文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6624-6689)/11494

 小林は何だかそこを承知しているらしかった。

Kobayashi seemed to be aware of that.

「なに何にも云やしないよ。

"I won't say anything.

嘘だと思うなら、もう一遍お延さんに訊いて見たまえ。

If you think it's a lie, ask Ichinennobu again.

もっとも僕は帰りがけに悪いと思ったから、詫まって来たがね。

But I apologized because I thought it was bad to go home.

実を云うと、何で詫まったか、僕自身にも解らないくらいのものさ」

To tell the truth, what I apologized to was something I didn't even know myself. ''

 彼はこう云って嘯いた。

He exclaimed,

それからいきなり手を延べて、津田の枕元にある読みかけの書物を取り上げて、一分ばかりそれを黙読した。

He then immediately reached out, picked up the book at Tsuda's bedside and read it silently for a minute.

「こんなものを読むのかね」と彼はさも軽蔑した口調で津田に訊いた。

"Do you read this," he asked Tsuda in a derogatory tone.

彼はぞんざいに頁を剥繰りながら、終りの方から逆に始めへ来た。

He came slowly from the end to the beginning, stripping through the pages.

そうしてそこに岡本という小さい見留印を見出した時、彼は「ふん」と云った。

When he found a small memorandum, Okamoto, he said, "Fun."

「お延さんが持って来たんだな。

"Nobun brought it.

道理で妙な本だと思った。

I thought it was a reasonable and strange book.

――時に君、岡本さんは金持だろうね」

――Sometimes, Okamoto will be rich. ''

「そんな事は知らないよ」

"I don't know that."

「知らないはずはあるまい。

"I don't know.

だってお延さんの里じゃないか」

So it's Nobun-san's village? "

「僕は岡本の財産を調べた上で、結婚なんかしたんじゃないよ」

"I didn't get married after examining Okamoto's property."

「そうか」

"Really"

 この単純な「そうか」が変に津田の頭に響いた。

This simple “Soka” resonated strangely with Tsuda's head.

「岡本の財産を調べないで、君が結婚するものか」という意味にさえ取れた。

It could even mean, "Do you want to get married without checking Okamoto's property?"

「岡本はお延の叔父だぜ、君知らないのか。

"Okamoto is Ono's uncle, don't you know?

里でも何でもありゃしないよ」

There is nothing in the village. "

「そうか」

"Really"

 小林はまた同じ言葉を繰り返した。

Kobayashi repeated the same words again.

津田はなお不愉快になった。

Tsuda was still uncomfortable.

「そんなに岡本の財産が知りたければ、調べてやろうか」

"If you want to know Okamoto's property so much, why not look it up?"

 小林は「えへへ」と云った。

Kobayashi said, "Hehe."

「貧乏すると他の財産まで苦になってしようがない」

"If you are poor, you will not be able to suffer other fortunes."

 津田は取り合わなかった。

Tsuda did not meet.

それでその問題を切り上げるかと思っていると、小林はすぐ元へ帰って来た。

So, Kobayashi came back soon, thinking that he could round up the problem.

「しかしいくらぐらいあるんだろう、本当のところ」

"But how much is there, really?"

 こう云う態度はまさしく彼の特色であった。

態 This attitude was exactly his characteristic.

そうしていつでも二様に解釈する事ができた。

I could always interpret it in two ways.

頭から向うを馬鹿だと認定してしまえばそれまでであると共に、一度こっちが馬鹿にされているのだと思い出すと、また際限もなく馬鹿にされている訳にもなった。

By the time I recognized my head as ridiculous, it wasn't until then, and once I remembered that it was ridiculous, I was endlessly ridiculed.

彼に対する津田は実のところ半信半疑の真中に立っていた。

Tsuda against him actually stood in the middle of doubt.

だからそこに幾分でも自分の弱点が潜在する場合には、馬鹿にされる方の解釈に傾むかざるを得なかった。

So if there were any potential weaknesses there, I had to lean to the interpretation of the stupid.

ただ相手をつけあがらせない用心をするよりほかに仕方がなかった彼は、ただ微笑した。

He had no choice but to be wary of keeping his opponent off, he just smiled.

「少し借りてやろうか」

"Let's borrow a little."

「借りるのは厭だ。

"I don't want to borrow.

貰うなら貰ってもいいがね。

You can get it if you get it.

――いや貰うのも御免だ、どうせくれる気遣はないんだから。

――I'm sorry to get no, because I don't care.

仕方がなければ、まあ取るんだな」小林はははと笑った。

If you can't help it, take it. "Kobayashi laughed.

「一つ朝鮮へ行く前に、面白い秘密でも提供して、岡本さんから少し取って行くかな」

"Before going to Korea, give me some interesting secrets and get some from Okamoto."

 津田はすぐ話をその朝鮮へ持って行った。

Tsuda immediately took the story to Korea.

「時にいつ立つんだね」

"When do you stand sometimes?"

「まだしっかり判らない」

"I don't know yet"

「しかし立つ事は立つのかい」

"But do you stand?"

「立つ事は立つ。

"Standing stands.

君が催促しても、しなくっても、立つ日が来ればちゃんと立つ」

Whether you urge or not, you will stand up when the day comes.

「僕は催促をするんじゃない。

"I don't remind you.

時間があったら君のために送別会を開いてやろうというのだ」

I'll have a farewell party for you if I have time. ''

 今日小林から充分な事が聴けなかったら、その送別会でも利用してやろうと思いついた津田は、こう云って予備としての第二の機会を暗に作り上げた。

If you couldn't hear enough from Kobayashi today, Tsuda came up with the idea of using it at the farewell party, so he created a second spare opportunity.

百十八

One hundred eighteen

 故意だか偶然だか、津田の持って行こうとする方面へはなかなか持って行かれない小林に対して、この注意はむしろ必要かも知れなかった。

注意 It may be necessary to pay attention to Kobayashi, which is difficult to take to the direction that Tsuda wants to take, intentionally or by accident.

彼はいつまでも津田の問に応ずるようなまた応じないような態度を取った。

He took the attitude of responding and not responding to Tsuda's question forever.

そうしてしつこく自分自身の話題にばかり纏綿わった。

Then, I persistently covered only my own topic.

それがまた津田の訊こうとする事と、間接ではあるが深い関係があるので、津田は蒼蠅くもあり、じれったくもあった。

Because it has an indirect but deep relationship with what he wants to ask, Tsuda was also flimsy and nervous.

何となく遠廻しに痛振られるような気もした。

I felt like I was swaying somehow.

「君吉川と岡本とは親類かね」と小林が云い出した。

"Kimiyoshi River and Okamoto are relatives," Kobayashi said.

 津田にはこの質問が無邪気とは思えなかった。

To Takada, this question did not seem innocent.

「親類じゃない、ただの友達だよ。

"I'm not a relative, just a friend.

いつかも君が訊いた時に、そう云って話したじゃないか」

Whenever you asked, I told you that. ''

「そうか、あんまり僕に関係の遠い人達の事だもんだから、つい忘れちまった。

"Yes, I'm so distantly related to me that I just forgot.

しかし彼らは友達にしても、ただの友達じゃあるまい」

But they are friends, not just friends. ''

「何を云ってるんだ」

"What are you talking about?"

 津田はついその後へ馬鹿野郎と付け足したかった。

Tsuda just wanted to add to that idiot.