文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5433-5506)/11494

「ただそれだけなの」

"It's just that."

「うんそれだけだ」

"Yeah, that's it."

 お秀は急に的の外れたような様子をした。

Hide suddenly looked off the mark.

けれども黙ってはいなかった。

But he was not silent.

「だけど兄さん、もし堀のいない留守に誰かあたしの所へ来て何か云うとするでしょう。

"But, if you're away without a moat, someone would come to me and say something.

それを堀が知って心配すると思っていらっしって」

I knew that moat would be worried about it. ''

「堀さんの事は僕にゃ分らないよ。

"I don't know about Hori.

お前は心配しないと断言する気かも知れないがね」

You may be assured that you are not worried. ''

「ええ断言します」

"Yes, I affirm."

「結構だよ。

"It's fine.

――それで?」

――So? "

「あたしの方もそれだけよ」

"I'm the only one."

 二人は黙らなければならなかった。

They had to stay silent.

hundred

 しかし二人はもう因果づけられていた。

But they were already causal.

どうしても或物を或所まで、会話の手段で、互の胸から敲き出さなければ承知ができなかった。

I couldn't understand unless I had to elaborate something from a mutual chest by means of conversation to a certain place.

ことに津田には目前の必要があった。

In particular, Tsuda needed immediate attention.

当座に逼る金の工面、彼は今その財源を自分の前に控えていた。

He was short of money in the short run, and he had his financial resources in front of him.

そうして一度取り逃せば、それは永久彼の手に戻って来そうもなかった。

And once missed, it was unlikely to return to his hand forever.

勢い彼はその点だけでもお秀に対する弱者の形勢に陥っていた。

Momentum He was on the verge of being vulnerable to excellence.

彼は失なわれた話頭を、どんな風にして取り返したものだろうと考えた。

He wondered how he had regained his lost head.

「お秀病院で飯を食って行かないか」

"Would you like to eat at the Shuei Hospital?"

 時間がちょうどこんな愛嬌をいうに適していた。

Time was just right for such a charm.

ことに今朝母と子供を連れて横浜の親類へ行ったという堀の家族は留守なので、彼はこの愛嬌に特別な意味をもたせる便宜もあった。

Hori's family, who went to a relative in Yokohama with his mother and child this morning, was away, and he also had the convenience of giving this charm a special meaning.

「どうせ家へ帰ったって用はないんだろう」

"I guess there's no point in going home."

 お秀は津田のいう通りにした。

秀 Ohide did exactly what Tsuda said.

話は容易く二人の間に復活する事ができた。

The story was easily revived between the two.

しかしそれは単に兄妹らしい話に過ぎなかった。

But that was just a sibling story.

そうして単に兄妹らしい話はこの場合彼らにとってちっとも腹の足にならなかった。

And the mere brotherhood story did not hurt them at all in this case.

彼らはもっと相手の胸の中へ潜り込もうとして機会を待った。

They waited for the opportunity to dig deeper into their chest.

「兄さん、あたしここに持っていますよ」

"I have it here, brother."

「何を」

"what"

「兄さんの入用のものを」

"What you need for your brother"

「そうかい」

"Yes"

 津田はほとんど取り合わなかった。

Tsuda hardly met.

その冷淡さはまさに彼の自尊心に比例していた。

His coolness was exactly proportional to his self-esteem.

彼は精神的にも形式的にもこの妹に頭を下げたくなかった。

He did not want to bow to this sister, mentally or formally.

しかし金は取りたかった。

But I wanted to get the money.

お秀はまた金はどうでもよかった。

He didn't care about gold again.

しかし兄に頭を下げさせたかった。

But I wanted my brother to bow.

勢い兄の欲しがる金を餌にして、自分の目的を達しなければならなかった。

He had to fulfill his purpose by feeding on the gold he wanted for his momentum.

結果はどうしても兄を焦らす事に帰着した。

The result was to end up hurting my brother.

「あげましょうか」

"Let's give it."

「ふん」

"Hmm"

「お父さんはどうしたって下さりっこありませんよ」

"Dad doesn't care anyway."

「ことによると、くれないかも知れないね」

"It may not be possible,"

「だってお母さんが、あたしの所へちゃんとそう云って来ていらっしゃるんですもの。

"That's why my mother came to me right.

今日その手紙を持って来て、お目にかけようと思ってて、つい忘れてしまったんですけれども」

I brought that letter today and thought about seeing it, and I just forgot it. ''

「そりゃ知ってるよ。

"I know that.

先刻もうお前から聞いたじゃないか」

I guess I already heard from you. ''

「だからよ。

"That's right.

あたしが持って来たって云うのよ」

I say I brought you. ''

「僕を焦らすためにかい、または僕にくれるためにかい」

"I want to hurry me or give to me."

 お秀は打たれた人のように突然黙った。

You suddenly shut down like a beaten man.

そうして見る見るうちに、美くしい眼の底に涙をいっぱい溜めた。

Then, as I saw it, I filled my eyes with beautiful tears.

津田にはそれが口惜涙としか思えなかった。

To Tsuda, I thought it was just a tear.

「どうして兄さんはこの頃そんなに皮肉になったんでしょう。

"Why was your brother so ironic at this time?

どうして昔のように人の誠を受け入れて下さる事ができないんでしょう」

Why can't we accept people's sincerity as we did in the past? "

「兄さんは昔とちっとも違ってやしないよ。

"I don't do anything different from my old days.

近頃お前の方が違って来たんだよ」

You're different nowadays. ''

 今度は呆れた表情がお秀の顔にあらわれた。

呆 This time, the expression that was stunned appeared on the face of excellence.

「あたしがいつどんな風に変ったとおっしゃるの。

"What time did you change me?

云って下さい」

Please say "

「そんな事は他に訊かなくっても、よく考えて御覧、自分で解る事だから」

"Because you don't need to ask any other questions, think carefully and see for yourself."

「いいえ、解りません。

"No, I don't understand.

だから云って下さい。

So please tell me.

どうぞ云って聞かして下さい」

Please ask me. "

 津田はむしろ冷やかな眼をして、鋭どく切り込んで来るお秀の様子を眺めていた。

Tsuda looked rather cool, looking at the exquisite state of cutting.

ここまで来ても、彼には相手の機嫌を取り返した方が得か、またはくしゃりと一度に押し潰した方が得かという利害心が働らいていた。

At this point, he had a keen interest in whether he would regain his mood or squash and crush at once.

その中間を行こうと決心した彼は徐ろに口を開いた。

Decided to go somewhere in between, he slowly opened his mouth.

「お秀、お前には解らないかも知れないがね、兄さんから見ると、お前は堀さんの所へ行ってっから以来、だいぶ変ったよ」

"Hide, you may not understand, but from your brother's point of view, you've changed a lot since you went to Hori."

「そりゃ変るはずですわ、女が嫁に行って子供が二人もできれば誰だって変るじゃありませんか」

"That's going to change, if a woman goes to her wife and has two children, everyone will change."

「だからそれでいいよ」

"So that's fine."

「けれども兄さんに対して、あたしがどんなに変ったとおっしゃるんです。

"But you tell your brother how much I've changed.