文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6567-6623)/11494

津田はおやと思った。

Tsuda thought so.

この足音の調子から、その主がもう七分通り、彼の頭の中では推定されていた。

From the tone of this footstep, the Lord had been presumed in his head for another seven minutes.

 彼の予覚はすぐ事実になった。

予 His foresight soon became a fact.

彼が室の入口に眼を転ずると、ほとんどおッつかッつに、小林は貰い立ての外套を着たままつかつか入って来た。

As he turned his eyes to the entrance of the room, Kobayashi came almost in a stomach, clasping in his cloak.

「どうかね」

"How about?"

 彼はすぐ胡坐をかいた。

す ぐ He immediately crossed.

津田はむしろ苦しそうな笑いを挨拶の代りにした。

Tsuda used a rather painful laugh instead of a greeting.

何しに来たんだという心持が、顔を見ると共にもう起っていた。

The feeling of what had come was already happening when I saw my face.

「これだ」と彼は外套の袖を津田に突きつけるようにして見せた。

"That's it," he showed, cladding his sleeve over Tsuda.

「ありがとう、お蔭でこの冬も生きて行かれるよ」

"Thank you, we can live this winter."

 小林はお延の前で云ったと同じ言葉を津田の前で繰り返した。

Kobayashi repeated the same words in front of Tsunoda in front of Ono.

しかし津田はお延からそれを聴かされていなかったので、別に皮肉とも思わなかった。

However, Tsuda had not heard it from Ono, so he did not think it was ironic.

「奥さんが来たろう」

"Wife will come"

 小林はまたこう訊いた。

Kobayashi asked again.

「来たさ。

"I'm here.

来るのは当り前じゃないか」

Isn't it natural? "

「何か云ってたろう」

"What did you say?"

 津田は「うん」と答えようか、「いいや」と答えようかと思って、少し躊躇した。

Tsuda was a little hesitant to answer “yes” or “no”.

彼は小林がどんな事をお延に話したか、それを知りたかった。

He wanted to know what Kobayashi talked about.

それを彼の口からここで繰り返させさえすれば、自分の答は「うん」だろうが、「いいえ」だろうが、同じ事であった。

If he had to repeat it here from his mouth, his answer would be "yes" or "no", the same thing.

しかしどっちが成功するかそこはとっさの際にきめる訳に行かなかった。

However, which one succeeded could not be decided at the moment.

ところがその態度が意外な意味になって小林に反響した。

However, the attitude became surprising and resonated with Kobayashi.

「奥さんが怒って来たな。

"Your wife is angry.

きっとそんな事だろうと、僕も思ってたよ」

I thought I was going to do that. ''

 容易に手がかりを得た津田は、すぐそれに縋りついた。

津 Tsuda, who easily got a clue, clung to it.

「君があんまり苛めるからさ」

"Because you are too irritated."

「いや苛めやしないよ。

"No, I won't.

ただ少し調戯い過ぎたんだ、可哀想に。

I just played a little too much.

泣きゃしなかったかね」

Did you not cry? "

 津田は少し驚ろいた。

Tsuda was a little surprised.

「泣かせるような事でも云ったのかい」

"Did you say something that made you cry?"

「なにどうせ僕の云う事だから出鱈目さ。

"Whatever I say, I'm bullshit.

つまり奥さんは、岡本さん見たいな上流の家庭で育ったので、天下に僕のような愚劣な人間が存在している事をまだ知らないんだ。

In other words, she grew up in an upstream family she would like to see, so I don't know yet that there is a stupid person like me in the world.

それでちょっとした事まで苦にするんだろうよ。

That's going to hurt a little bit.

あんな馬鹿に取り合うなと君が平生から教えておきさえすればそれでいいんだ」

All you need to do is tell him that you don't fight for such a fool. ''

「そう教えている事はいるよ」と津田も負けずにやり返した。

"I have something to teach," said Tsuda again.

小林はハハと笑った。

Kobayashi laughed haha.

「まだ少し訓練が足りないんじゃないか」

"Isn't there a little training yet?"

 津田は言葉を改めた。

Tsuda changed his words.

「しかし君はいったいどんな事を云って、彼奴に調戯ったのかい」

"But what exactly did you play with him?"

「そりゃもうお延さんから聴いたろう」

"Well, I've heard from Nobu."

「いいや聴かない」

"No, I don't listen"

 二人は顔を見合せた。

The two looked at each other.

互いの胸を忖度しようとする試みが、同時にそこに現われた。

Attempts to convince each other appeared at the same time.

百十七

One hundred seventeen

 津田が小林に本音を吹かせようとするところには、ある特別の意味があった。

Tsuda's intention to make Kobayashi sound true had a special meaning.

彼はお延の性質をその著るしい断面においてよく承知していた。

He was well aware of the nature of Onno in its remarkable cross section.

お秀と正反対な彼女は、飽くまで素直に、飽くまで閑雅な態度を、絶えず彼の前に示す事を忘れないと共に、どうしてもまた彼の自由にならない点を、同様な程度でちゃんともっていた。

Opposite to Hide, she was always obedient and obsessive in her attitude, and she always showed her in front of him, and to the same extent that he would never be free again.

彼女の才は一つであった。

Her talent was one.

けれどもその応用は両面に亘っていた。

But its application was bilateral.

これは夫に知らせてならないと思う事、または隠しておく方が便宜だときめた事、そういう場合になると、彼女は全く津田の手にあまる細君であった。

This was something she wouldn't want to tell her husband, or what she said was more convenient to keep secret.

彼女が柔順であればあるほど、津田は彼女から何にも掘り出す事ができなかった。

The more she was submissive, the more she could find nothing out of her.

彼女と小林の間に昨日どんなやりとりが起ったか、それはお秀の騒ぎで委細を訊く暇もないうちに、時間が経ってしまったのだから、事実やむをえないとしても、もしそういう故障のない時に、津田から詳しいありのままを問われたら、お延はおいそれと彼の希望通り、綿密な返事を惜まずに、彼の要求を満足させたろうかと考えると、そこには大きな疑問があった。

What kind of exchange happened between her and Kobayashi yesterday was because of the excitement and time before I had time to ask for details. When Tsuda asked me the details, he was skeptical, and as he wished, he did not hesitate to respond closely and thought he would have satisfied his request.

お延の平生から推して、津田はむしろごまかされるに違ないと思った。

Judging from Noboru Hirai, Tsuda must have been rather cheated.

ことに彼がもしやと思っている点を、小林が遠慮なくしゃべったとすれば、お延はなおの事、それを聴かないふりをして、黙って夫の前を通り抜ける女らしく見えた。

Especially if Kobayashi spoke without hesitation about what he thought he was doing, she seemed to be a woman passing silently in front of her husband, pretending not to hear it.

少くとも津田の観察した彼女にはそれだけの余裕が充分あった。

At least she had enough room for Tsuda to observe.

すでにお延の方を諦らめなければならないとすると、津田は自分に必要な知識の出所を、小林に向って求めるよりほかに仕方がなかった。

If she had to give up on Nobu, Tsuda had no choice but to ask Kobayashi for the source of the knowledge she needed.