文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6690-6760)/11494

「いや、よほどの親友なんだろうという意味だ。

"No, it means he's a good friend.

そんなに怒らなくってもよかろう」

You don't have to be so angry. ''

 吉川と岡本とは、小林の想像する通りの間柄に違なかった。

The relationship between Yoshikawa and Okamoto was no different from Kobayashi's imagination.

単なる事実はただそれだけであった。

The mere fact was just that.

しかしその裏に、津田とお延を貼りつけて、裏表の意味を同時に眺める事は自由にできた。

However, I was free to attach Tsuda and Nobun on the back and see the meaning of both sides at the same time.

「君は仕合せな男だな」と小林が云った。

"You're a tailored man," Kobayashi said.

「お延さんさえ大事にしていれば間違はないんだから」

"Because there is no mistake if you care even Nobun."

「だから大事にしているよ。

"That's why I take care of it.

君の注意がなくったって、そのくらいの事は心得ているんだ」

I know that much without your attention. ''

「そうか」

"Really"

 小林はまた「そうか」という言葉を使った。

Kobayashi also used the word "oka".

この真面目くさった「そうか」が重なるたびに、津田は彼から脅やかされるような気がした。

Tsuda felt threatened by him each time this serious "Soka" overlapped.

「しかし君は僕などと違って聡明だからいい。

"But you're smart like you are.

他はみんな君がお延さんに降参し切ってるように思ってるぜ」

Everybody else thinks you've surrendered to Nobu-san. ''

「他とは誰の事だい」

"Who are the others?"

「先生でも奥さんでもさ」

"Be it a teacher or a wife"

 藤井の叔父や叔母から、そう思われている事は、津田にもほぼ見当がついていた。

井 Tsuda had almost no idea what Fujii's uncle or aunt thought so.

「降参し切っているんだから、そう見えたって仕方がないさ」

"Because I'm surrendered, I can't help seeing it."

「そうか。

"Really.

――しかし僕のような正直者には、とても君の真似はできない。

――But an honest person like me cannot imitate you very much.

君はやッぱりえらい男だ」

You're a big guy. ''

「君が正直で僕が偽物なのか。

"Is you honest and I'm fake?

その偽物がまた偉くって正直者は馬鹿なのか。

Is the fake again great and the honesty stupid?

君はいつまたそんな哲学を発明したのかい」

When did you invent that philosophy again? ''

「哲学はよほど前から発明しているんだがね。

"Philosophy has been invented long ago.

今度改めてそれを発表しようと云うんだ、朝鮮へ行くについて」

I'll announce it again, about going to Korea. ''

 津田の頭に妙な暗示が閃めかされた。

妙 A strange suggestion was flashed in the head of Tsuda.

「君旅費はもうできたのか」

"Is your travel expenses already available?"

「旅費はどうでもできるつもりだがね」

"I'm going to be able to spend my travel expenses anyway."

「社の方で出してくれる事にきまったのかい」

"Is it decided to give it out at the company?"

「いいや。

"No.

もう先生から借りる事にしてしまった」

I have already borrowed it from my teacher. ''

「そうか。

"Really.

そりゃ好い具合だ」

That's good. "

「ちっとも好い具合じゃない。

"Not at all.

僕はこれでも先生の世話になるのが気の毒でたまらないんだ」

I'm too sorry to take care of my teacher even now. ''

 こういう彼は、平気で自分の妹のお金さんを藤井に片づけて貰う男であった。

He was a man who was just asking Fujii to clear his sister's money.

「いくら僕が恥知らずでも、この上金の事で、先生に迷惑をかけてはすまないからね」

"No matter how shameless I am, I'm sorry to bother my teacher with this money."

 津田は何とも答えなかった。

Tsuda did not answer anything.

小林は無邪気に相談でもするような調子で云った。

Kobayashi said innocently to consult.

「君どこかに強奪る所はないかね」

"Is there nowhere to snatch you somewhere?"

「まあないね」と云い放った津田は、わざとそっぽを向いた。

Tsuda, who said, "I don't know," turned around on purpose.

「ないかね。

"I don't know.

どこかにありそうなもんだがな」

It's likely to be somewhere. ''

「ないよ。

"No.

近頃は不景気だから」

It's been a recession these days. ''

「君はどうだい。

"What about you?

世間はとにかく、君だけはいつも景気が好さそうじゃないか」

Anyway, it seems that you are always in a good economy. ''

「馬鹿云うな」

"Don't idiot"

 岡本から貰った小切手も、お秀の置いて行った紙包も、みんなお延に渡してしまった後の彼の財布は空と同じ事であった。

小 Both the checks I got from Okamoto and the paper packets I put on Hideo, his wallet was the same as the empty one after all had been handed over.

よしそれが手元にあったにしたところで、彼はこの場合小林のために金銭上の犠牲を払う気は起らなかった。

Okay, where he was, he didn't want to make a financial sacrifice for Kobayashi in this case.

第一事がそこまで切迫して来ない限り、彼は相談に応ずる必要を毫も認めなかった。

Unless the first thing was so urgent, he did not admit that he needed to consult.

 不思議に小林の方でも、それ以上津田を押さなかった。

Well, Kobayashi didn't push Tsuda any more.

その代り突然妙なところへ話を切り出して彼を驚ろかした。

Instead, he suddenly cut out a strange place and surprised him.

 その朝藤井へ行った彼は、そこで例もするように昼飯の馳走になって、長い時間を原稿の整理で過ごしているうちに、玄関の格子が開いたので、ひょいと自分で取次に出た。

He went to that morning Fujii, and as an example, he became a feast for lunch, and while spending a long time organizing the manuscript, the entrance lattice was opened, so he went out on his own. .

そうしてそこに偶然お秀の姿を見出したのである。

Then I happened to find a figure of excellence there.

 小林の話をそこまで聴いた時、津田は思わず腹の中で「畜生ッ先廻りをしたな」と叫んだ。

時 When he listened to Kobayashi's story, Tsuda shouted in his belly, "Don't go astray."

しかしただそれだけではすまなかった。

But that was not enough.

小林の頭にはまだ津田を驚ろかせる材料が残っていた。

Kobayashi's head still had materials that surprised Tsuda.

百十九

One hundred nineteen

 しかし彼の驚ろかし方には、また彼一流の順序があった。

But in his astonishment, again, he had a first-rate order.

彼は一番始めにこんな事を云って津田に調戯った。

He played with Tsuda at the very beginning.

「兄妹喧嘩をしたんだって云うじゃないか。

"I guess you had a brother and sister quarrel.

先生も奥さんも、お秀さんにしゃべりつけられて弱ってたぜ」

Both the teacher and his wife were weak because they were talked to by Hide.

「君はまた傍でそれを聴いていたのか」

"Did you listen to it again?"

 小林は苦笑しながら頭を掻いた。

林 Kobayashi scratched his head while smiling.

「なに聴こうと思って聴いた訳でもないがね。

"I don't mean to listen to anything.

まあ天然自然耳へ入ったようなものだ。

It's like getting into a natural natural ear.

何しろしゃべる人がお秀さんで、しゃべらせる人が先生だからな」

The person who talks is Hide, and the person who talks is the teacher. ''

 お秀にはどこか片意地で一本調子な趣があった。

Ohide had a singular feeling in one place.

それに一種の刺戟が加わると、平生の落ちつきが全く無くなって、不断と打って変った猛烈さをひょっくり出現させるところに、津田とはまるで違った特色があった。

When a kind of stimulus was added to it, the calmness of Hirao was completely lost, and the constant and intense ferocity appeared, and it had a completely different characteristic from Tsuda.