文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6761-6828)/11494

叔父はまた叔父で、何でも構わず底の底まで突きとめなければ承知のできない男であった。

My uncle was also an uncle, a man who could not understand anything without locating to the bottom of the bottom.

単に言葉の上だけでもいいから、前後一貫して俗にいう辻褄が合う最後まで行きたいというのが、こういう場合相手に対する彼の態度であった。

His attitude toward the opponent in such a case was that he wanted to go to the end where the common sense consistently came and go, not just on words.

筆の先で思想上の問題を始終取り扱かいつけている癖が、活字を離れた彼の日常生活にも憑り移ってしまった結果は、そこによく現われた。

The result of his habit of dealing with ideological problems at the tip of his brush, which he had infiltrated his daily life away from print, was evident there.

彼は相手にいくらでも口を利かせた。

He spoke as much as he could.

その代りまたいくらでも質問をかけた。

Instead, I asked any number of questions.

それが或程度まで行くと、質問という性質を離れて、詰問に変化する事さえしばしばあった。

When it went to some extent, it often turned away from the nature of questions and even turned into interrogations.

 津田は心の中で、この叔父と妹と対坐した時の様子を想像した。

Takatsuda imagined in his heart the situation when he sat with his uncle and sister.

ことによるとそこでまた一波瀾起したのではあるまいかという疑さえ出た。

Perhaps there was even a suspicion that it might have been another storm.

しかし小林に対する手前もあるので、上部はわざと高く出た。

However, Kobayashi was on the forefront, so the upper part was raised on purpose.

「おおかためちゃくちゃに僕の悪口でも云ったんだろう」

"I guess it's too bad for me."

 小林は御挨拶にただ高笑いをした後で、こんな事を云った。

Kobayashi said something like this after just laughing at the greeting.

「だが君にも似合わないね、お秀さんと喧嘩をするなんて」

"But I don't suit you, fighting with Hide."

「僕だからしたのさ。

"I did it because I was.

彼奴だって堀の前なら、もっと遠慮すらあね」

Even if he's in front of the moat, I'm even more shy. ''

「なるほどそうかな。

"I see.

世間じゃよく夫婦喧嘩っていうが、夫婦喧嘩より兄妹喧嘩の方が普通なものかな。

In the world, it is often said that a couple quarrel is a quarrel between brothers and sisters.

僕はまだ女房を持った経験がないから、そっちのほうの消息はまるで解らないが、これでも妹はあるから兄妹の味ならよく心得ているつもりだ。

I haven't had a wife before, so I don't know where he is, but I still have a sister, so I'm going to know the taste of my brother and sister.

君何だぜ。

What are you?

僕のような兄でも、妹と喧嘩なんかした覚はまだないぜ」

My brother, like me, hasn't had a fight with my sister yet. ''

「そりゃ妹次第さ」

"Sorry, my sister depends"

「けれどもそこはまた兄次第だろう」

"But it's up to my brother again."

「いくら兄だって、少しは腹の立つ場合もあるよ」

"Every older brother can be a little angry."

 小林はにやにや笑っていた。

Kobayashi was smiling.

「だが、いくら君だって、今お秀さんを怒らせるのが得策だとは思ってやしまい」

"But no matter how much you think it would be a good idea to offend Hide now."

「そりゃ当り前だよ。

"It's natural.

好んで誰が喧嘩なんかするもんか。

Who likes to fight?

あんな奴と」

With that guy. ''

 小林はますます笑った。

Kobayashi laughed more and more.

彼は笑うたびに一調子ずつ余裕を生じて来た。

Every time he laughed, he had a headroom.

「蓋しやむをえなかった訳だろう。

"It must have been a cover.

しかしそれは僕の云う事だ。

But that's what I mean.

僕は誰と喧嘩したって構わない男だ。

I'm a guy who doesn't mind fighting with anyone.

誰と喧嘩したって損をしっこない境遇に沈淪している人間だ。

He is a human being who is in a situation where he does not hurt to fight with anyone.

喧嘩の結果がもしどこかにあるとすれば、それは僕の損にゃならない。

If the result of the fight is anywhere, it doesn't hurt me.

何となれば、僕はいまだかつて損になるべき何物をも最初からもっていないんだからね。

After all, I still don't have anything from scratch to start losing.

要するに喧嘩から起り得るすべての変化は、みんな僕の得になるだけなんだから、僕はむしろ喧嘩を希望してもいいくらいなものだ。

In short, all the changes that can come from a quarrel are all for me, so I'd rather just want a quarrel.

けれども君は違うよ。

But you are different.

君の喧嘩はけっして得にゃならない。

Your quarrel is never good.

そうして君ほどまた損得利害をよく心得ている男は世間にたんとないんだ。

And no one in the world is as good at profit and loss as you are.

ただ心得てるばかりじゃない、君はそうした心得の下に、朝から晩まで寝たり起きたりしていられる男なんだ。

Not only do you know, you are a man who can sleep and wake up from morning till night.

少くともそうしなければならないと始終考えている男なんだ。

He's a man who always thinks he has to.

好いかね。

I don't like it.

その君にして――」

To you— ”

 津田は面倒臭そうに小林を遮ぎった。

Tsuda obstructed Kobayashi with annoyance.

「よし解った。

"I understand.

解ったよ。

I understand.

つまり他と衝突するなと注意してくれるんだろう。

In other words, they will warn you not to collide with others.

ことに君と衝突しちゃ僕の損になるだけだから、なるべく事を穏便にしろという忠告なんだろう、君の主意は」

It's a reminder to make things as comfortable as possible, because it's just my harm if you collide with you, your intent is. ''

 小林は惚けた顔をしてすまし返った。

Kobayashi smiled and turned back.

「何僕と?

"What's with me?

 僕はちっとも君と喧嘩をする気はないよ」

I'm not going to fight with you at all. ''

「もう解ったというのに」

"I understand you already"

「解ったらそれでいいがね。

"I hope you understand it.

誤解のないように注意しておくが、僕は先刻からお秀さんの事を問題にしているんだぜ、君」

Keep in mind that I don't misunderstand, but I've been looking for Hide since the very beginning, you. ''

「それも解ってるよ」

"I know that too."

「解ってるって、そりゃ京都の事だろう。

"You know, that's Kyoto.

あっちが不首尾になるという意味だろう」

That means that it will be unsuccessful. ''

「もちろんさ」

"Of course."

「ところが君それだけじゃないぜ。

"But you're not the only one.

まだほかにも響いて来るんだぜ、気をつけないと」

There's still more going on, so be careful. ''

 小林はそこで句を切って、自分の言葉の影響を試験するために、津田の顔を眺めた。

Kobayashi broke the phrase there and looked at Tsuda's face to test the effect of his words.

津田ははたして平気でいる事ができなかった。

Tsuda couldn't be calm.

百二十

One hundred twenty

 小林はここだという時機を捕まえた。

Kobayashi caught the moment when he was here.

「お秀さんはね君」と云い出した時の彼は、もう津田を擒にしていた。

When he started saying, "Hide you," he had already turned Tsuda up.

「お秀さんはね君、先生の所へ来る前に、もう一軒ほかへ廻って来たんだぜ。

"Hide, you came to another house before you came to the teacher.

その一軒というのはどこの事だか、君に想像がつくか」

I wonder what that one house is, you can imagine. ''

 津田には想像がつかなかった。

Tsuda could not imagine.