文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5507-5571)/11494

そこを聞かして下さい」

Please listen to it. "

「そりゃ……」

"Sure ..."

 津田は全部を答えなかった。

Tsuda did not answer everything.

けれども答えられないのではないという事を、語勢からお秀に解るようにした。

However, I am trying to understand from the vocabulary that it is not possible to answer.

お秀は少し間をおいた。

Hide has paused for a while.

それからすぐ押し返した。

Then I pushed back.

「兄さんのお腹の中には、あたしが京都へ告口をしたという事が始終あるんでしょう」

"I guess I've been telling Kyoto all the time in my brother's stomach."

「そんな事はどうでもいいよ」

"I don't care about that."

「いいえ、それできっとあたしを眼の敵にしていらっしゃるんです」

"No, I'm sure you'll make me your enemy."

「誰が」

"Who"

 不幸な言葉は二人の間に伏字のごとく潜在していたお延という名前に点火したようなものであった。

言葉 The unfortunate words were like igniting the name Ono, which was latent between the two as if it were a letter.

お秀はそれを松明のように兄の眼先に振り廻した。

Hide shook it around his brother's eyes like a torch.

「兄さんこそ違ったのです。

"My brother was different.

嫂さんをお貰いになる前の兄さんと、嫂さんをお貰いになった後の兄さんとは、まるで違っています。

The brother before receiving Saon is different from the brother after receiving Saon.

誰が見たって別の人です」

Everyone is a different person. "

百一

One hundred and one

 津田から見たお秀は彼に対する僻見で武装されていた。

Takahide, seen from Tsuda, was armed with a remote view of him.

ことに最後の攻撃は誤解その物の活動に過ぎなかった。

In particular, the last attack was just a misunderstanding.

彼には「嫂さん、嫂さん」を繰り返す妹の声がいかにも耳障りであった。

The voice of his younger sister, who repeats "Sao-san, Sao-san", was quite annoying.

むしろ自己を満足させるための行為を、ことごとく細君を満足させるために起ったものとして解釈する妹の前に、彼は尠からぬ不快を感じた。

Rather, he felt a great deal of discomfort before his younger sister, who interpreted every act of satisfying himself as having taken place in order to satisfy him.

「おれはお前の考えてるような二本棒じゃないよ」

"I'm not the double stick you're thinking of."

「そりゃそうかも知れません。

"That may be true.

嫂さんから電話がかかって来ても、あたしの前じゃわざと冷淡を装って、うっちゃっておおきになるくらいですから」

Even if Sao comes in to call me, it's just like I'm deliberately pretending to be in front of me and getting bigger. ''

 こういう言葉が所嫌わずお秀の口からひょいひょい続発して来るようになった時、津田はほとんど眼前の利害を忘れるべく余儀なくされた。

When these words came out of the mouth of Hideo without hesitation, Tsuda was forced to forget his interests almost in front of him.

彼は一二度腹の中で舌打をした。

He hit his tongue twice in his belly.

「だからこいつに電話をかけるなと、あれだけお延に注意しておいたのに」

"So I was careful not to call him,"

 彼は神経の亢奮を紛らす人のように、しきりに短かい口髭を引張った。

っ た He pulled short mustaches like a man who distracted his nerves.

しだいしだいに苦い顔をし始めた。

Gradually, he began to look bitter.

そうしてだんだん言葉少なになった。

Then I gradually became less vocal.

 津田のこの態度が意外の影響をお秀に与えた。

Tsuda's attitude had a surprising influence.

お秀は兄の弱点が自分のために一皮ずつ赤裸にされて行くので、しまいに彼は恥じ入って、黙り込むのだとばかり考えたらしく、なお猛烈に進んだ。

Hide was ashamed of his brother's weakness, being stripped off for himself, and he was ashamed and thought that he would just silence.

あたかももう一息で彼を全然自分の前に後悔させる事ができでもするような勢で。

As if he could regret him in front of himself at once.

「嫂さんといっしょになる前の兄さんは、もっと正直でした。

"Before being with Saon, my brother was more honest.

少なくとももっと淡泊でした。

At least it was lighter.

私は証拠のない事を云うと思われるのが厭だから、有体に事実を申します。

I am tangible, since I don't want to think that there is no evidence.

だから兄さんも淡泊に私の質問に答えて下さい。

So please answer my questions to my brother.

兄さんは嫂さんをお貰いになる前、今度のような嘘をお父さんに吐いた覚がありますか」

Did your brother ever lie to your dad like this one before you got him? ''

 この時津田は始めて弱った。

時 This Tokitsuda has weakened for the first time.

お秀の云う事は明らかな事実であった。

The excellence was a clear fact.

しかしその事実はけっしてお秀の考えているような意味から起ったのではなかった。

But that didn't happen in the way that Hiden thought.

津田に云わせると、ただ偶然の事実に過ぎなかった。

To Tsuda, it was just a coincidence.

「それでお前はこの事件の責任者はお延だと云うのかい」

"So you say you're the one responsible for this case?"

 お秀はそうだと答えたいところをわざと外した。

Hide intentionally dropped the answer he wanted to answer.

「いいえ、嫂さんの事なんか、あたしちっとも云ってやしません。

"No, I won't say anything about Sao-san.

ただ兄さんが変った証拠にそれだけの事実を主張するんです」

He just asserts that fact on the strange evidence. ''

 津田は表向どうしても負けなければならない形勢に陥って来た。

Tsuda has fallen into a situation where he has to lose.

「お前がそんなに変ったと主張したければ、変ったでいいじゃないか」

"If you want to insist that you've changed so much, why don't you change?"

「よかないわ。

"I'm not good.

お父さんやお母さんにすまないわ」

I'm sorry for my dad and mother. "

 すぐ「そうかい」と答えた津田は冷淡に「そんならそれでもいいよ」と付け足した。

Tsuda immediately answered, "I'm sorry."

 お秀はこれでもまだ後悔しないのかという顔つきをした。

Hide appeared to see if he still regrets.

「兄さんの変った証拠はまだあるんです」

"I still have strange evidence of my brother."

 津田は素知らぬ風をした。

Tsuda made a strange wind.

お秀は遠慮なくその証拠というのを挙げた。

He did not hesitate to mention the evidence.

「兄さんは小林さんが兄さんの留守へ来て、嫂さんに何か云やしないかって、先刻から心配しているじゃありませんか」

"Isn't your brother worried that Kobayashi will come to his brother and say something to Sao from the very beginning?"

「煩さいな。

"It's not annoying.

心配じゃないって先刻説明したじゃないか」

I explained earlier that I was not worried. ''

「でも気になる事はたしかなんでしょう」

"But what you care about?"

「どうでも勝手に解釈するがいい」

"Anything should be interpreted without permission."

「ええ。

"Yes.

――どっちでも、とにかく、それが兄さんの変った証拠じゃありませんか」

――Either way, anyway, isn't that my brother's strange proof? "

「馬鹿を云うな」

"Don't say stupid"

「いいえ、証拠よ。

"No, proof.

たしかな証拠よ。

That is proof.

兄さんはそれだけ嫂さんを恐れていらっしゃるんです」

Your brother is so afraid of Sao. "