文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5748-5806)/11494

 津田は薄い小型な書物を一つ一つ取り上げて、さらさら頁を翻えして見たぎりで、再びそれを枕元へ置いた。

Takatsuda picked up the thin, small books one by one, flipped the pages over and over, and placed them again at the bedside.

彼はその一行さえ読む気にならなかった。

He didn't mind reading that line.

批評を加える勇気などはどこからも出て来なかった。

The courage to add criticism did not come from anywhere.

彼は黙っていた。

He was silent.

お延はその間にまたお秀と二言三言ほど口を利いた。

In the meantime, Nobun spoke again with Hide, about two or three words.

それもみんな彼女の方から話しかけて、必要な返事だけを、云わば相手の咽喉から圧し出したようなものであった。

It was all like talking to her and pressing out only the necessary answers, so to speak, from the throat of the other person.

 お延はまた懐中から一通の手紙を出した。

Nobun also wrote a letter from his pocket.

「今|来がけに郵便函の中を見たら入っておりましたから、持って参りました」

"Now | I came to the post box when I came to see it, so I brought it in."

 お延の言葉は几帳面に改たまっていた。

Nobun's words were meticulously revised.

津田と差向いの時に比べると、まるで別人のように礼儀正しかった。

When compared to Tsuda, he was polite like a different person.

彼女はその形式的なよそよそしいところを暗に嫌っていた。

She hated the formal strangeness.

けれども他人の前、ことにお秀の前では、そうした不自然な言葉|遣いを、一種の意味から余儀なくされるようにも思った。

But in front of others, especially in excellence, I thought I would be forced to use such unnatural language |

 手紙は夫婦の間に待ち受けられた京都の父からのものであった。

The letter was from a Kyoto father who had been waiting for the couple.

これも前便と同じように書留になっていないので、眼前の用を弁ずる中味に乏しいのは、お秀からまだ何にも聞かせられないお延にもほぼ見当だけはついていた。

Again, this was not registered as in the previous post, so there was almost no idea about the lack of content that could be used in front of the eyes, even in Nobu, who still couldn't hear anything.

 津田は封筒を切る前に彼女に云った。

Tsuda told her before cutting the envelope.

「お延|駄目だとさ」

"Nobu | No use"

「そう、何が」

"Yes, what?"

「お父さんはいくら頼んでももうお金をくれないんだそうだ」

"Dad says he doesn't give any money no matter how much he asks."

 津田の云い方は珍らしく真摯の気に充ちていた。

Tsuda's way of saying was unusual and full of sincerity.

お秀に対する反抗心から、彼はいつの間にかお延に対して平たい旦那様になっていた。

Out of rebellion against Hide, he had become a flat husband against Ono.

しかもそこに自分はまるで気がつかずにいた。

Moreover, I was completely unaware of it.

衒い気のないその態度がお延には嬉しかった。

I'm glad that his attitude without being embarrassed.

彼女は慰さめるような温味のある調子で答えた。

She replied with a soothing tone.

言葉遣いさえ吾知らず、平生の自分に戻ってしまった。

I didn't even know the language, and I returned to Heisei.

「いいわ、そんなら。

"Okay, that's it.

こっちでどうでもするから」

I don't care here. "

 津田は黙って封を切った。

Tsuda silently opened the seal.

中から出た父の手紙はさほど長いものではなかった。

My father's letter from inside was not very long.

その上一目見ればすぐ要領を得られるくらいな大きな字で書いてあった。

In addition, it was written in large letters so that at a glance you could get the point right away.

それでも女二人は滑稽本の場合のように口を利き合わなかった。

Still, the girls did not talk as they did in the comic book.

ひとしく注意の視線を巻紙の上に向けているだけであった。

He just turned his attention on the roll of paper.

だから津田がそれを読み了って、元通りに封筒の中へ入れたのを、そのまま枕元へ投げ出した時には、二人にも大体の意味はもう呑み込めていた。

So when Tsuda finished reading it and put it back in the envelope, he threw it out to the bedside, and both of them had already swallowed the meaning.

それでもお秀はわざと訊いた。

Still, he asked on purpose.

「何と書いてありますか、兄さん」

"What do you say, brother?"

 気のない顔をしていた津田は軽く「ふん」と答えた。

津 Tsuda, who had a casual face, replied lightly.

お秀はちょっとよそを向いた。

Hide turned a little bit away.

それからまた訊いた。

Then I asked again.

「あたしの云った通りでしょう」

"I guess I said."

 手紙にははたして彼女の推察する通りの事が書いてあった。

The letter actually wrote exactly what she guessed.

しかしそれ見た事かといったような妹の態度が、津田にはいかにも気に喰わなかった。

However, the attitude of his sister, such as seeing it, did not like Tsuda.

それでなくっても先刻からの行がかり上、彼は天然自然の返事をお秀に与えるのが業腹であった。

If not, he had to go from the very beginning and give the excellence of natural nature.

百五

Hyakugo

 お延には夫の気持がありありと読めた。

延 You read that Nobun had a feeling of her husband.

彼女は心の中で再度の衝突を惧れた。

She feared another collision in her mind.

と共に、夫の本意をも疑った。

At the same time, I doubted my husband's intention.

彼女の見た平生の夫には自制の念がどこへでもついて廻った。

The whereabouts of self-restraint went around where he saw her husband.

自制ばかりではなかった。

It was not just self-control.

腹の奥で相手を下に見る時の冷かさが、それにいつでも付け加わっていた。

The cold of looking down at the opponent in the back of my belly was always added to it.

彼女は夫のこの特色中に、まだ自分の手に余る或物が潜んでいる事をも信じていた。

She also believed that there was still something lurking in her hands during this feature of her husband.

それはいまだに彼女にとっての未知数であるにもかかわらず、そこさえ明暸に抑えれば、苦もなく彼を満足に扱かい得るものとまで彼女は思い込んでいた。

Even though it was still unknown to her, she convinced that if she kept it clear, she would be able to treat him satisfactorily without difficulty.

しかし外部に現われるだけの夫なら一口で評するのもそれほどむずかしい事ではなかった。

However, it was not so difficult to give a word of mouth to a husband who only appeared outside.

彼は容易に怒らない人であった。

He was not easily offended.

英語で云えば、テンパーを失なわない例にもなろうというその人が、またどうして自分の妹の前にこう破裂しかかるのだろう。

In English, that person, who would be an example of not losing temper, would again burst before his sister.

もっと、厳密に云えば、彼女が室に入って来る前に、どうしてあれほど露骨に破裂したのだろう。

More precisely, why did she so rupture before she came into the room?

とにかく彼女は退きかけた波が再び寄せ返す前に、二人の間に割り込まなければならなかった。

Anyway, she had to break between them before the retreating wave came back again.

彼女は喧嘩の相手を自分に引き受けようとした。

She tried to take on the quarrel with her.

「秀子さんの方へもお父さまから何かお音信があったんですか」

"Have you received any messages from your father to Hideko?"

「いいえ母から」

"No from my mother"

「そう、やっぱりこの事について」

"Yes, about this."