文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5632-5694)/11494

 津田の癇癪は始めて破裂した。

Tsuda's temper burst for the first time.

「お前に人格という言葉の意味が解るか。

"Do you understand the word personality?

たかが女学校を卒業したぐらいで、そんな言葉をおれの前で人並に使うのからして不都合だ」

It's inconvenient because I just graduated from a girl's school and used those words in front of me.

「私は言葉に重きをおいていやしません。

"I do not heal words.

事実を問題にしているのです」

It's about fact. ''

「事実とは何だ。

"What is fact?

おれの頭の中にある事実が、お前のような教養に乏しい女に捕まえられると思うのか。

Do you think the facts in my head will be caught by a poorly educated woman like you?

馬鹿め」

Idiot "

「そう私を軽蔑なさるなら、御注意までに申します。

"If you look down on me, I will be careful.

しかしよござんすか」

But I'm sorry. "

「いいも悪いも答える必要はない。

"No need to answer, good or bad.

人の病気のところへ来て何だ、その態度は。

What is the attitude of coming to a person's illness?

それでも妹だというつもりか」

Still intending to be a sister? "

「あなたが兄さんらしくないからです」

"Because you don't look like an older brother."

「黙れ」

"Shut up"

「黙りません。

"I will not be silent.

云うだけの事は云います。

I just say that.

兄さんは嫂さんに自由にされています。

The older brother is freed by Sao.

お父さんや、お母さんや、私などよりも嫂さんを大事にしています」

I value him more than my dad, mom, or me. "

「妹より妻を大事にするのはどこの国へ行ったって当り前だ」

"It's natural to go to any country to value your wife more than your sister."

「それだけならいいんです。

"I just want that.

しかし兄さんのはそれだけじゃないんです。

But that's not all.

嫂さんを大事にしていながら、まだほかにも大事にしている人があるんです」

There are other people who take care of Mr. Sao but still take care of him. ''

「何だ」

"What"

「それだから兄さんは嫂さんを怖がるのです。

"That's why my brother is afraid of Mr. Sao.

しかもその怖がるのは――」

And I'm scared of that. "

 お秀がこう云いかけた時、病室の襖がすうと開いた。

When Hide said, the sliding door in the sickroom opened shortly.

そうして蒼白い顔をしたお延の姿が突然二人の前に現われた。

Then, Nobun, with a pale face, suddenly appeared in front of them.

百三

Hundred three

 彼女が医者の玄関へかかったのはその三四分前であった。

It was 34 minutes before she arrived at the doctor's door.

医者の診察時間は午前と午後に分れていて、午後の方は、役所や会社へ勤める人の便宜を計るため、四時から八時までの規定になっているので、お延は比較的閑静な扉を開けて内へ入る事ができたのである。

The doctor's consultation time is divided into morning and afternoon, and in the afternoon, it is set from 4 o'clock to 8 o'clock for the convenience of people working for government offices and companies, so the delay is relatively He was able to open the quiet door and enter inside.

 実際彼女は三四日前に来た時のように、編上だの畳つきだのという雑然たる穿物を、一足も沓脱の上に見出さなかった。

In fact, she did not find any clutter on the shoe as if she had come 34 days ago, saying that it was a knitting or a tatami mat.

患者の影は無論の事であった。

The patient's shadow was, of course, true.

時間外という考えを少しも頭の中に入れていなかった彼女には、それがいかにも不思議であったくらい四囲は寂寞していた。

She had no thought of overtime in her head, and she was so lonely that it was so strange.

 彼女はその森とした玄関の沓脱の上に、行儀よく揃えられたただ一足の女下駄を認めた。

She admitted a well-prepared pair of female clogs on top of the forest and the entrance of the booth.

価段から云っても看護婦などの穿きそうもない新らしいその下駄が突然彼女の心を躍らせた。

The new clogs, unlikely to be worn by nurses, even at the price, suddenly made her excited.

下駄はまさしく若い婦人のものであった。

The clogs belonged to a very young lady.

小林から受けた疑念で胸がいっぱいになっていた彼女は、しばらくそれから眼を放す事ができなかった。

She was full of suspicions from Kobayashi and was unable to release her eyes for a while.

彼女は猛烈にそれを見た。

She saw it furiously.

 右手にある小さい四角な窓から書生が顔を出した。

書 The student came out of the small square window on the right.

そうしてそこに動かないお延の姿を認めた時、誰何でもする人のような表情を彼女の上に注いだ。

When she acknowledged Nobun's appearance there, she poured a look on her, like anyone doing anything.

彼女はすぐ津田への来客があるかないかを確かめた。

She immediately checked if there were any visitors to Tsuda.

それが若い女であるかないかも訊いた。

I asked if it was a young woman.

それからわざと取次を断って、ひとりで階子段の下まで来た。

Then he refused the job on purpose and came to the bottom of the stage alone.

そうして上を見上げた。

Then he looked up.

 上では絶えざる話し声が聞こえた。

I heard a constant voice above.

しかし普通雑談の時に、言葉が対話者の間を、淀みなく往ったり来たり流れているのとはだいぶ趣を異にしていた。

However, at the time of the chat, it was quite different from words flowing back and forth between talkers without interruption.

そこには強い感情があった。

There was a strong feeling there.

亢奮があった。

There was excitement.

しかもそれを抑えつけようとする努力の痕がありありと聞こえた。

I heard that there was a trace of efforts to suppress it.

他聞を憚かるとしか受取れないその談話が、お延の神経を針のように鋭どくした。

That discourse, which can only be received frankly, sharpened Nobu's nerve like a needle.

下駄を見つめた時より以上の猛烈さがそこに現われた。

More fierce than when staring at the clogs appeared there.

彼女は一倍猛烈に耳を傾むけた。

She listened fiercely.

 津田の部屋は診察室の真上にあった。

Tsuda's room was right above the consultation room.

家の構造から云うと、階子段を上ってすぐ取つきが壁で、その右手がまた四畳半の小さい部屋になっているので、この部屋の前を廊下伝いに通り越さなければ、津田の寝ている所へは出られなかった。

According to the structure of the house, the wall is located immediately above the floor, and the right hand is again a small room of four and a half tatami mats, so if you do not pass along the corridor in front of this room, Tsuda I couldn't go to where she was sleeping.

したがってお延の聴こうとする談話は、聴くに都合の好くない見当、すなわち彼女の後の方から洩れて来るのであった。

Thus, the discourse that she was trying to listen to leaked out of her inconvenient way of listening, that is, from behind her.

 彼女はそっと階子段を上った。

She gently climbed up the floor.

柔婉な体格をもった彼女の足音は猫のように静かであった。

Her footsteps with a graceful physique were as quiet as a cat.

そうして猫と同じような成効をもって酬いられた。

He was remunerated with the same effect as a cat.

 上り口の一方には、落ちない用心に、一間ほどの手欄が拵えてあった。

一方 On one side of the entrance, there was a handful of columns to keep you from falling.

お延はそれに倚って、津田の様子を窺った。

Nobun turned on it and looked at Tsuda.

するとたちまち鋭どいお秀の声が彼女の耳に入った。

Suddenly, a shouting voice came into her ears.

ことに嫂さんがという特殊な言葉が際立って鼓膜に響いた。

In particular, the special word Sao-san remarkably echoed in the eardrum.