文学その4

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

明暗:夏目 漱石(5313-5358)/11494

彼はお秀との対話をちょっとやめて、「どこからです」と訊き返した。

He stopped talking to him and asked, "Where is it?"

薬局生は下りながら、「おおかたお宅からでしょう」と云った。

The pharmacy student went down and said, "It's probably from your house."

冷笑なこの挨拶が、つい込み入った話に身を入れ過ぎた津田の心を横着にした。

This ridiculous greeting greeted Tsuda's heart, who was too enthusiastic about the elaborate story.

芝居へ行ったぎり、昨日も今日も姿を見せないお延の仕うちを暗に快よく思っていなかった彼をなお不愉快にした。

As long as I went to the play, I still made him uncomfortable, implicitly thinking of Nobun's work, which did not show up yesterday or today.

「電話で釣るんだ」

"Catch on the phone"

 彼はすぐこう思った。

He thought immediately.

昨日の朝もかけ、今日の朝もかけ、ことによると明日の朝も電話だけかけておいて、さんざん人の心を自分の方に惹き着けた後で、ひょっくり本当の顔を出すのが手だろうと鑑定した。

Just call yesterday morning, today's morning, maybe even tomorrow morning, and after attracting many people's hearts towards yourself, come out with a real face I thought it was a hand.

お延の彼に対する平生の素振から推して見ると、この類測に満更な無理はなかった。

Judging from Onobu's unprecedented performance against him, this analogy was not unreasonable.

彼は不用意の際に、突然としてしかも静粛に自分を驚ろかしに這入って来るお延の笑顔さえ想像した。

He imagined, even inadvertently, the smile of Nobun, who suddenly and quietly crawls into surprise.

その笑顔がまた変に彼の心に影響して来る事も彼にはよく解っていた。

He knew well that the smile would affect his heart strangely.

彼女は一刹那に閃めかすその鋭どい武器の力で、いつでも即座に彼を征服した。

She quickly and always conquered him with the power of her sharp weapon, flashing for a moment.

今まで持ち応えに持ち応え抜いた心機をひらりと転換させられる彼から云えば、見す見す彼女の術中に落ち込むようなものであった。

As he was able to turn the heart machine he had held up to, it was like falling into her eyes.

 彼はお秀の注意もかかわらず、電話をそのままにしておいた。

He left the phone in spite of his caution.

「なにどうせ用じゃないんだ。

"It's not for anything.

構わないよ。

That's ok.

放っておけ」

Leave it alone "

 この挨拶がまたお秀にはまるで意外であった。

This greeting was also surprising.

第一はズボラを忌む兄の性質に釣り合わなかった。

The first did not match the nature of his brother who hates Zubora.

第二には何でもお延の云いなり次第になっている兄の態度でなかった。

Secondly, anything wasn't his brother's attitude, which was gradually increasing.

彼女は兄が自分の手前を憚かって、不断の甘いところを押し隠すために、わざと嫂に対して無頓着を粧うのだと解釈した。

She interpreted her elder brother frankly in front of herself and intentionally putting herself on the sao in an attempt to cover up the constant sweet spots.

心のうちで多少それを小気味よく感じた彼女も、下から電話の催促をする薬局生の大きな声を聞いた時には、それでも兄の代りに立ち上らない訳に行かなかった。

She felt a little spicy in her heart, but when she heard the loud voice of a pharmacy student calling her from below, she still couldn't stand up for her brother.

彼女はわざわざ下まで降りて行った。

She went down to the bottom.

しかしそれは何の役にも立たなかった。

But it didn't help anything.

薬局生が好い加減にあしらって、荒らし抜いた後の受話器はもう不通になっていた。

After the pharmacy students argued, the handset after the vandalism was no longer in service.

 形式的に義務を済ました彼女が元の座に帰って、再び二人に共通な話題の緒口を取り上げた時、一方では急込んだお時が、とうとう我慢し切れなくなって自働電話を棄てて電車に乗ったのである。

When she returned to her former position and picked up a common topic again, on the other hand, her rushed time finally became unable to put up with an automatic telephone I abandoned it and took the train.

それから十五分と経たないうちに、津田はまた予想外な彼女の口から予想外な用事を聞かされて驚ろいたのである。

Within fifteen minutes later, Tsuda was also surprised to hear her unexpected business from her unexpected mouth.

 お時の帰った後の彼の心は容易に元へ戻らなかった。

心 After returning home, his mind did not return easily.

小林の性格はよく知り抜いているという自信はありながら、不意に自分の留守宅に押しかけて来て、それほど懇意でもないお延を相手に、話し込もうとも思わなかった彼は、驚ろかざるを得ないのみならず、また考えざるを得なかった。

Despite being confident that he knew Kobayashi's character well, he suddenly rushed into his home away from home and didn't want to talk to a less friendly friend, Not only could not get it, but I had to think again.

それは外套をやるやらないの問題ではなかった。

It wasn't a matter of cloaking.

問題は、外套とはまるで縁のない、しかし他の外套を、平気でよく知りもしない細君の手からじかに貰い受けに行くような彼の性格であった。

The problem was his character, who had nothing to do with the cloak, but went directly to him to get another cloak from the hand of a carefree and unfamiliar man.

もしくは彼の境遇が必然的に生み出した彼の第二の性格であった。

Or his second nature that his circumstances inevitably created.

もう一歩押して行くと、その性格がお延に向ってどう働らきかけるかが彼の問題であった。

Going one step further, his problem was how his personality would work.

そこには突飛があった。

There was a freak.

自暴があった。

There was desperation.

満足の人間を常に不満足そうに眺める白い眼があった。

There was a white eye that always looked at a satisfied man dissatisfied.

新らしく結婚した彼ら二人は、彼の接触し得る満足した人間のうちで、得意な代表者として彼から選択される恐れがあった。

The two, newly married, were at risk of being selected by him as a good representative among the satisfied humans he could contact.

平生から彼を軽蔑する事において、何の容赦も加えなかった津田には、またそういう素地を作っておいた自覚が充分あった。

Tsuda, who did not pardon him in disdaining him from Hirao, was fully aware that he had made such a foundation again.

「何をいうか分らない」

"I don't know what to say"

 津田の心には突然一種の恐怖が湧いた。

Suddenly, a kind of fear sprang into Tsuda's heart.

お秀はまた反対に笑い出した。

He laughed again.

いつまでもその小林という男を何とかかとか批評したがる兄の意味さえ彼女にはほとんど通じなかった。

Even my brother, who wanted to criticize the man named Kobayashi somehow, could hardly understand her.

「何を云ったって、構わないじゃありませんか、小林さんなんか。

"I don't care what you say, Kobayashi-san.

あんな人のいう事なんぞ、誰も本気にするものはありゃしないわ」

There's nothing serious about that person.

 お秀も小林の一面をよく知っていた。

Hide also knew one side of Kobayashi well.

しかしそれは多く彼が藤井の叔父の前で出す一面だけに限られていた。

But that was often limited to just one side of his appearance in front of Fujii's uncle.

そうしてその一面は酒を呑んだ時などとは、生れ変ったように打って違った穏やかな一面であった。

Then one side was a calm side that was different from when I drank alcohol and struck like a birth.