文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5881-5948)/11494

あたしにもよく解らないんですから。

I don't understand well.

だけど、どこかにあるのよ、強情なところが」

But it's somewhere, there's a strong feeling. ''

「馬鹿」

"fool"

 馬鹿と云われたお延はかえって心持ち好さそうに微笑した。

お Onen, who was called an idiot, smiled rather comfortably.

お秀はたまらなくなった。

Hide is dying.

「兄さん、あなたなぜあたしの持って来たものを素直にお取りにならないんです」

"Oh brother, why don't you take what I brought with me?"

「素直にも義剛にも、取るにも取らないにも、お前の方でてんから出さないんじゃないか」

"Whether you're honest, Yoshiyoshi, take it, don't take it, don't let it come out of you."

「あなたの方でお取りになるとおっしゃらないから、出せないんです」

"I didn't tell you if you took it, so I can't put it out."

「こっちから云えば、お前の方で出さないから取らないんだ」

"From this point, I won't take it because you don't put it out."

「しかし取るようにして取って下さらなければ、あたしの方だって厭ですもの」

"But if you take it and don't take it down, I'm afraid."

「じゃどうすればいいんだ」

"What should I do?"

「解ってるじゃありませんか」

"I understand you?"

 三人はしばらく黙っていた。

The three were silent for a while.

 突然津田が云い出した。

Suddenly Tsuda said.

「お延お前お秀に詫まったらどうだ」

"What if you apologize to Ohno you?"

 お延は呆れたように夫を見た。

Onno looked at her husband as if she was stunned.

「なんで」

"why"

「お前さえ詫まったら、持って来たものを出すというつもりなんだろう。

"If you apologize, you're going to get what you brought.

お秀の料簡では」

In the excellence of the letter "

「あたしが詫まるのは何でもないわ。

"I don't apologize for anything.

あなたが詫まれとおっしゃるなら、いくらでも詫まるわ。

If you say apologies, I apologize as much as you want.

だけど――」

However--"

 お延はここで訴えの眼をお秀に向けた。

Onno turned his eyes on the appeal here.

お秀はその後を遮った。

Hide interrupted the rest.

「兄さん、あなた何をおっしゃるんです。

"What are you talking about, Brother?

あたしがいつ嫂さんに詫まって貰いたいと云いました。

I said when I would like Sao to apologize.

そんな言がかりを捏造されては、あたしが嫂さんに対して面目なくなるだけじゃありませんか」

If I make such a statement, wouldn't I just take care of Sao-san? "

 沈黙がまた三人の上に落ちた。

The silence fell on them again.

津田はわざと口を利かなかった。

Tsuda did not speak on purpose.

お延には利く必要がなかった。

I didn't have to work.

お秀は利く準備をした。

He is ready to work.

「兄さん、あたしはこれでもあなた方に対して義務を尽しているつもりです。

"My brother, I'm still doing my duty to you.

――」

―― 」

 お秀がやっとこれだけ云いかけた時、津田は急に質問を入れた。

秀 When he finally said this, Tsuda suddenly asked a question.

「ちょっとお待ち。

"Wait a minute.

義務かい、親切かい、お前の云おうとする言葉の意味は」

What do you mean by duty, kindness, and what you mean? "

「あたしにはどっちだって同なじ事です」

"Either way is the same for me."

「そうかい。

"Yes.

そんなら仕方がない。

There is no help for it.

それで」

So "

「それでじゃありません。

"That's not it.

だからです。

That's why.

あたしがあなた方の陰へ廻って、お父さんやお母さんを突ッついた結果、兄さんや嫂さんに不自由をさせるのだと思われるのが、あたしにはいかにも辛いんです。

It's hard for me to think that I'm going to your shade and poking at my dad and mother, and as a result I'm going to make my brother and Sao inconvenience.

だからその額だけをどうかして上げようと云う好意から、今日わざわざここへ持って来たと云うんです。

So, from the favor of raising that amount, it is said that he brought it here today.

実は昨日嫂さんから電話がかかった時、すぐ来ようと思ったんですけれども、朝のうちは宅に用があったし、午からはその用で銀行へ行く必要ができたものですから、つい来損なっちまったんです。

Actually, when I received a call from Sao yesterday, I thought I would come soon, but in the morning I had a business at home and in the afternoon I needed to go to the bank for that purpose. I was spoiled.

元々わずかな金額ですから、それについてとやかく云う気はちっともありませんけれども、あたしの方の心遣いは、まるで兄さんに通じていないんだから、それがただ残念だと云いたいんです」

Originally it's a small amount, so I don't really care about it, but I'm just sorry that I don't know how much I care about my brother. ''

 お延はなお黙っている津田の顔を覗き込んだ。

延 Onno looked into Tsuda's face, who was still silent.

「あなた何とかおっしゃいよ」

"I'm gonna tell you somehow"

「何て」

"What?"

「何てって、お礼をよ。

"Thank you.

秀子さんの親切に対してのお礼よ」

Thanks to Hideko for her kindness. ''

「たかがこれしきの金を貰うのに、そんなに恩に着せられちゃ厭だよ」

"I don't want to be so grateful to get this kind of money."

「恩に着せやしないって今云ったじゃありませんか」とお秀が少し癇走った声で弁解した。

"I guess you haven't dressed me now," exclaimed Shuuo, who shouted a little.

お延は元通りの穏やかな調子を崩さなかった。

Ono did not lose his calm condition.

「だから強情を張らずに、お礼をおっしゃいと云うのに。

"That's why I would like to thank you without being stubborn.

もしお金を拝借するのがお厭なら、お金はいただかないでいいから、ただお礼だけをおっしゃいよ」

If you don't mind borrowing money, don't worry about it, just say thanks. ''

 お秀は変な顔をした。

Osu looked weird.

津田は馬鹿を云うなという態度を示した。

Tsuda showed a stupid attitude.

百七

One hundred seventy

 三人は妙な羽目に陥った。

They fell into a strange situation.

行がかり上一種の関係で因果づけられた彼らはしだいに話をよそへ持って行く事が困難になってきた。

On the way, they have been causally attributed to a kind of relationship, and it has become increasingly difficult to take the story elsewhere.

席を外す事は無論できなくなった。

Of course I couldn't leave my seat.

彼らはそこへ坐ったなり、どうでもこうでも、この問題を解決しなければならなくなった。

They sat there and, whatever the way, they had to solve this problem.

 しかも傍から見たその問題はけっして重要なものとは云えなかった。

In addition, the problem viewed from the side was never important.

遠くから冷静に彼らの身分と境遇を眺める事のできる地位に立つ誰の眼にも、小さく映らなければならない程度のものに過ぎなかった。

It was just a matter of having to be small and visible to anyone in a position who could calmly view their status and circumstances from afar.

彼らは他から注意を受けるまでもなくよくそれを心得ていた。

They knew it well without any attention.

けれども彼らは争わなければならなかった。

But they had to fight.

彼らの背後に背負っている因縁は、他人に解らない過去から複雑な手を延ばして、自由に彼らを操った。

The kinship behind them has reached out to the complex hands from the past, unknown to others, and manipulated them freely.