文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(6020-6078)/11494

前後の行がかりと自分の性格から割り出されたその注文というのはほかでもなかった。

There was no other order that was determined from the way back and forth and from my personality.

彼女は夫が自分としっくり呼吸を合わせて、それを受け取ってくれれば好いがと心の中で祈ったのである。

She prayed in her heart that she would like her husband to breathe well with her and receive it.

会心の微笑を洩らしながら首肯ずいて、それを鷹揚に枕元へ放り出すか、でなければ、ごく簡単な、しかし細君に対して最も満足したらしい礼をただ一口述べて、再びそれをお延の手に戻すか、いずれにしてもこの小切手の出所について、夫婦の間に夫婦らしい気脈が通じているという事実を、お秀に見せればそれで足りたのである。

Agreed with a smile of conviction and throwing it out to the bedside in a hawk, or else a simple bite, but only a sip of the most satisfying thank you to him, and then again Put it back in your hand, or in any case, it was enough to show off the fact that there was a marital airway between the couple about the origin of the check.

 不幸にして津田にはお延の所作も小切手もあまりに突然過ぎた。

Unfortunately, Nobu's actions and checks were too sudden for Tsuda.

その上こんな場合にやる彼の戯曲的技巧が、細君とは少し趣を異にしていた。

In addition, his playful skills in this case were a little different from Hoso.

彼は不思議そうに小切手を眺めた。

He looked at the check curiously.

それからゆっくり訊いた。

Then I asked slowly.

「こりゃいったいどうしたんだい」

"What's going on here?"

 この冷やかな調子と、等しく冷やかな反問とが、登場の第一歩においてすでにお延の意気込を恨めしく摧いた。

This cold tone and the equally cold rebuttal already grudged Ennobu's enthusiasm in the first step of its appearance.

彼女の予期は外れた。

Her expectations were disappointed.

「どうしもしないわ。

"I won't do anything.

ただ要るから拵えただけよ」

I just need it. "

 こう云った彼女は、腹の中でひやひやした。

っ た She said like this in her belly.

彼女は津田が真面目くさってその後を訊く事を非常に恐れた。

She was very afraid that Tsuda was serious and asked afterwards.

それは夫婦の間に何らの気脈が通じていない証拠を、お秀の前に暴露するに過ぎなかった。

It only revealed before the exaltation that there was no airway between the couple.

「訳なんか病気中に訊かなくってもいいのよ。

"I don't have to ask for any reason while sick.

どうせ後で解る事なんだから」

It's something we will see later. ''

 これだけ云った後でもまだ不安心でならなかったお延は、津田がまだ何とも答えない先に、すぐその次を付け加えてしまった。

延 After all this, he wasn't still uneasy, but immediately added the next after Tsuda didn't say anything.

「よし解らなくったって構わないじゃないの。

"I don't care if you don't understand.

たかがこのくらいのお金なんですもの、拵えようと思えば、どこからでも出て来るわ」

It's this much money, and if you want to make it, it will come from anywhere. ''

 津田はようやく手に持った小切手を枕元へ投げ出した。

Tsuda finally threw the check in her hand at the bedside.

彼は金を欲しがる男であった。

He was a man who wanted money.

しかし金を珍重する男ではなかった。

But he was not a man who values gold.

使うために金の必要を他人より余計痛切に感ずる彼は、その金を軽蔑する点において、お延の言葉を心から肯定するような性質をもっていた。

He felt the need for money to spend more painfully than others, and had a nature that affirmed his words in disdaining that money.

それで彼は黙っていた。

So he was silent.

しかしそれだからまたお延に一口の礼も云わなかった。

However, he did not say a word of thanks again.

 彼女は物足らなかった。

She was not satisfied.

たとい自分に何とも云わないまでも、お秀には溜飲の下るような事を一口でいいから云ってくれればいいのにと、腹の中で思った。

Even though I couldn't say anything to myself, I felt in my stomach that I would just say that I could just say a good thing to drink.

 先刻から二人の様子を見ていたそのお秀はこの時急に「兄さん」と呼んだ。

秀 The younger man who had been watching them since the beginning of the day, suddenly called him “brother”.

そうして懐から綺麗な女持の紙入を出した。

Then she put out a beautiful woman's paper case from her bosom.

「兄さん、あたし持って来たものをここへ置いて行きます」

"My brother, I'll put what I brought here."

 彼女は紙入の中から白紙で包んだものを抜いて小切手の傍へ置いた。

She pulled out a blank piece of paper from the paper case and placed it next to the check.

「こうしておけばそれでいいでしょう」

"That's fine."

 津田に話しかけたお秀は暗にお延の返事を待ち受けるらしかった。

秀 Hide who talked to Tsuda seemed to wait for Ennobu's reply.

お延はすぐ応じた。

Nobun responded immediately.

「秀子さんそれじゃすみませんから、どうぞそんな心配はしないでおいて下さい。

"Sorry, Hideko-san, please don't worry about that.

こっちでできないうちは、ともかくもですけれども、もう間に合ったんですから」

If I couldn't do this, it would be anyway, but I was in time. ''

「だけどそれじゃあたしの方がまた心持が悪いのよ。

"But then I'm feeling worse again.

こうしてせっかく包んでまで持って来たんですから、どうかそんな事を云わずに受取っておいて下さいよ」

I brought it all the way up, so please don't say that. "

 二人は譲り合った。

They gave up.

同じような問答を繰り返し始めた。

I began to repeat similar questions and answers.

津田はまた辛防強くいつまでもそれを聴いていた。

Tsuda was also patiently listening to it forever.

しまいに二人はとうとう兄に向わなければならなくなった。

Eventually they had to turn to their brother.

「兄さん取っといて下さい」

"Please take my brother"

「あなたいただいてもよくって」

"I'm okay with you"

 津田はにやにやと笑った。

Tsuda grinned.

「お秀妙だね。

"It's exquisite.

先刻はあんなに強硬だったのに、今度はまた馬鹿に安っぽく貰わせようとするんだね。

I was so hard last time, but this time I'm trying to get a fool cheaper again.

いったいどっちが本当なんだい」

Which is true?

 お秀は屹となった。

Osu became a tower.

「どっちも本当です」

"Both are true."

 この答は津田に突然であった。

This answer was sudden to Tsuda.

そうしてその強い調子が、どこまでも冷笑的に構えようとする彼の機鋒を挫いた。

The strong tone then thwarted his horizons, trying to be cynical.

お延にはなおさらであった。

It was even more so.

彼女は驚ろいてお秀を見た。

She was surprised and looked at her.

その顔は先刻と同じように火熱っていた。

His face was as hot as before.

けれども涼しい彼女の眼に宿る光りは、ただの怒りばかりではなかった。

But the light in her cool eyes was not just anger.

口惜しいとか無念だとかいう敵意のほかに、まだ認めなければならない或物がそこに陽炎った。

Apart from the resentment and remorse of hostility, there was something that still had to be acknowledged.

しかしそれが何であるかは、彼女の口を通して聴くよりほかに途がなかった。

But what it was was no less than listening through her mouth.