文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6079-6136)/11494

二人は惹きつけられた。

They were attracted.

今まで持続して来た心の態度に角度の転換が必要になった。

The attitude of the mind that has been sustained until now requires a change in angle.

彼らは遮ぎる事なしに、その輝やきの説明を、彼女の言葉から聴こうとした。

Without interruption, they tried to hear the description of the shine from her words.

彼らの予期と同時に、その言葉はお秀の口を衝いて出た。

At the same time as their expectation, the word came out of excellence.

百九

One hundred ninety

「実は先刻から云おうか止そうかと思って、考えていたんですけれども、そんな風に兄さんから冷笑かされて見ると、私だって黙って帰るのが厭になります。

"Actually, I was thinking about saying or stopping from the very beginning, but when I was ridiculed by my brother like that, I was reluctant to return silently.

だから云うだけの事はここで云ってしまいます。

That's why I just say it here.

けれども一応お断りしておきますが、これから申し上げる事は今までのとは少し意味が違いますよ。

However, let me refuse it for now, but what I will say in the future is a little different from what I have been doing so far.

それを今まで通りの態度で聴いていられると、私だって少し迷惑するかも知れません、というのは、ただ私が誤解されるのが厭だという意味でなくって、私の心持があなた方に通じなくなるという訳合からです」

Listening to it in the same manner as before may make me a little annoying, just because I'm not willing to be misunderstood, Because you will not be able to communicate. "

 お秀の説明はこういう言葉で始まった。

Hide's explanation started with these words.

それがすでに自分の態度を改めかかっている二人の予期に一倍の角度を与えた。

That gave a single angle to the expectations of the two who are already reshaping their attitudes.

彼らは黙ってその後を待った。

They waited silently.

しかしお秀はもう一遍念を押した。

However, he has pressed another idea.

「少しや真面目に聴いて下さるでしょうね。

"You will listen a bit more seriously.

私の方が真面目になったら」

If I became more serious. ''

 こう云ったお秀はその強い眼を津田の上からお延に移した。

お They moved their strong eyes from above Tsuda to Nobu.

「もっとも今までが不真面目という訳でもありませんけれどもね。

"Although it hasn't been so serious yet.

何しろ嫂さんさえここにいて下されば、まあ大丈夫でしょう。

Anyway, if only Sao is here, he'll be fine.

いつもの兄妹喧嘩になったら、その時に止めていただけばそれまでですから」

If it's the usual brother-sister quarrel, stop it at that time and that's it. ''

 お延は微笑して見せた。

延 Onno smiled and showed.

しかしお秀は応じなかった。

However, Hide did not respond.

「私はいつかっから兄さんに云おう云おうと思っていたんです。

"I always wanted to tell my brother.

嫂さんのいらっしゃる前でですよ。

It's before Sao-san's coming.

だけど、その機会がなかったから、今日まで云わずにいました。

But I didn't have that opportunity, so I didn't say it until today.

それを今改めてあなた方のお揃いになったところで申してしまうのです。

I'll tell you when it's yours now.

それはほかでもありません。

It is nothing else.

よござんすか、あなた方お二人は御自分達の事よりほかに何にも考えていらっしゃらない方だという事だけなんです。

It's just that you are two people who have nothing to do with themselves.

自分達さえよければ、いくら他が困ろうが迷惑しようが、まるでよそを向いて取り合わずにいられる方だというだけなんです」

As long as we are ourselves, no matter how much trouble we may have, it's just as if we're just facing away and staying away. ''

 この断案を津田はむしろ冷静に受ける事ができた。

津 Tsuda was able to accept this proposal calmly.

彼はそれを自分の特色と認める上に、一般人間の特色とも認めて疑わなかったのだから。

He recognized it as his own characteristic, and he recognized it as a characteristic of ordinary people and did not doubt it.

しかしお延にはまたこれほど意外な批評はなかった。

But Nobu also did not have such surprising criticism.

彼女はただ呆れるばかりであった。

She was just stunned.

幸か不幸かお秀は彼女の口を開く前にすぐ先へ行った。

Fortunately or unfortunately, Hide went immediately before opening her mouth.

「兄さんは自分を可愛がるだけなんです。

"I just love myself.

嫂さんはまた兄さんに可愛がられるだけなんです。

Sao-san can only be loved by her brother again.

あなた方の眼にはほかに何にもないんです。

There is nothing else in your eyes.

妹などは無論の事、お父さんもお母さんももうないんです」

Of course my sister and I have no father or mother anymore. ''

 ここまで来たお秀は急に後を継ぎ足した。

秀 Hide who came to this place suddenly added later.

二人の中の一人が自分を遮ぎりはしまいかと恐れでもするような様子を見せて。

Show how one of them is blocking themselves and fearing it.

「私はただ私の眼に映った通りの事実を云うだけです。

"I just say the facts that I see.

それをどうして貰いたいというのではありません。

I don't want to get it.

もうその時機は過ぎました。

The time has passed.

有体にいうと、その時機は今日過ぎたのです。

In essence, that time has passed today.

実はたった今過ぎました。

In fact, it has just passed.

あなた方の気のつかないうちに、過ぎました。

It passed without you noticing.

私は何事も因縁ずくと諦らめるよりほかに仕方がありません。

I have no choice but to give up on everything.

しかしその事実から割り出される結果だけは是非共あなた方に聴いていただきたいのです」

But I want you to listen only to the results determined from that fact. ''

 お秀はまた津田からお延の方に眼を移した。

Hide also turned his eyes from Tsuda to Nobu.

二人はお秀のいわゆる結果なるものについて、判然した観念がなかった。

They had no apparent notion of the so-called consequences of Shu.

したがってそれを聴く好奇心があった。

So there was curiosity to listen to it.

だから黙っていた。

So I was silent.

「結果は簡単です」とお秀が云った。

"The result is easy," said Hide.

「結果は一口で云えるほど簡単です。

"The result is as simple as a bit.

しかし多分あなた方には解らないでしょう。

But maybe you won't.

あなた方はけっして他の親切を受ける事のできない人だという意味に、多分御自分じゃ気がついていらっしゃらないでしょうから。

Perhaps you do not realize that you are a person who can never receive other kindness.

こう云っても、あなた方にはまだ通じないかも知れないから、もう一遍繰り返します。

Even so, I may not understand you yet, so I will repeat it all over again.

自分だけの事しか考えられないあなた方は、人間として他の親切に応ずる資格を失なっていらっしゃるというのが私の意味なのです。

It is my meaning that you, who can think only of yourself, have lost the qualification to respond to other kindness as a human being.

つまり他の好意に感謝する事のできない人間に切り下げられているという事なのです。

In other words, they are being devalued by those who cannot appreciate other favors.