文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(7143-7181)/11494

 お延に比べるとお秀は理窟っぽい女であった。

秀 Compared to Onobu, she was a woman like a cave.

けれどもそういう結論に達するまでには、多少の説明が要った。

However, it took some explanation before reaching such a conclusion.

お延は自分で自分の理窟を行為の上に運んで行く女であった。

Ono was a woman who carried her own caves on the act.

だから平生彼女の議論をしないのは、できないからではなくって、する必要がないからであった。

So he didn't argue with her, not because she couldn't, but because she didn't need to.

その代り他から注ぎ込まれた知識になると、大した貯蓄も何にもなかった。

Instead, there was no significant savings when it came to the knowledge poured in from others.

女学生時代に読み馴れた雑誌さえ近頃は滅多に手にしないくらいであった。

Even magazines I used to read in school days were rarely available these days.

それでいて彼女はいまだかつて自分を貧弱と認めた事がなかった。

Nevertheless, she had never recognized herself as poor.

虚栄心の強い割に、その方面の欲望があまり刺戟されずにすんでいるのは、暇が乏しいからでもなく、競争の話し相手がないからでもなく、全く自分に大した不足を感じないからであった。

In spite of his vanity, his desire in that area has not been stimulated much because he has no spare time, no competing competing people, and he does not feel much shortage for himself. Was.

 ところがお秀は教育からしてが第一違っていた。

秀 However, Hide was first different from an education perspective.

読書は彼女を彼女らしくするほとんどすべてであった。

Reading was almost everything that made her look her.

少なくとも、すべてでなければならないように考えさせられて来た。

At least, it has made me think that everything must be.

書物に縁の深い叔父の藤井に教育された結果は、善悪両様の意味で、彼女の上に妙な結果を生じた。

The results educated by his uncle, Fujii, who has a close connection to books, have produced strange results on her, both good and bad.

彼女は自分より書物に重きをおくようになった。

She began to emphasize books more than she did.

しかしいくら自分を書物より軽く見るにしたところで、自分は自分なりに、書物と独立したまんまで、活きて働らいて行かなければならなかった。

However, no matter how much he looked at it lighter than the book, he had to work and work independently, independently of the book.

だから勢い本と自分とは離れ離れになるだけであった。

So only the momentum book was separated from me.

それをもっと適切な言葉で云い現わすと、彼女は折々|柄にもない議論を主張するような弊に陥った。

To put it in more proper terms, she was in a state of being insistantly asserting a pointless argument.

しかし自分が議論のために議論をしているのだからつまらないと気がつくまでには、彼女の反省力から見て、まだ大分の道程があった。

But by the time she realized she was arguing for the sake of discussion, it was still a long way to go from her reflection.

意地の方から行くと、あまりに我が強過ぎた。

From my will, I was too strong.

平たく云えば、その我がつまり自分の本体であるのに、その本体に副ぐわないような理窟を、わざわざ自分の尊敬する書物の中から引張り出して来て、そこに書いてある言葉の力で、それを守護するのと同じ事に帰着した。

To put it plainly, I came out of a book that I respected, pulling out of a book that I respected, but that was my own body, but not subordinate to the body, and the power of the words written there. So it came to the same thing as protecting it.

自然|弾丸を込めて打ち出すべき大砲を、九寸五分の代りに、振り廻して見るような滑稽も時々は出て来なければならなかった。

Nature | Instead of nine-fifths of an artillery that should be launched with bullets, it was sometimes necessary to come up with a humorous look like wielding.

 問題ははたして或雑誌から始まった。

The problem really began with a magazine.

月の発行にかかるその雑誌に発表された諸家の恋愛観を読んだお秀の質問は、実をいうとお延にとってそれほど興味のあるものでもなかった。

The exquisite question of reading the romance of the families published in the magazine on the issue of the moon was not really of any interest to Nobu.

しかしまだ眼を通していない事実を自白した時に、彼女の好奇心が突然起った。

But her curiosity suddenly arose when she confessed the fact that she had not yet seen her eyes.

彼女はこの抽象的な問題を、どこかで自分の思い通り活かしてやろうと決心した。

She decides to take advantage of this abstract problem somewhere she wants.

 彼女はややともすると空論に流れやすい相手の弱点をかなりよく呑み込んでいた。

She was pretty well swallowed by the weaknesses of her opponents, who tended to be vague.

際どい実際問題にこれから飛び込んで行こうとする彼女に、それほど都合の悪い態度はなかった。

She was not so inconvenient, trying to jump into the stern problem.

ただ議論のために議論をされるくらいなら、最初から取り合わない方がよっぽどましだった。

It was better not to get involved from the beginning, just to be discussed for a discussion.

それで彼女にはどうしても相手を地面の上に縛りつけておく必要があった。

So she needed to keep her on the ground.

ところが不幸にしてこの場合の相手は、最初からもう地面の上にいなかった。

Unfortunately, the opponent in this case was no longer on the ground from the beginning.

お秀の口にする愛は、津田の愛でも、堀の愛でも、乃至お延、お秀の愛でも何でもなかった。

The love to say to Hide was neither Tsuda's love, Hori's love, or Nobu and Hide's love.

ただ漫然として空裏に飛揚する愛であった。

It was a love that just flirted in the sky.

したがってお延の努力は、風船玉のようなお秀の話を、まず下へ引き摺りおろさなければならなかった。

Therefore, Ennobu's efforts had to drag down a story of excellence like a balloon ball first.

 子供がすでに二人もあって、万事自分より世帯染みているお秀が、この意味において、遥かに自分より着実でない事を発見した時に、お延は口ではいはい向うのいう通りを首肯いながら、腹の中では、じれったがった。

When she finds that she has two children already and is more household than herself in this sense, she finds out that she is far less steady in this sense, and she acknowledges that she is going to talk in her mouth. , In the belly, wanted to twist.

「そんな言葉の先でなく、裸でいらっしゃい、実力で相撲を取りますから」と云いたくなった彼女は、どうしたらこの議論家を裸にする事ができるだろうと思案した。

She said, "I'm going to be naked and go to sumo with my abilities, not just at the end of such words."

 やがてお延の胸に分別がついた。

After a while, Nobun's breasts were separated.

分別とはほかでもなかった。

There was nothing other than classification.

この問題を活かすためには、お秀を犠牲にするか、または自分を犠牲にするか、どっちかにしなければ、とうてい思う壺に入って来る訳がないという事であった。

To take advantage of this problem, you had to either sacrifice excellence or sacrifice yourself, or you would not be able to get into the vase you wanted.

相手を犠牲にするのに困難はなかった。

There was no difficulty in sacrificing the opponent.

ただどこからか向うの弱点を突ッ付きさえすれば、それで事は足りた。

All I needed to do was hit the weak spot from where I was going.