温泉場で静養するのは、誰にとっても望ましい事に違なかった。

貰 It would have been desirable for everyone to receive travel expenses, give them the opportunity to work, and recuperate the body after illness in a comfortable spa.

ことに自己の快楽を人間の主題にして生活しようとする津田には滅多にない誂え向きの機会であった。

In particular, this was a rare opportunity for tailoring to Tsuda who wanted to live on his own pleasures as a human theme.

彼に云わせると、見す見すそれを取り外すのは愚の極であった。

He said, it was a fool to remove it.

しかしこの場合に附帯している一種の条件はけっして尋常のものではなかった。

However, the kind of condition attached in this case was never extraordinary.

彼は顧慮した。

He looked back.

 彼を引きとめる心理作用の性質は一目暸然であった。

性質 The nature of the psychological effect that stopped him was clear at a glance.

けれども彼はその働きの顕著な力に気がついているだけで、その意味を返照する遑がなかった。

But he was only aware of the remarkable powers of his work, and had no repercussions of its meaning.

この点においても夫人の方が、彼自身よりもかえってしっかりした心理の観察者であった。

In this respect, Mrs. was a more firm observer of psychology than himself.

二つ返事で断行を誓うと思った津田のどこか渋っている様子を見た夫人はこう云った。

Mrs. Tsuda, who saw the reluctance of somewhere in Tsuda, who thought she sweared in two replies, said: