文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6196-6250)/11494

兄さん、これは妹の親切ですか義務ですか。

Brother, is this my sister's kindness or obligation?

兄さんは先刻そういう問を私におかけになりました。

My brother asked me such a question earlier.

私はどっちも同じだと云いました。

I said both were the same.

兄さんが妹の親切を受けて下さらないのに、妹はまだその親切を尽くす気でいたら、その親切は義務とどこが違うんでしょう。

If your sister doesn't get the kindness of your sister but your sister is still willing to do it, what's different from her obligations?

私の親切を兄さんの方で義務に変化させてしまうだけじゃありませんか」

Isn't it just turning my kindness into an obligation with my brother? "

「お秀もう解ったよ」と津田がようやく云い出した。

"I know you're good," said Tsuda.

彼の頭に妹のいう意味は判然入った。

His sister's meaning clearly entered his head.

けれども彼女の予期する感情は少しも起らなかった。

But none of her expected emotions occurred.

彼は先刻から蒼蠅さいのを我慢して彼女の云い草を聴いていた。

He had listened to her sayings in the foreseeable future.

彼から見た妹は、親切でもなければ、誠実でもなかった。

The sister he saw was neither kind nor honest.

愛嬌もなければ気高くもなかった。

Neither charming nor noble.

ただ厄介なだけであった。

It was just troublesome.

「もう解ったよ。

"I already understand.

それでいいよ。

that's OK.

もうたくさんだよ」

It's already a lot. "

 すでに諦らめていたお秀は、別に恨めしそうな顔もしなかった。

秀 Hide, who had already given up, did not make any remorseful appearance.

ただこう云った。

I just said,

「これは良人が立て替えて上げるお金ではありませんよ、兄さん。

"This isn't the money raised by a good guy, brother.

良人が京都へ保証して成り立った約束を、兄さんがお破りになったために、良人ではお父さんの方へ義理ができて、仕方なしに立て替えた事になるとしたら、なんぼ兄さんだって、心持よく受け取る気にはなれないでしょう。

If a good man guaranteed to Kyoto and his promise was fulfilled, his brother broke, so if a good man could have a step with his father, he couldn't help but replace it. You will not feel like receiving it.

私もそんな事で良人を煩わせるのは厭です。

I also don't want to bother the good guys.

だからお断りをしておきますが、これは良人とは関係のないお金です。

So let me refuse, this is money that has nothing to do with good people.

私のです。

It's mine.

だから兄さんも黙ってお取りになれるでしょう。

So my brother will be able to take it silently.

私の親切はお受けにならないでも、お金だけはお取りになれるでしょう。

Even if I don't accept my kindness, I'll just get the money.

今の私はなまじいお礼を云っていただくより、ただ黙って受取っておいて下さる方が、かえって心持が好くなっているのです。

Rather than say thank you very much now, it's better to just take it silently.

問題はもう兄さんのためじゃなくなっているんです。

The problem is no longer with your brother.

単に私のためです。

Just for me.

兄さん、私のためにどうぞそれを受取って下さい」

Please take it for me, brother. "

 お秀はこれだけ云って立ち上った。

Hide came up with just this.

お延は津田の顔を見た。

Ono saw Tsuda's face.

その顔には何という合図の表情も見えなかった。

There was no sign on her face.

彼女は仕方なしにお秀を送って階子段を降りた。

She sent her exaltation and got off the floor.

二人は玄関先で尋常の挨拶を交り換せて別れた。

They exchanged ordinary greetings at the front door and broke up.

百十一

One hundred one

 単に病院でお秀に出会うという事は、お延にとって意外でも何でもなかった。

It was nothing surprising for Nobun to simply meet at the hospital.

けれども出会った結果からいうと、また意外以上の意外に帰着した。

However, according to the result of the encounter, it came back more than surprising.

自分に対するお秀の態度を平生から心得ていた彼女も、まさかこんな場面でその相手になろうとは思わなかった。

She knew she had a good attitude toward her, and she never thought she would be the partner in such a situation.

相手になった後でも、それが偶然の廻り合せのように解釈されるだけであった。

Even after becoming an opponent, it was only interpreted as a coincidence.

その必然性を認めるために、過去の因果を迹付けて見ようという気さえ起らなかった。

To recognize its necessity, he did not even try to trace past consequences.

この心理状態をもっと砕けた言葉で云い直すと、事件の責任は全く自分にないという事に過ぎなかった。

To rephrase this state of mind in more broken words, it was simply no responsibility for the case.

すべてお秀が背負って立たなければならないという意味であった。

It all meant that you had to stand on your back.

したがってお延の心は存外平静であった。

Therefore, Ennobu's heart was extraordinarily calm.

少くとも、良心に対して疚ましい点は容易に見出だされなかった。

At the very least, it was not easy to find anything bad about your conscience.

 この会見からお延の得た収獲は二つあった。

延 There were two gains from this conference.

一つは事後に起る不愉快さであった。

One was the discomfort that occurred after the fact.

その不愉快さのうちには、お秀を通して今後自分達の上に持ち来されそうに見える葛藤さえ織り込まれていた。

Among the discomforts, even conflicts that seemed to be brought over themselves in the future through excellence were incorporated.

彼女は充分それを切り抜けて行く覚悟をもっていた。

She was well prepared to get through it.

ただしそれには、津田が飽くまで自分の肩を持ってくれなければ駄目だという条件が附帯していた。

However, it was accompanied by the condition that it would be useless if Tsuda did not hold his shoulders until he got tired.

そこへ行くと彼女には七分通りの安心と、三分方の不安があった。

There she was reassured for seven minutes and reassured for three minutes.

その三分方の不安を、今日の自分が、どのくらいの程度に減らしているかは、彼女にとって重大な問題であった。

To what extent she reduced her three-part anxiety today was a major issue for her.

少くとも今日の彼女は、夫の愛を買うために、もしくはそれを買い戻すために、できるだけの実を津田に見せたという意味で、幾分かの自信をその方面に得たつもりなのである。

At least today she intends to gain some confidence in that direction in the sense that she has shown Tsuda as much fruit as possible to buy or buy her husband's love.

 これはお延自身に解っている側の消息中で、最も必要と認めなければならない一端であるが、そのほかにまだ彼女のいっこう知らない間に、自然自分の手に入るように仕組まれた収獲ができた。

This is one of the most apparent and necessary aspects of the knowledge of the side known to Nobu, but there are also other harvests that have been designed to be naturally available to her, while she is still unaware. did it.

無論それは一時的のものに過ぎなかった。

Of course, it was only temporary.

けれども当然自分の上に向けられるべき夫の猜疑の眼から、彼女は運よく免かれたのである。

But she was fortunately spared from the suspicion of her husband, who should be turned on her.

というのは、お秀という相手を引き受ける前の津田と、それに悩まされ出した後の彼とは、心持から云っても、意識の焦点になるべき対象から見ても、まるで違っていた。

That's because Tsuda, before taking on his opponent, and he who was troubled, were completely different, both from the point of view of the mind and the subject that should be the focus of consciousness.