文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5572-5631)/11494

 津田はふと眼を転じた。

Tsuda suddenly turned his eyes.

そうして枕に頭を載せたまま、下からお秀の顔を覗き込むようにして見た。

Then, with her head on the pillow, she looked into her face from below.

それから好い恰好をした鼻柱に冷笑の皺を寄せた。

Then he sneered at the nose column, which looked good.

この余裕がお秀には全く突然であった。

This margin was quite sudden to show.

もう一息で懺悔の深谷へ真ッ逆さまに突き落すつもりでいた彼女は、まだ兄の後に平坦な地面が残っているのではなかろうかという疑いを始めて起した。

She was about to break into the confession of Fukaya upside down in a short break, and began to raise doubts that there might still be flat ground left behind her brother.

しかし彼女は行けるところまで行かなければならなかった。

But she had to go as far as she could.

「兄さんはついこの間まで小林さんなんかを、まるで鼻の先であしらっていらっしったじゃありませんか。

"Isn't your brother just treating Kobayashi-san just before your nose?

何を云っても取り合わなかったじゃありませんか。

No matter what you say, didn't you?

それを今日に限ってなぜそんなに怖がるんです。

Why is it so scary only today?

たかが小林なんかを怖がるようになったのは、その相手が嫂さんだからじゃありませんか」

I guess the reason I became scared of Kobayashi is that his partner is Sao. "

「そんならそれでいいさ。

"That's fine.

僕がいくら小林を怖がったって、お父さんやお母さんに対する不義理になる訳でもなかろう」

How scared I was of Kobayashi wouldn't be guilty of my father and mother. ''

「だからあたしの口を出す幕じゃないとおっしゃるの」

"That's why it's not a curtain that opens my mouth."

「まあその見当だろうね」

"Well, I guess."

 お秀は赫とした。

Oh, she said,

同時に一筋の稲妻が彼女の頭の中を走った。

At the same time, a lightning bolt ran in her head.

百二

One hundred two

「解りました」

"I understand."

 お秀は鋭どい声でこう云い放った。

Oh shouted in a sharp voice.

しかし彼女の改まった切口上は外面上何の変化も津田の上に持ち来さなかった。

However, on her modified cut no external changes were brought over Tsuda.

彼はもう彼女の挑戦に応ずる気色を見せなかった。

He was no longer willing to respond to her challenge.

「解りましたよ、兄さん」

"I understand, brother."

 お秀は津田の肩を揺ぶるような具合に、再び前の言葉を繰返した。

Oo repeated the previous words again, shaking Tsuda's shoulders.

津田は仕方なしにまた口を開いた。

Tsuda reluctantly opened his mouth again.

「何が」

"what"

「なぜ嫂さんに対して兄さんがそんなに気をおいていらっしゃるかという意味がです」

"Why does your brother care so much about Sao?"

 津田の頭に一種の好奇心が起った。

A kind of curiosity arose at Tsuda's head.

「云って御覧」

"See you!"

「云う必要はないんです。

"I don't need to say it.

ただ私にその意味が解ったという事だけを承知していただけばたくさんなんです」

It would be a lot if I only knew that I understood the meaning. ''

「そんならわざわざ断る必要はないよ。

"I don't need to bother.

黙って独りで解ったと思っているがいい」

I hope you're silent and understood by yourself. ''

「いいえよくないんです。

"No, it's not good.

兄さんは私を妹と見傚していらっしゃらない。

My brother doesn't see me as my sister.

お父さんやお母さんに関係する事でなければ、私には兄さんの前で何にもいう権利がないものとしていらっしゃる。

I have no right to say anything to my brother unless it is related to my dad or mom.

だから私も云いません。

So I don't say either.

しかし云わなくっても、眼はちゃんとついています。

But even if I don't say, my eyes are on properly.

知らないで云わないと思っておいでだと間違いますから、ちょっとお断り致したのです」

I don't know if I don't know, and I refuse it a bit. ''

 津田は話をここいらで切り上げてしまうよりほかに道はないと考えた。

Tsuda thought that there was no other way than to round up the story here.

なまじいかかり合えばかかり合うほど、事は面倒になるだけだと思った。

I knew that the more seriously involved, the more complicated it was.

しかし彼には妹に頭を下げる気がちっともなかった。

But he didn't mind bowing to his sister.

彼女の前に後悔するなどという芝居じみた真似は夢にも思いつけなかった。

I couldn't even imagine the imitation that she regretted before her.

そのくらいの事をあえてし得る彼は、平生から低く見ている妹にだけは、思いのほか高慢であった。

He could dare to do that much, and only his sister, who looked low from his normal life, was unexpectedly proud.

そうしてその高慢なところを、他人に対してよりも、比較的遠慮なく外へ出した。

He then went out of his pride relatively casually, rather than to others.

したがっていくら口先が和解的でも大して役に立たなかった。

So no matter how reconciled the lip was, it did not help much.

お秀にはただ彼の中心にある軽蔑が、微温い表現を通して伝わるだけであった。

In excellence, the contempt at his heart was merely transmitted through a mild expression.

彼女はもうやりきれないと云った様子を先刻から見せている津田を毫も容赦しなかった。

She did not forgive Tsuda, who had shown from the beginning that she could no longer do it.

そうしてまた「兄さん」と云い出した。

Then he said again, "My brother."

 その時津田はそれまでにまだ見出し得なかったお秀の変化に気がついた。

時 At that time, Tsuda noticed a change in her excellence that had not yet been discovered.

今までの彼女は彼を通して常に鋒先をお延に向けていた。

Until now, she has always been at the forefront through him.

兄を攻撃するのも嘘ではなかったが、矢面に立つ彼をよそにしても、背後に控えている嫂だけは是非射とめなければならないというのが、彼女の真剣であった。

It wasn't a lie to attack his brother, but she was serious enough that, despite him standing on the brunt, only the Sao behind him had to fire.

それがいつの間にか変って来た。

It has changed suddenly.

彼女は勝手に主客の位置を改めた。

She changed the position of the main customer without permission.

そうして一直線に兄の方へ向いて進んで来た。

Then he went straight to his brother.

「兄さん、妹は兄の人格に対して口を出す権利がないものでしょうか。

"Does your brother and sister have no right to speak to your brother's personality?

よし権利がないにしたところで、もしそうした疑を妹が少しでももっているなら、綺麗にそれを晴らしてくれるのが兄の義務――義務は取り消します、私には不釣合な言葉かも知れませんから。

If you don't have the right, but if your sister has any of those suspicions, it's your brother's duty to clean it up-I'll cancel that duty, maybe it's a disproportionate word for me .

――少なくとも兄の人情でしょう。

-At least his brother's personality.

私は今その人情をもっていらっしゃらない兄さんを眼の前に見る事を妹として悲しみます」

I grieve as a sister to see my older brother in front of me who has no such personality now. ''

「何を生意気な事を云うんだ。

"What are you talking about?

黙っていろ、何にも解りもしない癖に」

Stay silent, in a habit of not knowing anything. ''