文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5949-6019)/11494

 しまいに津田とお秀の間に下のような問答が起った。

Finally, the following question and answer occurred between Tsuda and Hide.

「始めから黙っていれば、それまでですけれども、いったん云い出しておきながら、持って来た物を渡さずにこのまま帰るのも心持が悪うござんすから、どうか取って下さいよ。

"If you're silent from the beginning, it's up to that point, but it's awkward to return home without giving out what you brought, so please take it.

兄さん」

Elder brother "

「置いて行きたければ置いといでよ」

"If you want to leave, please leave it."

「だから取るようにして取って下さいな」

"So take it as you take it."

「いったいどうすればお前の気に入るんだか、僕には解らないがね、だからその条件をもっと淡泊に云っちまったらいいじゃないか」

"I don't know how you like it, but I guess it would be nicer to say that condition more lightly."

「あたし条件なんてそんなむずかしいものを要求してやしません。

"I do not demand such difficult conditions.

ただ兄さんが心持よく受取って下されば、それでいいんです。

That's all you need if your brother receives it comfortably.

つまり兄妹らしくして下されば、それでいいというだけです。

In other words, it's just fine if you're a brother and sister.

それからお父さんにすまなかったと本気に一口おっしゃりさえすれば、何でもないんです」

And if you really say that you're sorry for your dad, it's nothing. "

「お父さんには、とっくの昔にもうすまなかったと云っちまったよ。

"I told my dad that I was sorry long ago.

お前も知ってるじゃないか。

You know it too.

しかも一口や二口じゃないやね」

And it's not a bite or two. "

「けれどもあたしの云うのは、そんな形式的のお詫じゃありません。

"But I am not such a formal apology.

心からの後悔です」

It's a real regret. ''

 津田はたかがこれしきの事にと考えた。

Tsuda thought that this was the case.

後悔などとは思いも寄らなかった。

I never thought of regret.

「僕の詫|様が空々しいとでも云うのかね、なんぼ僕が金を欲しがるったって、これでも一人前の男だよ。

"My apology | I'm afraid that I'm vacant, I'm a man alone for what I want for money.

そうぺこぺこ頭を下げられるものか、考えても御覧な」

See if you can think of something that can lower your head. ''

「だけれども、兄さんは実際お金が欲しいんでしょう」

"But my brother actually wants money."

「欲しくないとは云わないさ」

"I can't say I don't want it."

「それでお父さんに謝罪ったんでしょう」

"So you apologized to your dad"

「でなければ何も詫る必要はないじゃないか」

"I don't have to apologize otherwise."

「だからお父さんが下さらなくなったんですよ。

"So my dad's gone.

兄さんはそこに気がつかないんですか」

Doesn't your brother notice it? "

 津田は口を閉じた。

Tsuda closed his mouth.

お秀はすぐ乗しかかって行った。

Shuu came on board immediately.

「兄さんがそういう気でいらっしゃる以上、お父さんばかりじゃないわ、あたしだって上げられないわ」

"Because my brother is that kind of mind, I'm not the only dad, I can't even raise it."

「じゃお止しよ。

"I'll stop.

何も無理に貰おうとは云わないんだから」

I don't mean to force me to do anything. ''

「ところが無理にでも貰おうとおっしゃるじゃありませんか」

"But you're trying to get it forcibly?"

「いつ」

"When"

「先刻からそう云っていらっしゃるんです」

"You said that from the beginning."

「言がかりを云うな、馬鹿」

"Don't say a word, idiot"

「言がかりじゃありません。

"I'm not saying.

先刻から腹の中でそう云い続けに云ってるじゃありませんか。

Haven't you been saying that in your belly since the last time?

兄さんこそ淡泊でないから、それが口へ出して云えないんです」

I can't say it because my brother isn't light. "

 津田は一種|嶮しい眼をしてお秀を見た。

Tsuda is a kind |

その中には憎悪が輝やいた。

In it was hatred.

けれども良心に対して恥ずかしいという光はどこにも宿らなかった。

But the light of being ashamed of the conscience did not dwell anywhere.

そうして彼が口を利いた時には、お延でさえその意外なのに驚ろかされた。

And when he spoke, even Nobori was surprised at the surprise.

彼は彼に支配できる最も冷静な調子で、彼女の予期とはまるで反対の事を云った。

He was the coolest man to rule over him, saying the opposite of her expectation.

「お秀お前の云う通りだ。

"It's exactly what you say.

兄さんは今改めて自白する。

My brother confesses again.

兄さんにはお前の持って来た金が絶対に入用だ。

Your brother definitely needs the money you bring.

兄さんはまた改めて公言する。

He again professed again.

お前は妹らしい情愛の深い女だ。

You are a sister-loving woman.

兄さんはお前の親切を感謝する。

Brother thank you for your kindness.

だからどうぞその金をこの枕元へ置いて行ってくれ」

So please put that money on this bedside. ''

 お秀の手先が怒りで顫えた。

秀 Hide's minions tremble with anger.

両方の頬に血が差した。

Blood on both cheeks.

その血は心のどこからか一度に顔の方へ向けて動いて来るように見えた。

The blood seemed to move from somewhere in my heart to my face at once.

色が白いのでそれが一層|鮮やかであった。

It was more vivid because the color was white.

しかし彼女の言葉|遣いだけはそれほど変らなかった。

But her wording did not change much.

怒りの中に微笑さえ見せた彼女は、不意に兄を捨てて、輝やいた眼をお延の上に注いだ。

With a smile in her anger, she suddenly abandoned her brother and poured her glowing eyes on her forehead.

「嫂さんどうしましょう。

"Let's do what the sansou do.

せっかく兄さんがああおっしゃるものですから、置いて行って上げましょうか」

My brother is the one who mentioned you, so let's leave it up. ''

「そうね、そりゃ秀子さんの御随意でよござんすわ」

"That's right, at the discretion of Hideko Sorii."

「そう。

"so.

でも兄さんは絶対に必要だとおっしゃるのね」

But you say you need it. ''

「ええ良人には絶対に必要かも知れませんわ。

"Yes, it may be absolutely necessary for good people.

だけどあたしには必要でも何でもないのよ」

But I don't need or do anything. ''

「じゃ兄さんと嫂さんとはまるで別ッこなのね」

"Then, my brother and Sao are totally different."

「それでいて、ちっとも別ッこじゃないのよ。

"But it's not a different thing.

これでも夫婦だから、何から何までいっしょくたよ」

I'm still a couple, so everything was together. ''

「だって――」

"But--"

 お延は皆まで云わせなかった。

Nobun couldn't tell everyone.

「良人に絶対に必要なものは、あたしがちゃんと拵えるだけなのよ」

"The only thing a good man needs is just to make it properly."

 彼女はこう云いながら、昨日岡本の叔父に貰って来た小切手を帯の間から出した。

While saying this, she issued a check that she had received from Okamoto's uncle yesterday.

百八

One hundred eighty

 彼女がわざとらしくそれをお秀に見せるように取扱いながら、津田の手に渡した時、彼女には夫に対する一種の注文があった。

She had a kind of order for her husband when she handed it to Tsuda's hand, deliberately treating it to show excellence.