文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6137-6195)/11494

あなた方はそれでたくさんだと思っていらっしゃるかも知れません。

You may think that's a lot.

どこにも不足はないと考えておいでなのかも分りません。

You don't even know that there is no shortage anywhere.

しかし私から見ると、それはあなた方自身にとってとんでもない不幸になるのです。

But from my point of view, it is a terrible misfortune to yourself.

人間らしく嬉しがる能力を天から奪われたと同様に見えるのです。

It looks the same as if we were deprived of heavenly abilities to make us happy.

兄さん、あなたは私の出したこのお金は欲しいとおっしゃるのでしょう。

Brother, you say you want this money I gave you.

しかし私のこのお金を出す親切は不用だとおっしゃるのでしょう。

But you say that my kindness to pay this money is useless.

私から見ればそれがまるで逆です。

From my point of view, it is the opposite.

人間としてまるで逆なのです。

It's the opposite as a human.

だから大変な不幸なのです。

That is why it is very unfortunate.

そうして兄さんはその不幸に気がついていらっしゃらないのです。

And he doesn't notice that misfortune.

嫂さんはまた私の持って来たこのお金を兄さんが貰わなければいいと思っていらっしゃるんです。

Sao wants his brother to get the money I brought again.

さっきから貰わせまい貰わせまいとしていらっしゃるんです。

I've been getting it from the moment before.

つまりこのお金を断ることによって、併せて私の親切をも排斥しようとなさるのです。

In other words, by refusing this money, I also try to dispel my kindness.

そうしてそれが嫂さんには大変なお得意になるのです。

That's what Sao is very good at.

嫂さんも逆です。

Sao is the opposite.

嫂さんは妹の実意を素直に受けるために感じられる好い心持が、今のお得意よりも何層倍人間として愉快だか、まるで御存じない方なのです」

Mr. Sao is a person who does not know how many layers he is more pleasant as a human being than he is good at now because he has a good feeling to receive his sister's intentions honestly. ''

 お延は黙っていられなくなった。

Nobun can no longer be silent.

しかしお秀はお延よりなお黙っていられなかった。

However, she couldn't be quieter than Nobun.

彼女を遮ぎろうとするお延の出鼻を抑えつけるような熱した語気で、自分の云いたい事だけ云ってしまわなければ気がすまなかった。

She was so passionate as to hold down Nobun's nose that was trying to block her, and I couldn't help but understand what she wanted to say.

百十

One hundred

「嫂さん何かおっしゃる事があるなら、後でゆっくり伺いますから、御迷惑でも我慢して私に云うだけ云わせてしまって下さい。

"If you have anything to say, Mr. Sao, I'll come back slowly later, so please be patient and let me know.

なにもう直です。

What am I doing right now?

そんなに長くかかりゃしません」

It won't take that long. "

 お秀の断り方は妙に落ちついていた。

The way of refusal was strangely calm.

先刻津田と衝突した時に比べると、彼女はまるで反対の傾向を帯びて、激昂から沈静の方へ推し移って来た。

Compared to the time when she collided with Tsuda earlier, she took on the opposite tendency, moving from excitement to calm down.

それがこの場合いかにも案外な現象として二人の眼に映った。

This was reflected in the eyes of the two as a surprising phenomenon in this case.

「兄さん」とお秀が云った。

"My brother," said Hide.

「私はなぜもっと早くこの包んだ物を兄さんの前に出さなかったのでしょう。

"Why didn't I put this wrapped thing in front of my brother earlier?

そうして今になってまた何できまりが悪くもなく、それをあなた方の前に出されたのでしょう。

And now it is not bad at all, and he has delivered it before you.

考えて下さい。

Please think.

嫂さんも考えて下さい」

Please think about Sao-san. "

 考えるまでもなく、二人にはそれがお秀の詭弁としか受取れなかった。

Needless to say, they could only receive it as an exquisite sophistication.

ことにお延にはそう見えた。

It seemed to be so.

しかしお秀は真面目であった。

However, Hide was serious.

「兄さん私はこれであなたを兄さんらしくしたかったのです。

"I wanted to make you look like this.

たかがそれほどの金でかと兄さんはせせら笑うでしょう。

My brother will laugh at it if it is so expensive.

しかし私から云えば金額は問題じゃありません。

But for me the amount is not a problem.

少しでも兄さんを兄さんらしくできる機会があれば、私はいつでもそれを利用する気なのです。

If I have the opportunity to make my brother look like a little brother, I always want to use it.

私は今日ここでできるだけの努力をしました。

I made every effort here today.

そうしてみごとに失敗しました。

Then it failed brilliantly.

ことに嫂さんがおいでになってから以後、私の失敗は急に目立って来ました。

Especially since Mr. Sao came, my failure suddenly became noticeable.

私が妹として兄さんに対する執着を永久に放り出さなければならなくなったのはその時です。

It was at that time that I had to forever give up on my brother as a sister.

――嫂さん、後生ですから、もう少し我慢して聴いていて下さい」

――Since you're a later life, please be patient and listen more. "

 お秀はまたこう云って何か云おうとするお延を制した。

Osu also rejected Nobun trying to say something like this.

「あなた方の態度はよく私に解りました。

"I understand your attitude well.

あなた方から一時間二時間の説明を伺うより、今ここで拝見しただけで、私が勝手に判断する方が、かえってよく解るように思われますから、私はもう何にも伺いません。

Rather than asking you for an hour and two hours of explanation, it seems that it would seem better for me to judge on my own than just looking here, so I will not ask anything anymore.

しかし私には自分を説明する必要がまだあります。

But I still need to explain myself.

そこは是非聴いていただかなければなりません」

It must be heard by all means. ''

 お延はずいぶん手前勝手な女だと思いながら黙っていた。

延 I was silent, thinking that she was a pretty selfish woman.

しかし初手から勝利者の余裕が附着している彼女には、黙っていても大した不足はなかった。

But she's got the victors' room from the start, and she hasn't had much shortage even if she's silent.

「兄さん」とお秀が云った。

"My brother," said Hide.

「これを見て下さい。

"Look at this.

ちゃんと紙に包んであります。

It is properly wrapped in paper.

お秀が宅から用意して持って来たという証拠にはなるでしょう。

It will be proof that Hide brought it from home.

そこにお秀の意味はあるのです」

That is the point of excellence. ''

 お秀はわざわざ枕元の紙包を取り上げて見せた。

Ohyu took the paper package at the bedside and showed it.

「これが親切というものです。

"This is kindness.

あなた方にはどうしてもその意味がお解りにならないから、仕方なしに私が自分で説明します。

I can't help but understand what it means, so I will explain it myself.

そうして兄さんが兄さんらしくして下さらなくっても、私は宅から持って来た親切をここへ置いて行くよりほかに途はないのだという事もいっしょに説明します。

I will also explain that even if my brother is like an older brother, I can't help but leave the kindness I brought from home here.