文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5695-5747)/11494

みごとに予期の外れた彼女は、またはっと思わせられた。

She was unexpectedly disappointed.

硬い緊張が弛む暇なく再び彼女を襲って来た。

Hard tensions attacked her again without time to relax.

彼女は津田に向ってお秀の口から抛げつけられる嫂さんというその言葉が、どんな意味に用いられているかを知らなければならなかった。

She had to know what the meaning of the word, Sao, who was thrown away from her mouth toward Tsuda, was used.

彼女は耳を澄ました。

She listened.

 二人の語勢は聴いているうちに急になって来た。

語 The vocabulary of the two became sudden while listening.

二人は明らかに喧嘩をしていた。

The two were obviously fighting.

その喧嘩の渦中には、知らない間に、自分が引き込まれていた。

In the middle of the quarrel, I was drawn in without knowing.

あるいは自分がこの喧嘩の主な原因かも分らなかった。

Or I didn't know what was the main cause of this fight.

 しかし前後の関係を知らない彼女は、ただそれだけで自分の位置をきめる訳に行かなかった。

But she didn't know the context, but she couldn't just decide her position.

それに二人の使う、というよりもむしろお秀の使う言葉は霰のように忙がしかった。

And the words of excellence, rather than their use, were as busy as hail.

後から後から落ちてくる単語の意味を、一粒ずつ拾って吟味している閑などはとうていなかった。

He didn't end up picking up and examining the meaning of the words that fell later on, one by one.

「人格」、「大事にする」、「当り前」、こんな言葉がそれからそれへとそこに佇立んでいる彼女の耳朶を叩きに来るだけであった。

"Personal", "Take care", "Natural", these words then only came to beat her earlobe standing there.

 彼女は事件が分明になるまでじっと動かずに立っていようかと考えた。

She thought whether she would stand still until the case became clear.

するとその時お秀の口から最後の砲撃のように出た「兄さんは嫂さんよりほかにもまだ大事にしている人があるのだ」という句が、突然彼女の心を震わせた。

At that time, the phrase "Your brother still cares more than Sao" shouted at her heart as she shook her last shot.

際立って明暸に聞こえたこの一句ほどお延にとって大切なものはなかった。

Nothing was more important to Ono than this phrase, which sounded distinctly clear.

同時にこの一句ほど彼女にとって不明暸なものもなかった。

At the same time, there was nothing more obscure to her than this phrase.

後を聞かなければ、それだけで独立した役にはとても立てられなかった。

Unless we listened later, it was not enough to stand alone.

お延はどんな犠牲を払っても、その後を聴かなければ気がすまなかった。

No matter what the cost, he wouldn't notice unless he listened.

しかしその後はまたどうしても聴いていられなかった。

But after that I couldn't listen again.

先刻から一言葉ごとに一調子ずつ高まって来た二人の遣取は、ここで絶頂に達したものと見傚すよりほかに途はなかった。

The exchange between the two, who had been growing one word at a time since the beginning, had no other way but to imitate the culmination here.

もう一歩も先へ進めない極端まで来ていた。

He had reached an extreme where he could not go any further.

もし強いて先へ出ようとすれば、どっちかで手を出さなければならなかった。

If I had to go ahead, I had to go somewhere.

したがってお延は不体裁を防ぐ緩和剤として、どうしても病室へ入らなければならなかった。

Therefore, Eno had to enter the hospital room as a palliative to prevent illness.

 彼女は兄妹の中をよく知っていた。

She knew her brother and sister well.

彼らの不和の原因が自分にある事も彼女には平生から解っていた。

She also knew that her cause of their discord was herself.

そこへ顔を出すには、出すだけの手際が要った。

It took a lot of work to put a face there.

しかし彼女にはその自信がないでもなかった。

But she was not confident.

彼女は際どい刹那に覚悟をきめた。

She decided to prepare for a terrible moment.

そうしてわざと静かに病室の襖を開けた。

Then I purposely quietly opened the sliding door in the hospital room.

百四

One hundred four

 二人ははたしてぴたりと黙った。

They were silent.

しかし暴風雨がこれから荒れようとする途中で、急にその進行を止められた時の沈黙は、けっして平和の象徴ではなかった。

But when the storm was about to get rough, the silence when it stopped suddenly was never a symbol of peace.

不自然に抑えつけられた無言の瞬間にはむしろ物凄い或物が潜んでいた。

At the moment of silence suppressed unnaturally, something rather terrible lurks.

 二人の位置関係から云って、最初にお延を見たものは津田であった。

か ら Based on their relationship, Tsuda was the first to see Nobu.

南向の縁側の方を枕にして寝ている彼の眼に、反対の側から入って来たお延の姿が一番早く映るのは順序であった。

It was in order that his eyes, sleeping on the porch on the southern side of the porch, could see Enno coming in from the other side.

その刹那に彼は二つのものをお延に握られた。

At that moment he was holding on to two things.

一つは彼の不安であった。

One was his anxiety.

一つは彼の安堵であった。

One was his relief.

困ったという心持と、助かったという心持が、包み蔵す余裕のないうちに、一度に彼の顔に出た。

The feeling of being troubled and the feeling of being saved came out to his face at once before he could afford to wrap it.

そうしてそれが突然入って来たお延の予期とぴたりと一致した。

Then it coincided with the expectation that Ono suddenly came in.

彼女はこの時夫の面上に現われた表情の一部分から、或物を疑っても差支えないという証左を、永く心の中に掴んだ。

She grasped in her heart for a long time a part of the expression that appeared on her husband's face that she could safely suspect something.

しかしそれは秘密であった。

But it was a secret.

とっさの場合、彼女はただ夫の他の半面に応ずるのを、ここへ来た刻下の目的としなければならなかった。

In the event of an emergency, she had to just respond to the other side of her husband's purpose for the purpose of coming here.

彼女は蒼白い頬に無理な微笑を湛えて津田を見た。

She looked at Tsuda with an unreasonable smile on her pale cheek.

そうしてそれがちょうどお秀のふり返るのと同時に起った所作だったので、お秀にはお延が自分を出し抜いて、津田と黙契を取り換わせているように取れた。

And so it was just the act that happened at the same time as Hideyoshi turned around, so that she could get over as if she had passed herself and replaced her with Tsuda.

薄赤い血潮が覚えずお秀の頬に上った。

The pale red blood bleeds on her cheek without remembering it.

「おや」

"Oya"

「今日は」

"today"

 軽い挨拶が二人の間に起った。

A light greeting occurred between them.

しかしそれが済むと話はいつものように続かなかった。

But once that was done, the story did not continue as usual.

二人とも手持無沙汰に圧迫され始めなければならなかった。

Both of them had to start being squeezed by the lack of hands.

滅多な事の云えないお延は、脇に抱えて来た風呂敷包を開けて、岡本の貸してくれた英語の滑稽本を出して津田に渡した。

In a rare case, Nobun opened the furoshiki wrapper he was holding aside and issued a comic book in English lent by Okamoto to Tsuda.

その指の先には、お秀が始終腹の中で問題にしている例の指輪が光っていた。

At the tip of the finger was shined the ring in the example that Shui had in the middle of the stomach.