文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5359-5432)/11494

「そうでないよ、なかなか」

"That's not it, it's pretty good

「近頃そんなに人が悪くなったの。

"People have become so bad these days.

あの人が」

That person "

 お秀はやっぱり信じられないという顔つきをした。

Oh, after all, she looked incredible.

「だって燐寸一本だって、大きな家を焼こうと思えば、焼く事もできるじゃないか」

"Even if you're going to burn a big house, even a single phosphorus can be burned."

「その代り火が移らなければそれまででしょう、幾箱|燐寸を抱え込んでいたって。

"Instead, if the fire does not move, it will be until then, how many boxes |

嫂さんはあんな人に火をつけられるような女じゃありませんよ。

Sao-san is not a woman who can light such a person.

それとも……」

Or ... "

九十九

Ninety-nine

 津田はお秀の口から出た下半句を聞いた時、わざと眼を動かさなかった。

When Tsuda heard the lower half of the phrase that came out of her mouth, she did not move her eyes on purpose.

よそを向いたまま、じっとその後を待っていた。

I was waiting for the rest, looking away.

しかし彼の聞こうとするその後はついに出て来なかった。

But after hearing him, he finally came out.

お秀は彼の気になりそうな事を半分云ったぎりで、すぐ句を改めてしまった。

As soon as he said half of what he was worried about, he immediately changed his phrase.

「何だって兄さんはまた今日に限って、そんなつまらない事を心配していらっしゃるの。

"Everyone is worried about such a boring thing again today.

何か特別な事情でもあるの」

It's something special. "

 津田はやはり元の所へ眼をつけていた。

Tsuda was still looking back to his place.

それはなるべく妹に自分の心を気取られないためであった。

It was because my sister couldn't take my heart off as much as possible.

眼の色を彼女に読まれないためであった。

She couldn't read the color of her eyes.

そうして現にその不自然な所作から来る影響を受けていた。

He was actually influenced by the unnatural behavior.

彼は何となく臆病な感じがした。

He felt somehow timid.

彼はようやくお秀の方を向いた。

He finally turned to Hide.

「別に心配もしていないがね」

"I'm not worried."

「ただ気になるの」

"Just worried"

 この調子で押して行くと彼はただお秀から冷笑かされるようなものであった。

押 し Pushing in this way, he was just like being ridiculed by Hideo.

彼はすぐ口を閉じた。

He closed his mouth immediately.

 同時に先刻から催おしていた収縮感がまた彼の局部に起った。

At the same time, the contraction that had been held since the beginning occurred again in his local area.

彼は二三度それを不愉快に経験した後で、あるいは今度も規則正しく一定の時間中繰り返さなければならないのかという掛念に制せられた。

He was restrained after having experienced it a few times unpleasantly, or again, whether he had to repeat it regularly and for a certain period of time.

 そんな事に気のつかないお秀は、なぜだか同じ問題をいつまでも放さなかった。

秀 Hide who did not notice such a thing did not release the same problem forever.

彼女はいったん緒口を失ったその問題を、すぐ別の形で彼の前に現わして来た。

She soon came to him in another form of the problem she had lost.

「兄さんはいったい嫂さんをどんな人だと思っていらっしゃるの」

"What kind of person do you think Saone is like?"

「なぜ改まって今頃そんな質問をかけるんだい。

"Why do you ask such a question again this time?

馬鹿らしい」

Ridiculous "

「そんならいいわ、伺わないでも」

"That's fine, even if you don't ask"

「しかしなぜ訊くんだよ。

"But why ask me.

その訳を話したらいいじゃないか」

Why don't we talk about that? "

「ちょっと必要があったから伺ったんです」

"I asked because I needed a little bit."

「だからその必要をお云いな」

"So tell me your need"

「必要は兄さんのためよ」

"I need it for my brother."

 津田は変な顔をした。

Tsuda looked weird.

お秀はすぐ後を云った。

He said shortly thereafter.

「だって兄さんがあんまり小林さんの事を気になさるからよ。

"Because my brother cares much about Kobayashi.

何だか変じゃありませんか」

Isn't that strange? "

「そりゃお前にゃ解らない事なんだ」

"I don't understand you."

「どうせ解らないから変なんでしょうよ。

"It's strange because I don't understand anyway.

じゃいったい小林さんがどんな事をどんな風に嫂さんに持ちかけるって云うの」

So what does Kobayashi do to Sao-san in what way? "

「持ちかけるとも何とも云っていやしないじゃないか」

"I guess I won't say anything if I bring it."

「持ちかける恐れがあるという意味です。

"It means you have a risk.

云い直せば」

If you rephrase, "

 津田は答えなかった。

Tsuda did not answer.

お秀は穴の開くようにその顔を見た。

He looked at his face as if it were a hole.

「まるで想像がつかないじゃありませんか。

"It's almost impossible to imagine.

たとえばいくらあの人が人が悪くなったにしたところで、何も云いようがないでしょう。

For example, no matter how much he went bad, there would be nothing to say.

ちょっと考えて見ても」

Even if you think for a moment, "

 津田はまだ答えなかった。

Tsuda did not answer yet.

お秀はどうしても津田の答えるところまで行こうとした。

Hide tried to get to where Tsuda answered.

「よしんば、あの人が何か云うにしたところで、嫂さんさえ取り合わなければそれまでじゃありませんか」

"Okay, if he said something, wouldn't that be the case if he didn't even get involved?"

「そりゃ聴かないでも解ってるよ」

"I understand without even listening."

「だからあたしが伺うんです。

"So I'm asking.

兄さんはいったい嫂さんをどう思っていらっしゃるかって。

What does your brother think of Saon?

兄さんは嫂さんを信用していらっしゃるんですか、いらっしゃらないんですか」

Do you trust or don't have your brother?

 お秀は急に畳みかけて来た。

Oh suddenly folded over.

津田にはその意味がよく解らなかった。

Tsuda did not understand the meaning well.

しかしそこに相手の拍子を抜く必要があったので、彼は判然した返事を避けて、わざと笑い出さなければならなかった。

But there was a need to beat the opponent, so he had to laugh out on purpose, avoiding obvious answers.

「大変な権幕だね。

"It's a great title.

まるで詰問でも受けているようじゃないか」

It's almost as if you've been asked a question. ''

「ごまかさないで、ちゃんとしたところをおっしゃい」

"Don't fool, let's talk about the right place."

「云えばどうするというんだい」

"What do you say?"

「私はあなたの妹です」

"I am your sister"

「それがどうしたというのかね」

"What happened?"

「兄さんは淡泊でないから駄目よ」

"I can't do it because my brother isn't light."

 津田は不思議そうに首を傾けた。

Tsuda tilted his head curiously.

「何だか話が大変むずかしくなって来たようだが、お前少し癇違をしているんじゃないかい。

"Somehow the story seems to be getting very difficult, but you're a little bit discredited.

僕はそんな深い意味で小林の事を云い出したんでも何でもないよ。

I don't mean anything about Kobayashi in such a deep sense.

ただ彼奴は僕の留守にお延に会って何をいうか分らない困った男だというだけなんだよ」

It's just that he's a troubled man who doesn't know what to say when I am away. ''