文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(7609-7659)/11494

女の挨拶に相当の割引をして見る彼も、そこにはつい気がつかなかったため、彼は自分の前でする夫人のお延評を真に受けると同時に、自分の耳に聴こえるお延の夫人評もまた疑がわなかった。

He saw a considerable discount on the woman's greeting, but he did not even notice it, so he truly received the reputation of Mrs. in front of himself and at the same time heard Mr. Nobu's ear in his ear The reputation was no doubt.

そうしてその評は双方共に美くしいものであった。

The reputation was both beautiful.

 二人の女性が二人だけで心の内に感じ合いながら、今までそれを外に現わすまいとのみ力めて来た微妙な軋轢が、必然の要求に逼られて、しだいしだいに晴れ渡る靄のように、津田の前に展開されなければならなくなったのはこの時であった。

The delicate friction that the two women have felt in their hearts alone and have been trying to show it to the outside until now has been tightened by the inevitable demands, and it gradually clears up gradually It was at this time that the mist had to be deployed before Tsuda.

 津田は夫人に向って云った。

Tsuda told his wife.

「別段大事にするほどの女房でもありませんから、その辺の御心配は御無用です」

"Because it's not a wife you can take care of, you don't need to worry about it."

「いいえそうでないようですよ。

"No, it doesn't.

世間じゃみんなそう思ってますよ」

Everyone in the world thinks so. ''

 世間という仰山な言葉が津田を驚ろかせた。

仰 The astonishing word of the world surprised Tsuda.

夫人は仕方なしに説明した。

Mrs. explained without help.

「世間って、みんなの事よ」

"The world is everyone"

 津田にはそのみんなさえ明暸に意識する事ができなかった。

Tsuda didn't even realize that everyone was clear.

しかし世間だのみんなだのという誇張した言葉を強める夫人の意味は、けっして推察に困難なものではなかった。

However, the meaning of the wife, who exaggerated the exaggerated word of being the world, was never difficult to guess.

彼女はどうしてもその点を津田の頭に叩き込もうとするつもりらしかった。

She was going to hit that point into Tsuda's head.

津田はわざと笑って見せた。

Tsuda laughed on purpose.

「みんなって、お秀の事なんでしょう」

"Everyone is an excellence."

「秀子さんは無論そのうちの一人よ」

"Hideko is one of them"

「そのうちの一人でそうしてまた代表者なんでしょう」

"One of them would be the representative again."

「かも知れないわ」

"Maybe."

 津田は再び大きな声を出して笑った。

Tsuda laughed aloud again.

しかし笑った後ですぐ気がついた。

But I immediately noticed after laughing.

悪い結果になって夫人の上に反響して来たその笑いはもう取り返せなかった。

The laughter that had repercussions over her with bad consequences was irreversible.

文句を云わずに伏罪する事の便宜を悟った彼は、たちまち容ちを改ためた。

Realizing the convenience of condemning without complaining, he immediately changed his guise.

「とにかくこれからよく気をつけます」

"Anyway, I'll be careful."

 しかし夫人はそれでもまだ満足しなかった。

But she was still not satisfied.

「秀子さんばかりだと思うと間違いですよ。

"It's a mistake if you think only Hideko.

あなたの叔父さんや叔母さんも、同なじ考えなんだからそのつもりでいらっしゃい」

Your uncle and aunt are going to do the same thing, so come on! ''

「はあそうですか」

"Are you sure?"

 藤井夫婦の消息が、お秀の口から夫人に伝えられたのも明らかであった。

It was also clear that the Fujii couple's information was communicated to Mrs. from her mouth.

「ほかにもまだあるんです」と夫人がまた付け加えた。

"There are more," Mrs added again.

津田はただ「はあ」と云って相手の顔を見た拍子に、彼の予期した通りの言葉がすぐ彼女の口から洩れた。

When Tsuda just looked at the other person's face, saying, "Hah," the words he expected immediately leaked from her mouth.

「実を云うと、私も皆さんと同なじ意見ですよ」

"Actually, I have the same opinion as you."

 権威ででもあるような調子で、最後にこう云った夫人の前に、彼はもちろん反抗の声を揚げる勇気を出す必要を認めなかった。

In a tone that seemed to be an authority, he did not admit, of course, that before his wife, he needed to have the courage to speak out.

しかし腹の中では同時に妙な思わく違に想いいたった。

But in the belly at the same time it seemed strange and strange.

彼は疑った。

He doubted.

「何でこの人が急にこんな態度になったのだろう。

"Why did this person suddenly become like this?

自分のお延を鄭重に取扱い過ぎるのが悪いといって非難する上に、お延自身をもその非難のうちに含めているのではなかろうか」

I criticize that it's bad to treat my post with Zhengju too much, and I guess he's including himself in that accusation. ''

 この疑いは津田にとって全く新らしいものであった。

This suspicion was completely new to Tsuda.

夫人の本意に到着する想像上の過程を描き出す事さえ彼には困難なくらい新らしいものであった。

Even delineating the imaginary process of arriving at Mrs.'s will was difficult and new to him.

彼はこの疑問に立ち向う前に、まだ自分の頭の中に残っている一つの質問を掛けた。

Before asking this question, he asked one question that still remained in his head.

「岡本さんでも、そんな評判があるんでしょうか」

"Does Okamoto have such a reputation?"

「岡本は別よ。

"Okamoto is another.

岡本の事なんか私の関係するところじゃありません」

Okamoto isn't about me. "

 夫人がすましてこう云い切った時、津田は思わずおやと思った。

When Mrs. Suzuki made a decision, Tsuda thought unwillingly.

「じゃ岡本とあなたの方は別っこだったんですか」という次の問が、自然の順序として、彼の咽喉まで出かかった。

The next question, "Was you different from Okamoto and you?" Went out to his throat in a natural order.

 実を云うと、彼は「世間」の取沙汰通り、お延を大事にするのではなかった。

Actually, he didn't take care of Ono, just as the “public” was.

誤解交りのこの評判が、どこからどうして起ったかを、他に説明しようとすれば、ずいぶん複雑な手数がかかるにしても、彼の頭の中にはちゃんとした明晰な観念があって、それを一々|掌に指す事のできるほどに、事実の縞柄は解っていた。

To explain why this reputation for misunderstandings came from and where else it would take a lot of complexity, but he had a definite idea in his head. The stripes of the fact were known enough to point to each other.

 第一の責任者はお延その人であった。

The first person in charge was the person in charge.

自分がどのくらい津田から可愛がられ、また津田をどのくらい自由にしているかを、最も曲折の多い角度で、あらゆる方面に反射させる手際をいたるところに発揮して憚からないものは彼女に違なかった。

It was no different to her how much she was loved by Tsuda and how much she had freed her, showing her abilities to reflect it in all directions at the most skewed angles.

第二の責任者はお秀であった。

The second person in charge was excellent.

すでに一種の誇張がある彼女の眼を、一種の嫉妬が手伝って染めた。

A kind of jealousy dyed her eyes, which already had a kind of exaggeration.

その嫉妬がどこから出て来るのか津田は知らなかった。

Tsuda did not know where the jealousy came from.