文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5807-5880)/11494

「ええ」

"Yes"

 お秀はそれぎり何にも云わなかった。

秀 Oh did not say anything.

お延は後をつけた。

Nobun followed.

「京都でもいろいろお物費が多いでしょうからね。

"Because there will be many expenses in Kyoto as well.

それに元々こちらが悪いんですから」

And originally it's bad. ''

 お秀にはこの時ほどお延の指にある宝石が光って見えた事はなかった。

秀 Hide had never seen the jewels on Nobun's finger shine like this time.

そうしてお延はまたさも無邪気らしくその光る指輪をお秀の前に出していた。

Then Nobu was again innocent and put out the glowing ring in front of excellence.

お秀は云った。

Exclaimed.

「そういう訳でもないんでしょうけれどもね。

"That's not the case, though.

年寄は変なもので、兄さんを信じているんですよ。

The elderly are strange and I believe in my brother.

そのくらいの工面はどうにでもできるぐらいに考えて」

Think about that level of work as much as you can. ''

 お延は微笑した。

Onno smiled.

「そりゃ、いざとなればどうにかこうにかなりますよ、ねえあなた」

"Well, it's pretty much anyway in case of an emergency, hey you"

 こう云って津田の方を見たお延は、「早くなるとおっしゃい」という意味を眼で知らせた。

延 Nobu, who looked at Tsuda, told her with the meaning of “you say you would be faster”.

しかし津田には、彼女のして見せる眼の働らきが解っても、意味は全く通じなかった。

However, Tsuda did not make any sense at all even if she understood the work of the eyes she showed.

彼はいつも繰り返す通りの事を云った。

He always said what he would repeat.

「ならん事もあるまいがね、おれにはどうもお父さんの云う事が変でならないんだ。

"I don't think there's anything, but I'm not going to change my father's words.

垣根を繕ろったの、家賃が滞ったのって、そんな費用は元来|些細なものじゃないか」

The cost of repairing fences and rent arrears is inherently trivial. "

「そうも行かないでしょう、あなた。

"I won't go that way, you.

これで自分の家を一軒持って見ると」

Now if you look at your own house, "

「我々だって一軒持ってるじゃないか」

"I think we have one."

 お延は彼女に特有な微笑を今度はお秀の方に見せた。

延 Nobu showed her a unique smile this time to the excellence.

お秀も同程度の愛嬌を惜まずに答えた。

Hide answered the same level of charm.

「兄さんはその底に何か魂胆があるかと思って、疑っていらっしゃるんですよ」

"My brother is wondering if there is something soulful at the bottom."

「そりゃあなた悪いわ、お父さまを疑ぐるなんて。

"Well, you're bad, I doubt my father.

お父さまに魂胆のあるはずはないじゃありませんか、ねえ秀子さん」

I guess my father shouldn't be soulful, Hideko Hey. ''

「いいえ、父や母よりもね、ほかにまだ魂胆があると思ってるんですのよ」

"No, I think I'm still more daring than my father or mother."

「ほかに?」

"Besides?"

 お延は意外な顔をした。

延 Ono looked unexpected.

「ええ、ほかにあると思ってるに違ないのよ」

"Yes, I guess there's nothing else."

 お延は再び夫の方に向った。

延 Nobun turned to her husband again.

「あなた、そりゃまたどういう訳なの」

"You, that's why again"

「お秀がそう云うんだから、お秀に訊いて御覧よ」

"Since he says so, ask him to see it."

 お延は苦笑した。

延 Onno smiled.

お秀の口を利く順番がまた廻って来た。

The order to use the excellence came again.

「兄さんはあたし達が陰で、京都を突ッついたと思ってるんですよ」

"My brother thinks we're in the shadows and we've rushed to Kyoto."

「だって――」

"But--"

 お延はそれより以上云う事ができなかった。

Nobori couldn't say any more.

そうしてその云った事はほとんど意味をなさなかった。

And that said made little sense.

お秀はすぐその虚を充たした。

He soon filled his emptiness.

「それで先刻から大変|御機嫌が悪いのよ。

"That ’s why it ’s very difficult from the beginning.

もっともあたしと兄さんと寄るときっと喧嘩になるんですけれどもね。

However, when I approach my brother, it's a fight.

ことにこの事件このかた」

Especially in this case, this person. "

「困るのね」とお延は溜息交りに答えた後で、また津田に訊きかけた。

"I'm in trouble," answered Nobu, sighing, and asked Tsuda again.

「しかしそりゃ本当の事なの、あなた。

"But that's true, you.

あなただって真逆そんな男らしくない事を考えていらっしゃるんじゃないでしょう」

I guess you're just thinking that you're not such a man. ''

「どうだか知らないけれども、お秀にはそう見えるんだろうよ」

"I don't know how it is, but I think it looks good to you."

「だって秀子さん達がそんな事をなさるとすれば、いったい何の役に立つと、あなた思っていらっしゃるの」

"Because Hideko and his colleagues do what you think would be useful."

「おおかた見せしめのためだろうよ。

"It's probably for the sake of showing.

おれにはよく解らないけれども」

I don't understand well. ''

「何の見せしめなの?

"What is it showing?

 いったいどんな悪い事をあなたなすったの」

What bad thing have you done? ''

「知らないよ」

"I don't know."

 津田は蒼蠅そうにこう云った。

Tsuda seemed to fly.

お延は取りつく島もないといった風にお秀を見た。

Nobu saw excellence as if there was no island to reach.

どうか助けて下さいという表情が彼女の細い眼と眉の間に現われた。

An expression of help please appeared between her thin eyes and eyebrows.

百六

One hundred sixty

「なに兄さんが強情なんですよ」とお秀が云い出した。

"What your brother is passionate about," said Hide.

嫂に対して何とか説明しなければならない位地に追いつめられた彼女は、こう云いながら腹の中でなおの事その嫂を憎んだ。

She was trapped in a position where she had to explain it to her, and hated her in her belly.

彼女から見たその時のお延ほど、空々しいまたずうずうしい女はなかった。

At the time she saw her, there was no more vain and noble woman.

「ええ良人は強情よ」と答えたお延はすぐ夫の方を向いた。

"Yes, good people are passionate," answered Nobun, immediately turned to her husband.

「あなた本当に強情よ。

"You are really passionate.

秀子さんのおっしゃる通りよ。

That's exactly what Hideko said.

そのくせだけは是非おやめにならないといけませんわ」

That habit must be stopped by all means. ''

「いったい何が強情なんだ」

"What exactly is passionate?"

「そりゃあたしにもよく解らないけれども」

"I don't understand it well."

「何でもかでもお父さんから金を取ろうとするからかい」

"Teasing me to get money from my dad"

「そうね」

"Yes"

「取ろうとも何とも云っていやしないじゃないか」

"I guess I won't say anything if I take it."

「そうね。

"Yes.

そんな事おっしゃるはずがないわね。

I can't say that.

またおっしゃったところで効目がなければ仕方がありませんからね」

Also, there is no help for it if it does not work. ''

「じゃどこが強情なんだ」

"Where is the passion?"

「どこがってお聴きになっても駄目よ。

"No matter where you listen.